最新のお知らせ

種類別のLIST

ともだち

最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第53回ビヨンド・ザ・フェンスのお知らせ

皆様へ。

5月8日土曜日は、第53回目のビヨンド・ザ・フェンスです。

今回はゴールデンウィーク最後の土曜日の昼下がり。

ご都合に合わせておいでくださいませ。

ビヨンドに来てくださった方がツイッターに感想を書いてくださいました。
重厚な言葉に感じ入りましたのでシェアさせていただきます。

「プレイバックシアターのワークショップに初参加。 観客が自分の体験を語り、その場でアクターによってすぐに演じられる即興劇。自己の内面を他者によって「表現」されるという不思議な体験。エンタメ本位になりがちな最近の演劇に、そもそも演劇が持つ潜在力と可能性を突きつける。


私はテラー(語り手)として、数日前の葬儀の体験を語った。自死した息子にまつわる父、妹、僧侶の私の対話。それを数分のドラマに即興で仕立てていくアクターたちの緊張感。台本、演出家なしの一発勝負。極限までセリフは削って、私は身体だけの対話が見たい。ここの役者は鍛えられるだろう。


会場は京セラドーム近くのビルの一室。小さな板張りのスペースに、参加者は7名ほど。都市の片隅で、静かにコミュニティの秘儀を交わすような。昔、アジアの路上で見たコミュニティプレイを思い出した。演劇は儀礼だ。ファシリテーターは橋本久仁彦さん。


プレイバックして何か成長しましたか?と聞いたら、演じていた若い女性が「人の話をよく聴くようになりました」。即興だから一言一句聞き逃せないのだと。すごく共感した。演劇は騒がしい自己主張ではない。自己受容であり、他者理解だ。そこから自分の身体一つを手掛かりに、世界に架橋する営みだ。」


                シアター・ザ・フェンス  はしもとくにひこ


~第53回ビヨンド・ザ・フェンス~

日時 5月8日 土曜日  15時開場15時20分開演~17時まで。(開場18時50分)

シアター・ザ・フェンスでは「ビヨンド・ザ・フェンス」と名づけられた定期パフォーマンスを行っています。

 このパフォーマンスは・・・
 ① きっと、毎月行われます。  
 ② おおむね、小さなスペースで行われます。
 ③ おそらく、シアター・ザ・フェンス(プレイバックシアターの劇団)のメンバーによるパ フォーマンスが行われます。
 ④ 必ず、参加された方の「人生」に対して敬意が払われます。
 ⑤ すべからく、参加された方のどんなお話であっても、アクターは誠意を持って、即興で演じ、お返しいたします。
 ⑥ もとより、このパフォーマンスは存在と我々をひとつに結びつける「物語」の持つ力を信じ、地球上に生きるすべての人々の「語られなかった物語」に捧げられるものです。

 会場 フェンススタジオ(大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ドーム前千代崎」駅②番出口左すぐの信号を左へ50メートル西中学校真向かい喫茶リエ隣)徒歩2分 
阪神なんば線ドーム前駅2番出口を出てすぐ左の車道を左へ。ローソンを過ぎると上記地下鉄2番出口

 参加費 千円。

参加される方は、折り返しメールでお知らせくださいませ。飛び入りでのご来場もOKです。
    e-mail ptproduce@bca.bai.ne.jp ℡    090-6066-7782     はしもとくにひこ
~~~~~~~~~~~~~~~~

プレイバックシアタープロデュース
    橋本 久仁彦
 ptproduce@bca.bai.ne.jp
http://ptproduce.com/
スポンサーサイト

<< NPO法人「すまいる」でのプレイバックシアター公演のお知らせ | ホーム | (^^)/今度は上高地です。ご一緒しましょう >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。