最新のお知らせ

種類別のLIST

ともだち

最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月・女神山でのエンカウンターグループのお知らせです。



皆様へ。

月曜日に礼文島から帰ってきたら大阪はまるで東南アジアみたいに熱かったです。
湿度が高い分、カンボジアよりも厳しい感じです。

対して礼文は、風が吹くと持ってる服を全部着てもまだ寒いくらいで、同じ日本にいるとは思えませんでした。

けれど、色とりどりに美しい花の島でのプレイバックは素晴らしかったです。
全員が真剣に対処しなければならない自然の中でのハプニングもあり、忘れがたい経験となりました。
帰り際、半数が島に残り、フェリーに乗り込んだメンバーと動く彫刻を交換して別れを惜しんだのがとても愉快でした。

来年も北海道の秘境でプレイバックシアターを試みる予定です。
お楽しみに。

そうそう、偶然に小泉純一郎元首相の初めての礼文島訪問と重なり、ナマの小泉氏と握手する機会がありました。とても柔らかい手をされていてちょっとびっくりでした。

さて、8月はエンカウンターグループです。
ファシリテーターは僕と流玄です。

場所は恒例となった女神山。。

僕にとってエンカウンターグループは、毎回、行ったことのない場所への旅みたいです。
登山とも似ているかもしれませんね。

いくら長いキャリアを持っていたとしても、そこにある「山」に対して「先生」にはなれません。

ご縁ある方々と、一緒に登る4泊5日です。

よろしくお願いいたします。

                                 はしもとくにひこ




【非構成的エンカウンターグループ in 女神山ライフセンター】


開催概要

講師:橋本久仁彦、川北流玄
日時:2009/8/5(水)午後四時集合 ~9(日)午後2時解散
場所:女神山ライフセンター 長野県上田市 別所温泉
定員:12名 (先着順、最低催行人数あり)





このワークショップは1950年代
アメリカの心理学者 カール・ロジャースらによって
始められた、グループワークです。

それまで一対一で行われていたカウンセリングを
少人数のグループで行ってみたというのが始まりのようです。

それから約60年 世界各地でいまだに開催され
いまある、ワークショップやグループワークの源流に
なっているのではないかと思われます。

癒しを必要とする患者のためのグループセラピーではなく
そこに集まるメンバー相互の人生に出逢い、学びや成長を深める
意味合いをもった面白い手法です。

このワークショップは口で説明するのはほんとに難しいけど
僕は人間の、自分の本質を知りえる貴重な機会だと思っています。

チェ ゲバラのような革命とは違いますが

クワイエット レボリューション

静かなる革命 といわれたこの手法は
同じ世界に住んでいるにもかかわらず
世界がいままで見えていたよりもより鮮明にみえはじめたり
自分自身を深く見つめたり人との関わり方があらわになったりすることもあり、
それが誰かによってなされるのではなく場の力と自分自身のかかわりで産まれるところが
そう呼ばれたゆえんだと思います。


人と同じ空間にいてそこに真剣さをもってかかわることで
起こる世界の不思議をみなで目撃しながら続ける旅のような時間。

そこで出逢った人と5日間 輪になって座ること。

そこでうまれるものは
意図や方向性があるわけではないので

より「今」でありより「私」に属しているので
その人の生き生きとした「ナマ=生」が現れでてくるような気がします。

そこで起こる出来事や自分自身の反応は
どんなドラマよりおもしろいと僕は思ってます。
よかったらぜひ一度、体感してみてください。

会場はアメリカのエサレン研究所をモデルに作られた
ワークショップ専用の施設です。

そこにいるだけですごく気持ちがあったかくなる 場
そして素晴らしいホスピタリティとおいしい食事も
たっぷり味わえます。


ファシリテーター;橋本久仁彦 & 川北流玄
ファシリテーター・プロフィール

橋本久仁彦
1958年生まれ。大阪市出身。
高校教師時代はパーソン・センタード・アプローチに基づく
「教えない授業」を実践。その後アメリカやインドを遊学し、
人間同士の情緒的なつながりや一体感を最大限に生かす組織作りと、
エネルギーの枯渇しない自発的で創造的なコミュニティに関心を持ち続けている。

平成2年より龍谷大学学生相談室カウンセラー、
平成8年より龍谷大学カウンセリング課程の講師を兼職。
平成9年にオーストラリアでの国際プレイバックシアター・カンファレンスに出席し、
人間の自己実現と場の一体感をもたらすプレイバックシアターの大きな可能性を知る。
平成13年12月で龍谷大学を退職し、現在はプレイバックシアタープロデュースを
立ち上げてその研究と普及に力を注いでいる。スクール・オブ・プレイバックシアター日本校講師。

川北流玄
ワークショップランド 代表。
世界中の精神的コミュニティに滞在し、幾多のワークショップと瞑想を経験。
3年前にエンカウンターグループに出会い、その質の普及に情熱を傾ける。
この3年で 400時間を超えるグループに座る。
また、朝の瞑想やアフターセッション(通称裏カン)のファシリテートも担当。
OHカードリーダーでもある


僕(流玄)がこの手法と出逢ってから約4年が立ちました。
その間に9回の4泊5日、ファシリテーター養成講座
ファシリテーターズミーティング、1DAYなどをあわせると
70日近く約450時間ほど、輪になって座っていることになります。

そのなかでみた数々の人間との体験はほんとにかけがえのないもので
人間というものの面白さと奥深さを味わえた時間でした。

私自身の人生においても、起こることを信頼し、
それに真摯に向かうことができ、
「今」という瞬間をより深く味わえてる気がします。

そしてまた「人間」というものは
ほんまに愛すべき存在でオモロいもんやなぁと心から思ってます。
今回もまたなにが起こるやら、楽しみです。
よかったらご一緒しましょう


ワークショップランド 代表

川北流玄




非構成的エンカウンターグループ 開催概要
http://www.workshopland.com/en.html (詳細&感想等)

講師:橋本久仁彦、川北流玄
日時:2009/8/5(水)午後四時集合 ~9(日)午後2時解散
場所:女神山ライフセンター 長野県上田市 別所温泉
定員:12名 (先着順、最低催行人数あり)
研修費:60,000円
宿泊費:9,450円(1泊3食)×4日(食事を減らすことも可能です)


お申し込みは

お申込ワークショップ名
お名前
PCメールアドレス
携帯メールアドレス
連絡先電話番号(連絡のつく)
備考
をお書きの上
wslander@gmail.com
までメールしてください.

主催 ワークショップランド
担当 川北流玄 090-2382-3444
~~~~~~~~~~~~~~~~

プレイバックシアタープロデュース
 ptproduce@bca.bai.ne.jp
http://ptproduce.com/
http://kunis.blog50.fc2.com/
 
   橋本 久仁彦
スポンサーサイト

<< 芸術の秋 「ザ・フェンス・ショー!」 をご案内いたします。  | ホーム | オーシャンズカンボジアチーム帰国のご報告。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。