最新のお知らせ

種類別のLIST

ともだち

最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第47回ビヨンド・ザ・フェンス(小さな公演)のお知らせ



皆様へ。

「第47回ビヨンド・ザ・フェンス」をご案内いたします。

プレイバックシアターは、「儀式」を本質とした舞台装置です。
儀式とは一般的には「通過儀礼」ですが、プレイバックシアターの舞台装置がそのための扉=ゲートを準備します。
そしてお客様が、そのゲート=シアター=芝居小屋(劇場)に参入し、見つめること=目撃によって場のエネルギーの一部になると、劇場内の磁場密度においてしか見ることのできない一人ひとりのビジョンを、お客様の責任において見る(レスポンスする)ことになります。

舞台上で演じられる、もしくはアクターによって「生きられる」テラー(お客様の一人)のストーリーは見る者すべてが共有できる人間の人生のエッセンスを含んでいます。

見るものの視力とコミットによって、舞台上という結界の中で繰り広げられるアクティング=舞踏の世界の中に自分自身に必要な体験・知恵・洞察をいくらでも望みのままに見ることが可能になります。

すなわちこの意味で、プレイバックシアターにおける「舞台」とは、舞台芸術を許容する全人類が
アクセス可能な「アカシックレコード」への扉だと言ってみたいと思います。

一つの町や村に、この意味での一つの劇場=扉があり、その地に生きる民衆に対して親しく機能していること。
まず自分の住む町で実現していきたいと思います。

                  シアター・ザ・フェンス  橋本久仁彦

日時  11月27日 金曜日  18時50分開場19時20分開演~21時まで。
           

シアター・ザ・フェンスでは「ビヨンド・ザ・フェンス」と名づけられた定期パフォーマンスを行っています。

 このパフォーマンスは・・・
 ① きっと、毎月行われます。  
 
 ② おおむね、小さなスペースで行われます。
 
 ③ おそらく、シアター・ザ・フェンス(プレイバックシアターの劇団)
   のメンバーによるパ フォーマンスが行われます。
 
 ④ 必ず、参加された方の「人生」に対して敬意が払われます。
 
 ⑤ すべからく、参加された方のどんなお話であっても、
   アクターは誠意を持って、即興で演じ、お返しいたします。
 
 ⑥ もとより、このパフォーマンスは存在と我々をひとつに結びつける「物語」の持つ力を信じ、
   地球上に生きるすべての人々の「語られなかった物語」に捧げられるものです。

 会場 フェンススタジオ(大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ドーム前千代崎」駅②番出口左すぐの信号を左へ50メートル西中学校真向かい喫茶リエ隣)徒歩2分 (阪神電鉄阪神なんば線「ドーム前」駅下車徒歩4分)

 参加費 千円。

参加される方は、折り返しメールでお知らせくださいませ。飛び入りでのご来場もOKです。
    e-mail ptproduce@bca.bai.ne.jp ℡    090-6066-7782     はしもとくにひこ
~~~~~~~~~~~~~~~~

プレイバックシアタープロデュース
 ptproduce@bca.bai.ne.jp
http://ptproduce.com/
http://kunis.blog50.fc2.com/
 
   橋本 久仁彦
スポンサーサイト

<< 第16回ミ二カウンセリング・トレーニングのご案内 | ホーム | 六甲山de非構成的エンカウンターグループのお知らせ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。