最新のお知らせ

種類別のLIST

ともだち

最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(明治神宮+お祓い)×プレイバックシアター÷舞踏クラス日程のお知らせとご挨拶


皆様へ。

標記クラスについて一部日程の変更がありましたのでお知らせいたします。

(明治神宮+お祓い)×プレイバックシアター÷舞踏の初回クラスは、
11名のメンバーで行いました。

コンタクトインプロから、プレイバックシアターへ、そして
ダウンロードムーブメントを使ってお祓いの構造を実験してみました。

プレイバックシアターと比べて、お祓いの場の構造の方は、
伝達されるエネルギーがハラのレベルへ向かうように
セッティングされるようです。

16日(水)の第2回目クラスも、楽しくオドリながら、
人生や生命現象の秘密に「気軽に」接近してみます。


先日、ある新聞記者のインタビューを受ける機会がありました。
真剣な質問と、それに答えるという経験は
ある種の働きかけを受けることで、
自分の中から、いろいろ伝えたいことが出て来ます。


それは皆さんにお伝えしたいことと同じですので
転記してみます。


たとえば、

「民衆の死生観に密着した冠婚葬祭の儀式は、
それ自体が大変面白い芸術様式であるということ。


もし我々がこれらの儀式にいのちを吹き込んで再び用いるならば、
心理的な癒しや、人生の生き方への知恵や、
特定の人間関係を全うすることなどの人間の本質的な課題に
対して大きな効果を発揮する優れた方法になりうるということ。


さらに、今まで楽しくないと思いがちだった我々の「平凡な日常」の営みと
コントラストを作って繰り返されるお年始、お盆などの季節的儀式も、
ていねいな内面への視界を用いて、儀式から内面性を切り離さずに
その本質を復活させると、ものすごく面白い体験になりうるということ。


つまり、我々の「普通の」日常生活=人生は、
もしそれをちゃんとオドることができれば、
実は最高に楽しい冒険であるということ。


僕自身が住んでいる大阪市の西区、隣の区である港区、
大正区の仲間たちと深め、発展させたいのは、
この土地に長く住んでいる我々にしかできない
ものすごく面白い「普通の日常」の制作であるということ。


築港キャンドルナイト、エンカウンターレボリューション、
ビヨンド・ザ・フェンス、 すまいるを始めとする各種施設でのパフォーマンス、
應典院やCIMJ(コンタクト・インプロ・ミーティング・ジャパン)など
芸術文化に強くコミットしている組織での公演やワークショップ、
フェンスワークスの起動、フェンスショーの開催、
区役所の市民参画会議への参加、
地元の町内運動会への参加、面白い人物へのインタビューetc.を
制作手段として現在展開中であること、


それらの展開で生まれた人間関係が持続力を持っていて、
なかなか消滅しないのは、人々との関係性が、治療関係や援助関係ではなく、
人間としての敬意に基づいたつながりだからであること。


そしてそのつながりは、
「人の言葉をそのまま聞くこと」というシンプルな人間関係の
作法があるところに生まれること。


“フェンスコミュニティ”はひとつの運動体であり、
現在コミットを深めつつある人々には共通の性質が見られること。


それは、


たとえもつれたネガティブな人生でも、
最後まで自分自身の光によって生きようと試み、


たとえ、「今の生き方は本当のあなたではない。真実の人生を生きてね。」
と言われても、
その援助者の態度に真の敬意が感じられないならば
断固として受け入れず、


あえて自分の生き方を全うして
自分自身の手で人生の可否を決定したい人々であり、


僕は、彼らこそが「人が生きていく強さ」を伝達している人々で、
「新・普通の日常」の制作者である、と考えているということ。


さて、そんなことを考えている僕ですが、読んでくださって
ありがとうございました。


皆さんが、たとえわずかな関心を向けてくださるだけでも、
なんだかもったいないようなことに思います。


今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


                   PTプロデュース   はしもとくにひこ

クラス日程

②6月16日(水)③6月30日(水)④7月28日(水)⑤8月4日(水)⑥8月25日(水)
⑦9月1日(水)⑧9月29日(水)⑨10月13日(水)⑩10月27日(水)


時間   19時15分~22時20分 (各回3H.×全10回) 

受講費  10回通し35、000円  一回毎の参加費 4,000円


@フェンススタジオ・大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ドーム前千代崎」駅②番出口左すぐの信号を
         左へ50メートル西中学校真向かい喫茶リエ隣)徒歩2分。
            阪神西大阪線「ドーム前千代崎駅」からも至近。


申 込 : メール ptproduce@bca.bai.ne.jp 090-6066-7782 (橋本久仁彦)
主 催 : プレイバックシアタープロデュース http://ptproduce.com/

スポンサーサイト

第54回ビヨンド・ザ・フェンスご案内



皆様へ。

6月12日土曜日は、第54回目のビヨンド・ザ・フェンスです。

今回も土曜日の昼下がり。15時20分スタートです。

ご都合に合わせておいでくださいませ。

同日10時からは、フェンススタジオから徒歩3分の
スタジオCAVEにて、以下の催しがあります。

合わせてどうぞ。

              シアター・ザ・フェンス  はしもとくにひこ


A-Platform <小さな勉強会> 全3回

6月12日(土)<第1回目>
「ユーモアってなんだろう?/笑いをタネにワークしよう。」
・最近、笑いましたか?
・笑うって何だろう?笑うと何が起きている?
・「笑い」がテーマの展覧会
・あなたも「笑い」を作ってみよう

時間:10時~13時
参加費:1回/1300円 (3回通しでお申込の場合3000円)
場所:フェンスワークス studio CAVE (フェンススタジオより3ブロック先)

http://fence-works.blogspot.com/2010/05/atl-platform.html


            

~第54回ビヨンド・ザ・フェンス~

日時 6月12日 土曜日  15時開場15時20分開演~17時まで。

シアター・ザ・フェンスでは「ビヨンド・ザ・フェンス」と
名づけられた定期パフォーマンスを行っています。

 このパフォーマンスは・・・
 ① きっと、毎月行われます。  
 ② おおむね、小さなスペースで行われます。
 ③ おそらく、シアター・ザ・フェンス(プレイバックシアターの劇団)の
    メンバーによるパ フォーマンスが行われます。
 ④ 必ず、参加された方の「人生」に対して敬意が払われます。
 ⑤ すべからく、参加された方のどんなお話であっても、
   アクターは誠意を持って、即興で演じ、お返しいたします。
 ⑥ もとより、このパフォーマンスは存在と我々をひとつに結びつける「物語」の持つ力を信じ、
    地球上に生きるすべての人々の「語られなかった物語」に捧げられるものです。


 会場 フェンススタジオ(大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線
「大阪ドーム前千代崎」駅②番出口左すぐの信号を
左へ50メートル西中学校真向かい喫茶リエ隣)徒歩2分 
阪神なんば線ドーム前駅2番出口を出てすぐ左の車道を左へ。
ローソンを過ぎると上記地下鉄2番出口

 参加費 千円。

参加される方は、折り返しメールでお知らせくださいませ。
飛び入りでのご来場もOKです。
    e-mail ptproduce@bca.bai.ne.jp ℡  
  090-6066-7782     はしもとくにひこ
~~~~~~~~~~~~~~~~

プレイバックシアタープロデュース
    橋本 久仁彦
 ptproduce@bca.bai.ne.jp
http://ptproduce.com/

第17回ミニカウンセリング・トレーニング・クラス開始のご挨拶

皆様へ。

第17回ミニカウンセリング・トレーニングは7月21日(水)より始まります。

月に一度づつ、半年の時間をかけて、「人を聞く」という
現代社会ではほとんど見られなくなった非日常的意識状態を
探求するクラスです。


聞き手と語り手の間に起こる15分間(ステージ)に
起きている現象の考察は、僕にとっては今最も楽しい仕事となっています。


今まで関心を向けてきた、教育現場でのパーソン・センタード・アプローチや瞑想、セラピー、芸術、ダンス、町作り、持続可能な組織といったテーマがすべてたった二人の人間が作る15分間の中に現れるからです。


我々は二人の人間の出会いによって、新たな世界(現象)が生まれる現場に立ち会うことになります。


しかし、「聞く」営みがそこにない場合は、二人の人間の出会いは過去のエネルギーのもつれを再現し、同じパターンの物語を繰り返し生きる方向へ向かいます。


「聞く」代わりに、過去に起源を持つ感情に突き動かされるわけですから、それが過去の物語の繰り返しになるのは自明だと思います。


「私は自分の感情を大事にしている」、という表現に出会うとき、僕には、「私は自分の過去から来る感情に従う」と聞こえることがありますので、その場合は確認が必要となります。


そうすると、聞くという営みは、我々を包んでいる過去のエネルギーから現在の新鮮なエネルギー場へ躍り出る行為だ、と言えますね。


踊り出る、と言い換えてみましょう。


ある種のオドリ、ある種のダンサーは、まさに現在降りてきたばかりの新鮮なエネルギー場を観客の眼前に作り出すのです。


現代人はそのエネルギーに「飢えている」と言っていいでしょうか。


僕はそのエネルギーを生きたいです。


その(未来からの)エネルギーの影響下にあるとき我々は過去から自由になるからです。


そしてそのときには我々の内面(場)に、神聖な、背筋が伸びるような、初めて深く息ができたような、感覚にともなって喜びの感情が現れます。

我々の心に、不自由な、囚われた、息苦しい経験(ネガティブな経験)が生まれるのは、相手や自分という「存在」のせいではなく、ふたりの「関係」という現象場に現れた過去のエネルギーが我々の現在の意識場を占有するからです。


これらの視界を、ミニカウンセリングの「15分間」という作品作りを通じて共有していきましょう。

   
             PTプロデュース    はしもとくにひこ

   
① 何をするのでしょうか。

ミニカウンセリングと呼ばれる実際のカウンセリングを参加者の皆さんに経験していただきます。
まず、カウンセラー(聴き手)とクライエント(語り手)の両方を体験し、録音記録と逐語記録を作ります。そして、二人の人間の間に起こった現象を、エネルギーのレベルに着目して、ていねいに観察します。


② 学習の効果は?    
    
我々の思考の営みが見えてきます。その後、感情・感覚・存在といった人間を構成するエネルギー各層への
視界が戻ってくるでしょう。
思考の働きが、相互作用しつつ変化する柔らかいエネルギーの上に、観念を次々に投影して 固定していく様子を観察することで、人間関係が新鮮さを失っていく原因が、聴く態度や存在のしかたにあることに気づく機会を得ることになります。

③ このトレーニングの目的は?
   
カウンセリングを行うときや、グループをファシリテートするとき、あるいは一般的に生じるあらゆる人間関係の中で、特に人の話を聞く時の態度や在り方について具体的に歪みなく対象を認識するための視力を回復することです。
    
③ このトレーニングコースのビューポイントは?
    
他者のお話に耳を傾けるとき、「分が聴いている」姿勢から「ただ聴いている」状態にシフトし、さらに出来事や現象の方がわれわれに耳を傾けているように感じられる「共時的な場」に入ると、相手が語ってくださる物語は、援助すべき問題を持った「ケース」から聞き手を魅了する「作品」へと変容します。
    
                                   

日程 ①7月21日、②8月18日、39月22日、④10月20日、
   ⑤11月17日、⑥12月15日、⑦2011年1月19日
       各水曜日19時~22時15分
                 (全7回約23時間)

会場 フェンススタジオ(地下鉄鶴見緑地線大阪ドーム前千代崎駅②番出口徒歩2分)




トレーニングフィー 4万9千円(継続参加4万2千円)
            一回毎の参加は1万円。

定員 14名

申込み・問合せ先 
 
開催1週間前までにメールもしくは電話にて下記 橋本までご連絡ください。
 参加承認のあと下記口座に トレーニングフィーをお振込みくださいませ。

        
 橋本久仁彦 〒550-0023 大阪市西区千代崎2-20-8
         携帯 090-6066-7782 
          e-mail ptproduce@bca.bai.ne.jp

(郵便振替口座)00900-8-73215  プレイバックシアタープロデュース

*小型のテープレコーダーとカセットテープ(往復30分のものが便利)
  もしくは逐語記録作成に不自由のない録音機器をご用意ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
はしもとくにひこ
http://ptproduce.com/

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。