最新のお知らせ

種類別のLIST

ともだち

最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーシャンズ第3次カンボジア遠征メンバーを募集

皆様へ。

新年明けましておめでとうございます。
皆様と同じ時代を生きるご縁を得て、こうしてまた新しい、そして重要な一年をご一緒できることをうれしく思っています。
元旦らしく今宵はよく冷え込んで星や三日月が美しく、空気がおいしいです。
これ以上何が必要だろうか、とふと思います。世界の状況はともかくとして。。

さて新年最初のご案内はこれで第3回目となるオーシャンズ・カンボジア遠征です。

仲間や自分自身との関係、そして現実との直面が待っている手ごわいワークショップであり、「カンボジア」と「クメールの人々」が永く記憶に残るロマンティックな冒険の旅でもあります。

皆様に謹んでご案内申し上げます。

PTプロデュース  はしもとくにひこ


以下、ご案内です。-----------------

オーシャンズ第3次カンボジア遠征メンバーを募集いたします。

"チビット" "サラーン" "リナ"(敬称は略します)

彼らは2008年2月のオーシャンズ第2次カンボジア遠征チームに現地からの仲間として合流し、日本人メンバーと苦楽を分かち合ったクメール人の学生たちです。

いつも優しい笑顔のハンサムな青年がチビット。彼はタイの難民キャンプの出身です。

なにをやってもマイペースのサラーンが、片言の日本語で表現した
「わたし・こころ・痛いです。」
というフレーズはチーム全員の心に残るキーワードとなりました。

知識欲旺盛で日本語も堪能なリナは、プレイバックシアターを見て、これはカンボジアにはありません、と驚きながら懸命にテラーの子どもたちのクメール語を通訳してくれました。

そして誰の心も貫いてしまう純真無垢な瞳のリング村の子どもたち。。。

クメール人と日本人との「人のつながり」が、オーシャンズプロジェクトという国際交流の一つのスタイルに、生き生きとしたエネルギーを与えてくれています。

今回はどんなチームカラーでクメールの国に向かうことになるのでしょうか。

オーシャンズチームビルド第1回ミーティングでお目にかかりましょう。


オーシャンズチームビルド担当  橋本 久仁彦


■カンボジア遠征、事前チームビルドについて
オーシャンズ・カンボジア遠征の目的地は、カンボジアの首都プノンペンからデコボコ道を車に揺られて4時間ほどのところ、プレイベン州アンコールリーチ郡リング村にある「カンボジア日本友好学園」です。過去のポル・ポト時代の過酷な経験から、カンボジアの農村部にこそ教育が必要だと考えた現地代表コン・ボーン氏のおもいからこの学校は設立されました。

オーシャンズプロジェクトでは、その中学、高校でプレイバックシアターの授業やワークショップを開催するため、第3次メンバーを募集します。

また、当プロジェクトでは現地で直ぐにその力を発揮できるように、事前にチームづくりを行います。エナジー・ビルドと呼ぶこのグループづくりでは、単にプレイバックシアターやダンスのスキルアップを目指すだけでなく、メンバー各自のそのときの感情、信頼関係などを大切にしながら、メンバーそれぞれが歩んできた人生、存在そのものから自ずと発せられるエネルギーの集合によってチームが形成されていきます。それは目には見えないけれど、たしかに感じられるもの、透明な建物を建築(Build Up)していくような作業です。

※日本とカンボジアでのグループビルド、及びファシリテーションは橋本久仁彦(PTプロデュース代表)が行います。


■カンボジア遠征日程・チームビルド日程

▽カンボジア遠征日程
 2009年6月13(土)~6月22日(月)

▽チームビルド日程
第1回目
2009年3月7日(土)~3月8日(日)

第2回目
2009年5月16日(土)~5月17日(日)

※初回練習会ではチームビルドを優先して行っていただけるかどうかをリスニングするメンバー選考会も兼ねています。
※会場は、大阪フェンススタジオ


■参加費
  280,000円

▽参加費に含まれないもの
旅行保険、燃油代、現地観光費用、予防接種費用、日本でのチームビルド・ワーク宿泊費

▽参加費に含まれるもの
航空運賃、空港使用料、航空保険、入国ビザ代、現地での移動費用・宿泊費・食費・ワーク費用、通訳費用、日本でのチームビルド・ワーク費(2回)


■募集人数
12名(最少催行人数6名)
※最少催行人数を下回った場合でもメンバーとの相談の上、遠征を実施する場合もあります。


■対象
どなたでも参加できます。年齢、活動分野、経験などは問いません。チームづくりのワークとして、プレイバックシアターやエンカウンターグループなどの手法を用いますが、オーシャンズでは一からチームを作り上げていきますので、初めての方でも安心して参加できます。

約5ヶ月間、日数にして14日間(内10日間は連続)のグループファシリテーションのプロセスを集中的に体験することになります。皆様のご参集を心よりお待ちしております。


■参加申込み
参加を希望される方は、
「氏名(航空券手配に必要なため、漢字の読み仮名はパスポートに記載されているローマ字表記でお願いします。)」「住所」「電話番号もしくは、携帯電話番号」「メールアドレス」を明記の上、下記連絡先までご連絡下さい。

その他、分からないことや質問等ある方もお気軽にご連絡下さい。なお、定員に達した後にお申込みされた方はキャンセル待ちとさせていただきますので予めご了承下さい。


■OCEANS Project 連絡先
080-1049-7137
tanaka_so@y4.dion.ne.jp
(事務局 田中 聡)


プレイバックシアタープロデュース
ptproduce@bca.bai.ne.jp
http://ptproduce.com/
http://kunis.blog50.fc2.com/
スポンサーサイト

<< 4/10-12:旭川でプレイバックシアター | ホーム | オーシャンズ・タイランド遠征チーム無事帰国のご報告 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。