最新のお知らせ

種類別のLIST

ともだち

最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第48回ビヨンド・ザ・フェンスwithチェロ、クリスマス公演のお知らせ

皆様へ。

「第48回ビヨンド・ザ・フェンス」をご案内いたします。

先日の日曜まで徳島県の大神子(おおみこ)で行われたプレイバックシアター研究クラスは「実践!パフォーマンス」と銘打ち、参加者が二つに分かれて作った劇団「大神子ワカメ」と「チームはまぐり」が見事な90分フルパフォーマンスで対抗し、質の高い劇空間を生み出しました。

今回の各チームへの課題は「新しいショートフォーム(5分以内で終わるエネルギー重視のプレイバックの形)を作ること」だったのですが、意欲的な各チームメンバーのコミットのおかげで美しいショートフォームが二つも生まれました。

一つは大神子ワカメが開発した「動くワカメちゃん」、僕が勝手に改名して「ザ・ウィード」と名付けよう^^
コンタクト・インプロのエネルギーを持った柔軟な動きの妙を見せるショート・フォームです。

もう一つはチームはまぐりの手になる「プライベート・ミュージアム」。
こちらはアクターが距離をとって立ち、空間の美しさを使って見せてきます。

大神子研究クラスではかつて、カンボジアでの体験にインスパイアされたショートフォーム「バイヨン」(カンボジア国民に愛されている遺跡の名前)を生み出しましたが、これで3つの美しいプレイバック・ショートフォームが日本から発信されることになるのは楽しいですね。

僕にとってワクワクするテーマなので、また改めて、プレイバックのショートフォームや、場の情報とそこに存在する
人の感情や感覚に触れるダンス作品作りにフォーカスを当てたクラスを開催してみたいと思っています。

さて、今月25日のビヨンド・ザ・フェンスは
チェロ奏者の甲藤 為元氏とのコラボレーションを試みます。
皆さんにご紹介したかった仲間の一人です。

チェロと先ほどあげたショートフォームとの相性はどんなものになるのでしょうか?

クリスマスにふさわしい取り合わせですね^^
大切な方とご一緒にどうぞ。
お待ちしています。



       シアター・ザ・フェンス  橋本 久仁彦


日時  12月25日 金曜日  18時50分開場19時30分開演~21時まで。

甲藤 為元(かっとう ためもと)氏略歴。

「大学入学後、18歳でチェロを始める。
24歳から青嶋直樹氏に師事。
市役所勤めの傍ら、休日にチェロを楽しむ。

「チェロ・夏の学校」(2008年~事務局チーフ)ほか、
音楽を通じて知り合った仲間との合奏に参加。

演奏時に感じていた痛みと緊張への対処法を探求するうちに
アレクサンダー・テクニークに出会い、意識と身体の使い方で
音が瞬時に変わる体験を得て興味を持つ。

意識と身体とパフォーマンスの関係性に興味を持ち、
現在も探求を続けている。

■これまでお世話になった団体など

チェロ・夏の学校(2008~事務局チーフ)
杉ちゃん&鉄平(2009年2月「しずおかCD」、2008年3月焼津公演出演)
静岡フィルハーモニー交響楽団(2007年英国公演参加)
静岡室内楽協会
コレギウム・ムジクム静岡
筑波大学管弦楽団

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シアター・ザ・フェンスでは「ビヨンド・ザ・フェンス」と名づけられた定期パフォーマンスを行っています。

 このパフォーマンスは・・・
 ① きっと、毎月行われます。
 ② おおむね、小さなスペースで行われます。
 ③ おそらく、シアター・ザ・フェンス(プレイバックシアターの劇団)の
   メンバーによるパフォーマンスが行われます。
 ④ 必ず、参加された方の「人生」に対して敬意が払われます。
 ⑤ すべからく、参加された方のどんなお話であっても、アクターは
   誠意を持って、即興で演じ、お返しいたします。
 ⑥ もとより、このパフォーマンスは存在と我々をひとつに結びつける
   「物語」の持つ力を信じ、地球上に生きるすべての人々の
   「語られなかった物語」に捧げられるものです。


会場 フェンススタジオ(大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線
   「大阪ドーム前千代崎」駅②番出口左すぐの信号を左へ50メートル
   西中学校真向かい喫茶リエ隣)徒歩2分
  (阪神電鉄阪神なんば線「ドーム前」駅下車徒歩4分)

参加費 千円。

参加される方は、折り返しメールでお知らせくださいませ。飛び入りでのご来場もOKです。
    e-mail ptproduce@bca.bai.ne.jp ℡    090-6066-7782
                          はしもとくにひこ
~~~~~~~~~~~~~~~~

プレイバックシアタープロデュース
 ptproduce@bca.bai.ne.jp
http://ptproduce.com/
http://kunis.blog50.fc2.com/

   橋本 久仁彦
スポンサーサイト

<< 六甲山deプレイバックシアターのお知らせ | ホーム | ダンス、舞踏のちプレイバックシアター時々劇団」からシェア。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。