最新のお知らせ

種類別のLIST

ともだち

最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/28:第35回ビヨンド・ザ・フェンス

皆様へ。

第35回ビヨンド・ザ・フェンスの御案内です。

明日から10日間、オーシャンズタイランド遠征チームと共にラオス・カンボジアとの国境に近いノングハイ村へ行ってきます。いったい村でどんな体験が待っているのか、そもそも無事に村へたどり着けるのか??
今までの旅と同じくハプニングの連続でしょうが、ダンスやプレイバックシアターで人々の心と触れ合いながらオーシャンズ仲間の絆を深め、しっかりタイの大地を歩いてきたいと思います。

帰国後、28日金曜日にビヨンド・ザ・フェンスを開催します。

そして、好評の岡山六都美氏によるプレイバック舞踏、今回もお楽しみください。

お気軽に、どうぞそのままのお姿でお立ち寄りくださいませ。

シアター・ザ・フェンス  橋本久仁彦

日時
11月28日 金曜日
18時50分開場19時20分開演~21時まで。

シアター・ザ・フェンスでは「ビヨンド・ザ・フェンス」と名づけられた定期パフォーマンスを行っています。

 このパフォーマンスは・・・
  ・ きっと、毎月行われます。
  ・ おおむね、小さなスペースで行われます。
  ・ おそらく、シアター・ザ・フェンス(プレイバックシアターの劇団)の
     メンバーによるパフォーマンスが行われます。
  ・ 必ず、参加された方の「人生」に対して敬意が払われます。
  ・ すべからく、参加された方のどんなお話であっても、アクターは誠意を持って、
     即興で演じ、お返しいたします。
  ・ もとより、このパフォーマンスは
     存在と我々をひとつに結びつける「物語」の持つ力を信じ、
     地球上に生きるすべての人々の
     「語られなかった物語」に捧げられるものです。


岡山六都美氏よりごあいさつ
。。。。。。。。。。。。
たゆみなく流れ、交じり合う人、場所、時間のエネルギーのようなもの・・・
それを感じながら、『何か』を表現できたら(v_v)と願います。
そして、この出会いと機会に深謝致しますm(__)m。」


会場
フェンススタジオ
大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ドーム前千代崎」駅
2番出口左すぐの信号を道なりにまっすぐ渡り左へ50メートル
徒歩2分

参加費 千円。

参加される方は、折り返しメールでお知らせくださいませ。
飛び入りでのご来場もOKです。   

e-mail ptproduce@gmail.com
090-6066-7782
はしもとくにひこ

プレイバックシアターはジョナサン・フォックスによって1975年にアメリカで生まれました。
楽しいレクリエーションから心理治療、コミュニティ作り、スピリチュアルな自己実現まで幅広い射程を持つ即興心理劇です。
現在、アメリカをはじめ、ヨーロッパ、ニュージーランド、オーストラリアなど世界の約30の国々に広がっており、日本には1984年に入ってきました。
教育、精神治療、演劇、社会福祉などの分野で実践され、一般にも気軽に楽しむ人の数が増えています。

スポンサーサイト

<< オーシャンズ・タイランド遠征チーム無事帰国のご報告 | ホーム | 2009/1/24-25:非構成的エンカウンターグループ in 広島 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。