最新のお知らせ

種類別のLIST

ともだち

最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/27-29:群馬でプレイバックシアターワークショップ

皆様へ。

春・3月下旬に群馬県の素敵な会場でプレイバックシアターワークショップを行います。

現象学的地理学という分野があって、「場」とか「場作り」とか、「場のファシリテート」などという言葉を使うことのある僕にとってはとても面白いものです。
また現象学的アプローチなどと言いながらミニカウンセリングの研修をしたり、個人カウンセリングをしている立場からも興味が尽きません。

その現象学的地理学のキーワードの一つに「トポフィリア」という言葉があります。
意味は人と環境や場所との情緒的な結びつきのこと。
我々はそこがたとえどんな場所であっても、生まれ育った場所に愛着を持ち、懐かしさを感じるといいます。

また命がけで何かを生き抜いた場所にもある種の愛着を持ちますね。

つまり命のやりとり、命(人生)が始まったり終わったりした場所と空間は、単に物質的な場所であることをやめ、我々の内面にある大切な感覚世界と重なってくるのでしょう。

そんな時、その場所は我々にとって「神聖な場所になった」 と言います。
それは我々の内面の大切な領域が現れ、体験された場所という意味でもあるでしょう。


プレイバックシアターは、自分の人生を語ってくださる人がいるならば、どこにでも出かけていってステージを作り、アクターを出現させて、舞台を成立させます。

それは言語が違っていても可能です。タイやカンボジアではそれぞれの場所でそこに生きる人々の感情を表現するとき、日本人同士で行うのと同じ一体感、同じ共感、同じ敬意、同じ神聖さを見ることができます。

脚本の面白さや、人為的なメッセージを伝えるツールとしての舞台芸術ではなく、その時、その場所と空間に生きている人の命と人生の重みが現れ、その現れた場において尊厳と神聖さを再びまとうための儀式的、祝祭的な舞台芸術がプレイバックシアターです。

そのような舞台芸術であるので、プレイバックシアターのアクターは演技者であるよりも、
語ってくださった方に自分の表現能力を捧げる一人の真剣な仲間であること、そして人間としてオーセンティック(本物)であることが求められるのですね。

さて、僕にとっての以上のようなプレイバックシアターという「現象」についての「解説」^^を読んでいただいてありがとうございます。
ここで、今回の「場」の主催者である、かとうあきこ氏のご案内の言葉をご覧くださいませ。

~はしもとくにひこ

「プレイバックシアターワークショップ ~ 豊かなテラー体験」

プレイバックシアターは、コンダクターが司る場において観客からいただいたお話を、アクターは声・ことばと身体の動き、ミュージシャンは音で、それぞれ表現する即興劇です。

プレイバックシアターはコンダクター、アクター、ミュージシャンが創り出すようにみえますが、そこに忘れてはならない存在がお話をしてくださる語り部であるテラーです。テラーをお迎えして場が動き始めます。

今回のワークショップでは、そんなテラー体験を丁寧に扱い、出てきたものをただ観てみる、そして感じたことをお持ち帰りいただける、そんな場にしたいと考えています。

これまでもプレイバックシアターを行なわれてきた方も改めてテラーを味わってみませんか。そして、初めての方は、テラー体験を通してプレイバックシアターに触れてみませんか。もちろん初めての方も、アクターやミュージシャンを体験頂けるよう組み立てます。

体に気持ちよい食事とお風呂のある施設を会場とし、皆様をお待ちしています。

世話人 かとうあきこ

【ワークショップ要項】

日時: 3月27日(金)13:00開始 3月29日(日)16:00終了

講師:橋本 久仁彦
(国際プレイバックシアター“IPTN”プラクティショナー、
 PTプロデュース、シアター・ザ・フェンス代表)
橋本さんのブログ http://kunis.blog50.fc2.com/
<参考>Centre for Playback Theatre ウェブサイト(英語)


参加費:
31,000円(含まれるもの:ワークショップ費、研修会場費)
 *別途、宿泊費・食事代が掛かります。
現地で直接施設にお支払いください。
1泊3食付き 8,750円(税込)、2泊で17,500円。
27日の夕食から29日の昼食までが含まれます。

**開催が確定次第、振込先をご連絡いたします。
  連絡後3日以内にお振込ください。

定員:10-12名程度

場所:トロン真癒医学養生院
(群馬県安中市松井田町)
電話 027-393-5581
http://www.toronshinyu-onsen.jp/index.html

交通:
・新幹線利用の場合:
長野新幹線安中榛名駅下車
車で約15分(2名以上で送迎あり)
*東京方面からの推奨:
あさま517号 東京10:44発 安中榛名11:48着
     
・車利用の場合:
上信越自動車道 松井田妙義ICより約5分

・高速バス
東京池袋から松井田妙義ICまで高速バスが運行されています。
時間は掛かりますが、料金が新幹線に比べて半額以下と格安です。
*西武バス(要予約)
http://www.seibu-group.co.jp/bus/kousoku/index.html
(推奨:佐久・軽井沢・上田線 池袋9:25発 松井田11:48着)
 料金:片道2,500円 往復4,500

申込方法:
次の項目を記載の上、e-mail:ptingunma_200903@yahoo.co.jp までお送りください。
・氏名(ふりがな):
・年齢:
・当日連絡がつく電話番号:
・e-mailアドレス:


申込期限:3月6日(金)
*期限までに定員に達しない場合は開催いたしません。
 お早めにお申込みください。

問い合わせ先:
かとうあきこ
e-mail: ptingunma_200903@yahoo.co.jp
電話:090-6199-9832


スポンサーサイト

<< オーシャンズ第3次カンボジア遠征メンバーを募集 | ホーム | 4/17-19:奄美大島でのプレイバックシアターワークショップ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。