最新のお知らせ

種類別のLIST

ともだち

最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンス、舞踏のちプレイバックシアター時々劇団」からシェア。


橋本です。

表記のクラスに来られた参加者から感想文が届きました。
見事なので了解を得てシェアします。

僕にとってはダンスとプレイバックシアターは同じ深みを持っています。

これからもダンサーとのジョイントを試みて行きたいと思います。

はしもとくにひこ




「こんばんは。先日はどうもでした。

これまで いろんなダンスのワークショップに出ながらも何か釈然としないものがあったのですが、橋本さんのバーバルで論理的な説明を受けて、そしてじっくりと「相手」を感じて踊ることができて大きな収穫がありました。

人とだけではなく、ものとも、自分のからだごと対象の存在を感じて踊るということばにも「そうか」と思いました。

その後 家で椅子と踊ってみてわかりました。
フェンススタジオでも感じましたが、より家で深めることができました。

結局 私は(誰もが?)人やモノと踊ることで、自分自分をとても感じることができることに気付きました。
それが、自分の体に気付くということなんだなと。
今ここにある 自分の体なんだなって。
私はそれをずっと感じたかったんだなって。

なにかあると踊りたくなるけど、音も何もない中でなかなか踊りにくかったりしたけど、今回すごくはっきりと「自分のからだ」を感じることができたし 踊る時のこころづもりというか、よりどころというかきっかけ、方法みたいなものが得ることができたのではないかと思っています。

なんか、これで踊ることが怖くなくなるんじゃないかな?
まだまだようやく入口にたっただけで先があるのかな?」
スポンサーサイト

<< 第48回ビヨンド・ザ・フェンスwithチェロ、クリスマス公演のお知らせ | ホーム | フェンスワークス起動のお知らせ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。