最新のお知らせ

種類別のLIST

ともだち

最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェンスワークス「床板を傷つけてあなたを刻印するワークショップ」のお知らせ

皆様へ。

フェンスワークスのスタジオと事務所が現在内装工事中です。

よい出会いを重ねながら一つの「場所」が現れようとしているのは
見ごたえのある「出来事」であることが分かりました。
とても面白いです。

そんな視界を共有できる建築士スタヂオ・カタリストの角野氏とともに、
「床板を傷つけてあなたを刻印する」ワークショップを開催いたします。

フェンスワークスの場所が生まれるプロセスを共有していただきたく、
 また千代崎の町を歩いて、皆さんの「空気」を溶け合わせてみてください。
楽しみですね^^。

                         はしもとくにひこ

以下ご案内~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんにちは。
フェンスワークス田中です。

現在、フェンスワークスでは拠点となる「1階:スタジオ」「2階:事務所」の

内装工事を行っています。場所は、喫茶リエ隣のフェンススタジオから歩いて3分。
今は、職人さんが作業中です。

さて、今回はその2階事務所の床づくりのワークショップのご案内です。
フェンスワークス事務所の内装レイアウトは神戸で建築設計やまちづくりなどを行
っているスタヂオ・カタリストの角野さんの協力を得て進めてきました。

昨年冬に彼が勤めている事務所が主催した「玄人を相手にしない初心者による、
超初心者のための超入門講座」というユニークな企画の初心者講師に私を呼んで
いただき、そこで身体表現講座を開催しました。

身体表現と言いながら、まずはエンカウンターグループのように始まり、1人の
人が場に与える影響や、その相互作用や場の変化を丁寧に見ていったのです。

そんな場を「面白い!」と言ってくれた角野さん。

ある日フェンス新事務所の内装レイアウトの相談していると、こんな話に
なりました。

角野「床板に傷をつけて塗装したら、イイ味が出るんじゃないかな?」
田中「どうやって傷をつけるの?」
角野「んー。釘とか、金槌とか・・・砂利とかで・・・アスファルトにこすりつけても
    イイかも。」
田中「それって床板を外に持ち出すってこと?」
角野「んー。むずかしいかなぁ」
田中「面白い!いっそのこと参加者募集して、みんなで床板持ってまちに出て
   それぞれ思い思いの場所で傷をつけて帰ってきてもらえば良いんじゃない?
   例えば手すりとか、公園の木とか。」
角野「えっ!?床板デカイっすよ。」
田中「床板が大きい人には2人組になってもらえばいいんじゃない?」
角野「安全面で不安が・・・」
田中「まちなかに床材を持った人たちががウロウロしているのを想像しただけで
   ワクワクする!」
角野「やってみますか・・・」
田中「やってみましょう!」

・・・という経緯からワークショップをすることになりました^^;

今回、まちというスケールのなかで、傷や汚れをどこで、どのようにつける(つく)ので
しょうか。傷や汚れという言葉はモノや人の心の両方で使いますが、目に見える「まち」
と、目に見えない私の「内面」は重なるところがあるのでしょうか。
そして、それを壁、天井、床だけのからっぽの空間に置いたとき、一体どんな変化が
自分に訪れるのでしょうか。たのしみです~。

ご興味のある方は、ぜひご一緒しましょう。
以下、角野さんのメッセージをどうぞ!!

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
角野さんからのメッセージ
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


この度、フェンスワークスとともにワークショップを企画しました、
角野史和(かどのふみかず・30)と申します。


現在は、神戸の一級建築士事務所に勤め、
まちづくり支援・景観調査・建築設計などの仕事をしています。


このワークショップでは、参加される皆さんに
これから新装するフェンスワークス事務所のフローリングへ
傷や汚れをつけていただきます。
傷や汚れをつけるのに、フローリングを街なかへ持ち出してもかまいません。
お気に入りのアイテムを持参して、
色々な表情づくりにチャレンジするのもよいと思います。


しばしば、
そこに居合わせる人々の表情によって、その場の雰囲気がつくられる。
ということがあります。
宿主であるフェンスワークスの活動もまた、
こういった作用に通ずる部分があるように思います。


皆さん一人一人、思い思いの表情が空間に刻み込まれることで、
フェンスワークスらしい特別な場が
ここにあらわれれば幸いだと思います。


-----------------------------------------------------------------------------------------------
内装ワークショップ ~ 床を持ってまちに出よう! ~
-----------------------------------------------------------------------------------------------
▼日 時 
2010年2月13日(土)10:00~17:00

▼参加費 
1,000円

▼定 員 
6名程度

▼持ち物 
これで床に傷や汚れをつけてみたいと思うモノ。
汚れても良い服装、クツ。手をふくタオル。
(こんなのでいいかな、など分からないことがありましたら下記アドレス
へご連絡ください。)

▼内 容
当日は、フェンスワークスの拠点となる千代崎のまちマップを配ります。
そのマップを持ってみんなでウロウロし、それぞれ試してみたいスポット
を探していきます。そして、実際に床板を持ってまちに出ます。帰ってき
たら新事務所のお気に入りの場所へ床板を置いてもらうという内容です。
また、状況を見ながら発見や気づきのシェアを行う時間も設けたいと思い
ます。

▼場 所
フェンスワークス新事務所
[所 在 地]
・大阪市西区千代崎2-2-13
[アクセス]
・鶴見緑地線「ドーム前千代崎」駅2番出口から徒歩5分
・阪神西大阪線「ドーム前」駅から徒歩8分
・JR「大正」駅から徒歩15分

▼申込み/問い合わせ
12日(金)までにフェンスワークス田中へご連絡ください。
その他ご質問があればお気軽にお問い合わせください。

メールアドレス fenceworks2010@gmail.com
スポンサーサイト

<< 自分流リラックスダンスとプレイバックシアターWS@高槻現代劇場 | ホーム | 第3期ファシリテーター・トレーニング・クラスのお知らせ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。