最新のお知らせ

種類別のLIST

ともだち

最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニカウンセリング トレーニング集中講座 with 橋本久仁彦 in 東京 開催概要

皆様へ。

今月末日、以下の講座をワークショップランドhttp://www.workshopland.com/mini.html主催で行います。
代表の流玄よりご案内です。
企業・教育・福祉・芸術・医療・スピリチュアリティなどの各分野はもとより、日常での自分の生き方、存在の仕方に関心を向けておられるすべての方にお知らせいたします。
よろしければどうぞご参集くださいませ。

はしもとくにひこ             

以下ご案内~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


聴き方」の真髄を学ぶ


たった15分でも 相手の話をきちんと聴けたなら


人の尊厳を大切にしながら、人の深い部分に触れることができると橋本さんはいいます。



これは 聴く という概念を大きく変えるものになるかもしれません。


いかに普段、人の話をきけていないか、


きいているつもりでいかに自分のフィルターで聞いたつもりになっているか、


そして、ただ全身で聴く というそのことだけでどれだけのことが起こるか、


そんなことに気づいてもらえる 講座 になると思います。



それは視力がある日突然よくなり、


見えなかったものが見えるようになるそんな驚きかもしれません。



自分と人との関係の新たなる質 に興味のある方には 本当にお勧めです。



この聴き方を手に入れると


同じ人の話が「援助すべき問題をもった「ケース」から


聞き手を魅了する「素晴らしい作品」へ変容します。



そんな人間観を手に入れたら毎日が素敵ですよね!



ぜひともに学びましょう!(流玄)



以下 橋本さんより・・・・・・



① 何をするのでしょうか。


ミニカウンセリングと呼ばれる実際のカウンセリングを参加者の


皆さんに経験していただきます。


まず、カウンセラー(聴き手)とクライエント(語り手)の両方を体験し、


録音記録と逐語記録を作ります。


そして、二人の人間の間に起こった現象を、エネルギーのレベルに


着目して、ていねいに観察します。




② 学習の効果は?



我々の思考の営みが見えてきます。その後、感情・感覚・存在といった


人間を構成するエネルギー各層への視界が戻ってくるでしょう。


思考の働きが、相互作用しつつ変化する柔らかいエネルギーの上に、観念を次々に投影して


固定していく様子を観察することで、人間関係が新鮮さを失っていく原因が自分自身の聴く態度や


存在のしかたにあることに気づく機会を得ることになります。



③ このトレーニングの目的は?



カウンセリングを行うときや、グループをファシリテートするとき、


あるいは一般的に生じるあらゆる人間関係の中で、


特に人の話を聞く時の態度や在り方について


具体的に歪みなく認識するための視力を回復することです。



③ このトレーニングコースのビューポイントは?



他者のお話に耳を傾けるとき、


「自分が聴いている」姿勢から


「ただ聴いている」状態にシフトし、



さらに出来事や現象の方がわれわれに


耳を傾けているように感じられる「場」に入ると、


相手が語ってくださる物語は、



援助すべき問題を持った「ケース」から


聞き手を魅了する「作品」へと変容します。



PTプロデュース  橋本久仁彦





・ワークショップお申込み




ミニカウンセリング トレーニング集中講座 with 橋本久仁彦 開催概要


講師: 橋本久仁彦
日時: 2010/1/29(金)ー31(日) 各日10:00-19:00 
場所: 都内の施設

定員: 12名 
研修費: 50,000円

お申込はこちら

お申込ワークショップ名
お名前
PCメールアドレス
携帯メールアドレス
連絡先電話番号(連絡のつく)
備考
をお書きの上
wslander@gmail.com まで
メールしてください


当ワークショップに参加するに当たっての注意事項
*参加は心身ともに健康である方とさせていただきます。
(何らかの治療をうけてる方は 必ず担当医師から
参加許可をもらってから参加してください)


ファシリテーター  橋本久仁彦 のプロフィール http://ptproduce.com/


1958年生まれ。大阪市出身。
高校教師時代はカール・ロジャーズのパーソン・センタード・アプローチに基づく「教えない授業」を実践。その後アメリカやインドを遊学し、人間同士の情緒的なつながりや一体感を最大限に生かす組織作りと、エネルギーの枯渇しない自発的で創造的なコミュニティに関心を持ち続けている。


平成2年より龍谷大学学生相談室カウンセラー、平成8年より龍谷大学カウンセリング課程の講師を兼職。
この間非構成的エンカウンターグループを何度も定期的に行う。
平成9年にオーストラリアでの国際プレイバックシアター・カンファレンスに出席し、人間の自己実現と場の一体感をもたらすプレイバックシアターの大きな可能性を知る。


平成13年12月で龍谷大学を退職し、現在はプレイバックシアタープロデュースを立ち上げてその研究と普及に力を注いでいる。
スクール・オブ・プレイバックシアター日本校講師。 カンボジアとの交流も行っている。


カール・ロジャーズの流れを本気で受け継いでいる数少ないファシリテーター。
また仏教にも精通している。
スポンサーサイト

<< 六甲山deプレイバックシアターwith橋本久仁彦のご案内 | ホーム | 第49回ビヨンド・ザ・フェンスのご案内 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。