最新のお知らせ

種類別のLIST

ともだち

最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まざぁりぃふ&シアター・ザ・フェンス・アーティストブランチinキャンドルウィークのお知らせ

皆様へ。

いよいよあさっての6月1日火曜日19時から、
築港キャンドルウィークが始まります。

キャンドルナイト当日の21日まで、
大阪市港区の築港地区で連続して発生するユニークなイベントの数々。

その栄えあるトップバッターは、
プレイバックシアター・「まざぁりぃふ」です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
6月1日火曜日(19時~21時)

「癒しの劇場・プレイバックシアター第一幕
~母親達の即興劇団「まざぁりぃふ」~
  
ご来場のお客様から伺ったお気持ちや日常生活の経験を
そのまま演じて見ていただきます」
    http://pt-motherleaf.jugem.jp/

*大阪日日新聞記者の椎葉さんが、先日のすまいるでのパフォーマンスにも取材に訪れ、引き続いてまざぁりぃふ公演も取材します。
ご家族、ご友人の方々、応援よろしくです^^/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

続いて翌2日水曜日第1部では、
シアター・ザ・フェンス・ミュージシャンブランチから
音楽ライブパフォーマンスをお届けします。

そのオリジナル曲にコアなファンが定着し始めた
アコースティック・シンガーソングライター、
「みーこ」こと橋本李枝と
昼間はまじめな社会人として仕事に取り組みつつ、
夜はパンクロックの狂熱エレキギタープレイを披露する赤阪正敏が、
なぜかタッグを組んで結成したユニット「エレアコ」の登場。

すまいるでもやはり女性のお客様がうるっときてました。。
定評のある“うるっ”系アコースティックにエレキギターがピリリと聴かせます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
6月2日水曜日19時~

第1部

 「月の光~二つのギターとともに。。
       by エレアコ(橋本李枝・赤阪正敏)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして同日第2部には、
シアター・ザ・フェンス・ダンサーブランチより、
フェンスの誇るトランス・ダンサー岡山睦美と
フランス帰りの肉体派ダンサー辻本佳のコンテンポラリーダンスを
お届けします。

むっちゃんこと岡山睦美が、松本ヴィオパーク劇場で見せた作品「花売り」にはダンスに詳しくない僕も、評論家亀田氏も泣いてしまいました。

不思議な魅力がこの人からは立ち現れます。
我々庶民の生きているオーラに共振してオドルダンサーです。

フェンスワークス・オープニングパーティで、腕の筋肉をきしませながら小さな椅子と踊ったシーンが忘れがたい辻本佳は、もと柔道家からの転身です。

彼のオドリを見ていると僕は、誠実な気持ちになって、自分の人生のことをまっすぐに考えたい気分になります。

人に勇気をもたらすダンサーであると思います。

この二人のコラボレーションは楽しみです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
第2部
コンテンポラリーダンスの夜

「Rasa~露~  リトアニアでは夏至をrasaという。夏至の日の朝露が大きいほど豊かな収穫があると信じられている。すべてを新しく生まれ変わらせる炎とともに今日のこの瞬間をオドリます。

     ダンサー・岡山睦美、辻本佳

**この日は、ラジオ大阪がキャンドルウィークの1時間番組制作のために取材に訪れます。エレアコはいいとして、二人のダンスをどう扱うのか??
下世話な興味が尽きません。
関係者・ご友人の応援ぜひよろしくです!

すべて会場はCASOで、参加費は無料です。
http://www.cwo.zaq.ne.jp/caso/
 

すぐ隣に大阪港が広がる海岸通りの、気持ちのよい潮風の中、
よい時間をお過ごしくださいませ。

     シアター・ザ・フェンス   はしもとくにひこ





~~~~~~~~~~~~~~~~

プレイバックシアタープロデュース
 ptproduce@bca.bai.ne.jp
http://ptproduce.com/
http://kunis.blog50.fc2.com/
 
   橋本 久仁彦
スポンサーサイト

知床プレイバックシアターワークショップのご案内(最終)


皆様へ。

シアター・Zero主催「第19回プレイバックシアターワークショップin知床」
は、おかげ様で成立いたしました。
ありがとうございました。

キャンセルの方があったため残席が生じましたので、
最終のご案内を差し上げます。

以下、主催の田淵久仁子さんからの言葉をどうぞ。

                   はしもとくにひこ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

皆さん、こんにちわ。
旭川のシアター・Zeroの田渕です。

7月8日~11日、知床でワークショップを開催するのにあたり、
昨日一昨日と現場のイメージをつかみにウトロまで行ってきました。

旭川とウトロは300km離れています。

北海道内に住んでいてさえ、知床は遠いところです。

私は過去に山登りなどで、何度か訪れているのですが、久々の再訪となりました。
宿泊場所や会場の確認、それと近間の観光ポイントをかけ足で見ました。

知床峠は凍結のため、閉鎖中でした。
このあたりではまだ桜が咲いていました。

エゾシカの姿をあちこちでみかけました。北キツネも。
そして、何とヒグマの親子にも遭遇しました!

朝は様々な鳥たちのさえずりが響いてきます。
手厚く守られてきた原生林から、
動物たちが湧いて出てきている…そんな印象を持ちました。

国民宿舎の主人は「うちの裏にもたまにヒグマがきますよ・・・」と事も無げにいいます。

「この前はこの電線にシマフクロウがとまっていたしね。最近、海でシャチも見たよ。」
と、語らう目の前にシカたちが、草を食みにでてきているのが見えました。

私はワークショップの下調べでいったのですが、感動して帰ってきました。

今回のワーク、すでに日本各地の方々にお申し込みいただいています。

来るべき人が来るワークなのだから、もう再度の案内は、しなくても・・・
という思いもあったのですが、なんだか自分が感動しているので、
再度のご案内をしたくなりました。

知床にやってきたなら、自然からの大きな贈り物を受け取れることは間違いありません。
来る前よりもきっと幸せな、豊かな気持ちになることでしょう。

もしお気持ちが動いた方は、早めにご連絡を!

田渕久仁子



第19回 プレイバックシアターワークショップ in 知床
―プレイバックシアターをとおして、学ぶ、遊ぶ―

とき:2010年7月8日(木)15時~7月11日(日)12時  3泊4日

会場:遠音別(おんねべつ)神社 斜里町ウトロ高原245 Tel 0152-24-2456
宿泊:国民宿舎桂田  斜里町ウトロ東361 Tel 0152-24-2752

主催:シアター・Zero     

プレイバックシアターについて:
プレイバックシアター(以下PT)はジョナサン・フォックスによって1975年にアメリカで生まれた台本のない即興心理劇です。
アメリカをはじめ、ヨーロッパ、ニュージーランド、オーストラリアなど世界の約30の国々に広がっており、日本には1984年に入ってきました。
教育、精神治療、演劇、社会福祉などの分野で実践され、一般にも楽しむ人が増えています。
ジョナサンは次のように語っています。
『 PTの目的は批判なしに人の話に耳を傾けることができ、
集団の中で自発的に行動し、心を大きく開けるようになることです。
PTは劇場ではありませんが、とてもドラマチックです。
PTは決して治療法ではありませんがとても治癒力があります。
PTはゲームではないけれど、とても愉快です。
私はPTが洞察力、健全な人間関係、そして新たな創造性への有力な手がかりだと信じています。』

《要項》
講 師  橋本久仁彦(国際プレイバックシアター“IPTN”
プラクティショナー、シアター・ザ・フェンス代表)
参加費  49,000円(研修費、宿泊費) 昼食代は含んでおりません。
定 員  15名(定員になり次第締切ます。)

申込方法 下記あて、氏名、年齢、性別、住所、電話番号を電話又はメールでお申し込みください。
下記口座に申込金1万円をお振込みください。入金確認後、申込受付となります。尚、不参加の場合返金は致しません。
     口座:旭川信用金庫 緑が丘支店 0234977
 口座名義:田渕久仁子


申込先  藤谷 智子 携帯090-9755-0011 
田渕久仁子 携帯090-3119-2959  メール nrtsq634@yahoo.co.jp

交 通  女満別空港→ウトロ(斜里バス:知床エアポートライナー号)2時間15分。

札幌→ウトロ(斜里バス:イーグルライナー号)約7時間。
札幌→知床斜里(JR:網走乗り換え6時間51分)斜里→ウトロ(斜里バス50分)
旭川→知床斜里(JR:網走乗り換え5時間11分)斜里→ウトロ(斜里バス50分)
旭川より車で約6時間(約300km)
     ※交通については上記がすべてではありませんのでお調べになってみてください。

◇橋本久仁彦氏略歴
 高校教師時代はパーソン・センタード・アプローチに基づく教えない授業を実践。
その後10年間、龍谷大学にてカウンセラーを勤める。2001年龍谷大学を退職し、プレイバックシアタープロデュースを立ち上げてその研究と普及に力を注いでいる。
~~~~~~~~~~~~~~~~

プレイバックシアタープロデュース
 ptproduce@bca.bai.ne.jp
http://ptproduce.com/
http://kunis.blog50.fc2.com/
 
   橋本 久仁彦

「すまいる」第2回パフォーマンスwithシアター・ザ・フェンスのご案内


皆様。

雨上がりの大阪です。

今週29日の土曜日午後5時半頃から、NPO法人「素my流」(すまいる)
での第2回目の公演を行います。

今回はシアター・ザ・フェンスのメンバーを中心に、
歌やプレイバックシアターなどのパフォーマンスを行う予定です。


前回のまざぁりぃふの公演は、いいエネルギーをシェアすることができて、見ていた我々にとっては新鮮な「場の記憶」となりました。

このようにして、訪れた人々や表現行為をした人々、
そしてそこに住む人々のバイブレーションが場に加わり、
人間にとって栄養豊かな「場所」や「コミュニティ」が生まれていきます。

これは「建築の営み」だな、と思います。

存在感のレベルで行われるある種のダンスや瞑想などの全体的な表現行為はその場所をそれまでとは違った場所にしていきます。

それは地上に栄養豊かな場所を増やしていく営みであると思います。

その場所を訪れた人は、その栄養を、まるで蝶々が花から蜜を吸うように吸収することができます。

この素敵な空間「すまいる」が、訪れる子供たちや大人たちのために、さらによき場所となり、そして神聖な場所となっていきますように。


前回同様、参加費は無料ですので、どうぞお気軽においでくださいませ。

早めに来ていただいても歓迎いたします。
すまいるでのんびり時間を過ごしてみてください。


               PTプロデュース   はしもとくにひこ


*アクセス*

「素my流」は、西区千代崎1丁目23番5号 (TEL. 06-6585-2227)
にありますが、以下のフェンスワークスへの道順をたどっておいで下さい。
左斜め向かいなのですぐ目に入ります。

もし迷われたら橋本まで。(090-6066-7782)


fence works office
studio CAVE

■所在地
〒5500023 大阪市西区千代崎2-2-13

■電車
▼ 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線(徒歩約5分)
  ドーム前千代崎駅2番出口から、左すぐの信号を道なりにまっすぐ渡り直進。
  千代崎橋西交差点(歩道橋)を左折すぐの3軒目。

▼ 阪神なんば線(徒歩約7分)
  ドーム前駅2番出口を出て左すぐの大通り(R173)を左に直進。ローソンを通過すると、ドーム前千代崎駅2番出口がある。その後は上記案内と同じ。

地図は以下で。
http://fence-works.blogspot.com/p/fence-works-officestudio-caveaccess.html



~~~~~~~~~~~~~~~~

プレイバックシアタープロデュース
 ptproduce@bca.bai.ne.jp
http://ptproduce.com/
http://kunis.blog50.fc2.com/
 
   橋本 久仁彦

シアター・ザ・フェンスin築港キャンドルウィークのご案内

皆様へ。

来る6月21日の夏至の日に、大阪市港区の大正ロマンあふれる
築港赤レンガ倉庫横の駐車場を借り切ってキャンドルナイトが行われます。

隣の西区に住む僕が子供の頃から大好きだった、ロマンチックな夕日と
船がいっぱいの大阪港。

その海岸沿いに住む人々と関わるようになったドキュメントを
ご報告して公演のご案内に代えたいと思います。


主催は、この海に囲まれた六角形の形をした築港地区に住む人々が、
アートや文化を生み出せる聖なる六角形にしようと立ち上げた「みなアート会」。

僕は友人の紹介でまず、これも素敵な大正ロマン建築の「ビルジング」天満屋で「ハaハaハa」というカフェを営むハラダミホさんと出会います。

チャーミングな人です。そして人々の集まるいいお店です。
僕はすぐに大好きになりました。

最初はこの気持ちのよいビルとカフェでダンスやプレイバックシアターなどのパフォーマンスをやりたいなあという気持ちだったのですが、ミホさんが、みなアート会主催のキャンドルウィークに出ないかと誘ってくださいました。

キャンドルウィークとは21日のキャンドルナイトに向けて、
築港の人々が自分のお店やスペースを会場として提供し、
アート、文化、コミュニケーションなどのイベントを3週間に
渡って連続的に行うお祭りの期間です。

人々とつながれる楽しさを感じて、「出ます!」と言った僕は、
彼女に連れられて、築港地区の誇る芸術施設である
CASO(Contemporary Art Space Osaka)へ伺いました。

そこで、海岸通ギャラリーCASOと呼ばれるこの素敵な空間を案内してくださったのがスタッフの長坂行則さん。

またすぐに好きになってしまいました。

そばにいるとほっとする方です。
これからもお友達でいてください、と言いました^^。

とんとん拍子で話が進み、キャンドルウィークのうち四日間をいただいて、CASOのご協力のもと、プレイバックシアター、歌のライブ、ダンスをやることになりました。

昨日、出演するダンサーとフェンスメンバーを連れて場当たりのためCASOへ。
この時出会ったのは、CASO運営スタッフとして新たに加わった北村良子さん。

ご自身もインスタレーション・アート作家で、今はギャラリー側から若いアーティストたちと関わっておられます。

お話すること数十分でまた大好きになりました。

帰り道、フェンスアクターの田中聡君のアイデアを受けて、北村さんの作品とミニ・カウンセリング・アートを融合したインスタレーションをスタジオCAVEでやってみるイメージが生まれました。

考えただけでも楽しいですね^^

僕の中ではもう実現しています!

という流れで、6月に入ると以下のように、シアター・ザ・フェンスのプロデュースによるパフォーマンスを築港キャンドルウィークにおいて行います。

すべて会場はCASOで、参加費は無料です。
http://www.cwo.zaq.ne.jp/caso/

USJに勤める外国人たちもたくさん住んでいて、異国情緒あふれる
この聖なる六角形地帯。

僕が誇りに思う地元の空間をシェアします。

どうぞご家族おそろいでおいでくださいませ。


           シアター・ザ・フェンス   はしもとくにひこ



~プログラム~

6月1日火曜日(19時~21時)

「癒しの劇場・プレイバックシアター第一幕
~母親達の即興劇団「まざぁりぃふ」~
  
ご来場のお客様から伺ったお気持ちや日常生活の経験を
そのまま演じて見ていただきます」
    http://pt-motherleaf.jugem.jp/

(*大阪日日新聞の取材あり。応援よろしくです!)



6月2日水曜日(19時~21時)

第1部

 「月の光~二つのギターとともに。。
       by エレアコ(橋本李枝・赤阪正敏)

(*シアター・ザ・フェンス・ミュージシャンブランチからの出演です。)

第2部
コンテンポラリーダンスの夜

 「Rasa~露~  リトアニアでは夏至をrasaという。夏至の日の朝露が大きいほど
   豊かな収穫があると信じられている。すべてを新しく生まれ変わらせる炎とともに
   今日のこの瞬間をオドリます。

ダンサー・岡山睦美、辻本佳 (シアター・ザ・フェンス・ダンサーブランチより。)



6月15日火曜日(19時~21時)

癒しの劇場・プレイバックシアター第2幕~シアター・ザ・フェンス登場~
   
    築港に住む人々の物語を敬意を込めて演じます。
           http://ptproduce.com/



6月17日木曜日(19時~21時)

第1部

 「教室の片隅で~エレアコ再び “キャンドル・ボイス” 築港の仲間達へ~」

第2部

 キャンドルとダンスの夏至祭~即興による収穫祭~
          
                     ダンサー・岡山睦美、辻本佳


        楽しい初夏の夜が続きますね。
        こういう場作りの仕事はワクワクするので大好きです。
       心の中に、たくさんの人が住むようになって豊かな感じ(まさに収穫祭!)です。

       ではどこかの会場でお目にかかれますことを楽しみに。。


                         はしもとくにひこ

          




~~~~~~~~~~~~~~~~

プレイバックシアタープロデュース
 ptproduce@bca.bai.ne.jp
http://ptproduce.com/
http://kunis.blog50.fc2.com/
 
   橋本 久仁彦

神降地(上高地)エンカウンター×上高地YOGAご案内

皆様へ。

先日ご案内いたしました「神降地」(上高地)エンカウンター×
上高地YOGAのワークショップはおかげさまで成立いたしました。

ありがとうございました。

6月の上高地は1年で最高の季節だそうです。

宿泊はテント泊とご案内していましたが、バンガロー(山小屋)泊に
バージョンアップしました^^。

若干の残席がありますので最終のご案内を差し上げます。


                PTプロデュース はしもとくにひこ



以下ご案内~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

皆様。

僕の大好きな盟友の一人である木村太郎氏の株式会社EGGSと
フェンスワークスがコラボレーションする楽しいワークショップです。

僕はスタッフとして第1クールに参加します。

こんな「祭り」を生み出すことで生きていこうとするのは
本当に楽しい冒険です。

初夏の上高地で人生を語り合いましょう。

朝目覚めてすぐに自覚するワクワクした気持ちが、
みぞおちあたりで震えている「誰も本当には愛してくれない・・・」という
寒い思いを暖かく包んで持ち上げていきます。

そのまま昇っていきたいと思います。   ご一緒にどうぞ^^

                 
              PTプロデュース     はしもとくにひこ



-------------------------
神が降りた場所 「上高地」------------------------

北アルプスにそびえる穂高連峰に昔、神様が降り立ったと伝え
られています。現在も上高地には穂高神社奥宮があり、神秘的
な泉をたたえています。

その圧倒的な大自然を舞台に、2クールに渡って、自然体験や
エンカウンターグループ、YOGAなどを行います。都会では味
わうことのできない真の闇の森を歩いたり、大自然を背景に、
自分の内側を語り合い、からだや自然の声に聞き耳をたてます。

このワークショップでは参加者のそのときの体調や、やりたい
こと、大切にしたいことなどを中心に自由にプログラムを組ん
でいきますので、アウトドアが初めての方でも安心してご参加
いただけます。

上高地の深い自然のなかで、今ここに心底くつろいだとき、
そのいのちの声はわたしに何とささやくでしょうか。
そっと耳をすませてみたいとおもいます。


■日時(参加は第1クールのみ、第2クールのみ、両方参加、の3タイプから選べます。)--------------



★第1クール
--------------2010年6月2日(水)13:30 現地集合~6月4日(金)12:00 現地解散
スタッフ 木村太郎/橋本久仁彦/橋本仁美--------------
★第2クール
--------------2010年6月5日(土)13:30 現地集合~6月7日(月)12:00 現地解散
スタッフ 木村太郎/岡山睦美/橋本仁美/田中聡

■場所
上高地(小梨平および、徳沢周辺)■参加費
各クール 45,000円
(現地集合解散/食費、宿泊費込み)

■申込み/問い合わせ
申込み時に、
・第1クール
 (第1クールは主にエンカウンターグループや自然体験ができます)
・第2クール
 (第2クールは主にYOGAや自然体験ができます)

のどちらに参加か、又は、両方参加かお選びいただき、氏名、連絡先
を明記の上、下記アドレスまでご連絡ください。
申込み受付後、5月中旬頃までに詳細プログラム、現地までのアクセス
などの案内をお送りいたします。また、ご質問等がありましたらお気軽
に同アドレスまでご連絡ください。

fenceworks2010@gmail.com
080-1049-7137
(担当 田中 聡)

■主催
株式会社EGGS (HP http://www.eggs-nature.net)
フェンスワークス (blog http://www.fence-works.blogspot.com)

NPO法人「すまいる」でのプレイバックシアター公演のお知らせ


皆様。

暑かったり寒かったりと不思議なお天気が続いていますが、お元気でしょうか。

今日は、NPO法人「素my流」(すまいる)と連携した公演活動のお知らせです。

フェンスワークスのオープンパーティに来てくださった方はご存知かもしれませんが、フェンスワークス事務所の斜め左向かいに、かわいい黄色の2階建ての建物が見えます。

ここが「すまいる」です。
こんな近くに、ほんとに不思議なご縁です。

すまいるの活動は
「障害の有無・年齢・性別などに関わらず、すべての人の基本的人権が尊重され、自らの力で夢や希望の実現に向けて創造し、あらゆる可能性を発揮できること」
を目標にしています。

我々の考え方にとてもマッチしますね!

すまいる代表の宮武敬子さんとはすぐに打ち解けて意気投合しました。

大阪人のユーモアとバイタリティを持つ素敵な人で、ぜひ皆さんにも会っていただきたいです。

今後、継続的にすまいるでのパフォーマンスを行うビジョンも生まれました。
フェンスワークスを訪れる仲間たちが、気楽にすまいるに立ち寄って、思い思いの時間を過ごすようになればいいな、と思います。


ということで、来週18日火曜日のお昼j間に第1弾のパフォーマンスを開催いたします。



初回パフォーマンスを担当するのは、高槻市のお母さん達によって結成されたプレイバックシアターの劇団「まざぁりぃふ」です。

14時開場、
14時30分から開始予定です。

参加費は無料ですので、どうぞお気軽においでくださいませ。


               PTプロデュース   はしもとくにひこ



*アクセス*

「素my流」は、西区千代崎1丁目23番5号 (TEL. 06-6585-2227)
にありますが、
フェンスワークスを目標にきて下さい。
左斜め向かいなのですぐ目に入ります。

もし迷われたら橋本まで。(090-6066-7782)


fence works office
studio CAVE

■所在地
〒5500023 大阪市西区千代崎2-2-13

■電車
▼ 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線(徒歩約5分)
  ドーム前千代崎駅2番出口から、左すぐの信号を道なりにまっすぐ渡り直進。
  千代崎橋西交差点(歩道橋)を左折すぐの3軒目。

▼ 阪神なんば線(徒歩約7分)
  ドーム前駅2番出口を出て左すぐの大通り(R173)を左に直進。ローソンを通過すると、ドーム前千代崎駅2番出口がある。その後は上記案内と同じ。

地図は以下で。
http://fence-works.blogspot.com/p/fence-works-officestudio-caveaccess.html
~~~~~~~~~~~~~~~~

プレイバックシアタープロデュース
 ptproduce@bca.bai.ne.jp
http://ptproduce.com/
http://kunis.blog50.fc2.com/
 
   橋本 久仁彦

第53回ビヨンド・ザ・フェンスのお知らせ

皆様へ。

5月8日土曜日は、第53回目のビヨンド・ザ・フェンスです。

今回はゴールデンウィーク最後の土曜日の昼下がり。

ご都合に合わせておいでくださいませ。

ビヨンドに来てくださった方がツイッターに感想を書いてくださいました。
重厚な言葉に感じ入りましたのでシェアさせていただきます。

「プレイバックシアターのワークショップに初参加。 観客が自分の体験を語り、その場でアクターによってすぐに演じられる即興劇。自己の内面を他者によって「表現」されるという不思議な体験。エンタメ本位になりがちな最近の演劇に、そもそも演劇が持つ潜在力と可能性を突きつける。


私はテラー(語り手)として、数日前の葬儀の体験を語った。自死した息子にまつわる父、妹、僧侶の私の対話。それを数分のドラマに即興で仕立てていくアクターたちの緊張感。台本、演出家なしの一発勝負。極限までセリフは削って、私は身体だけの対話が見たい。ここの役者は鍛えられるだろう。


会場は京セラドーム近くのビルの一室。小さな板張りのスペースに、参加者は7名ほど。都市の片隅で、静かにコミュニティの秘儀を交わすような。昔、アジアの路上で見たコミュニティプレイを思い出した。演劇は儀礼だ。ファシリテーターは橋本久仁彦さん。


プレイバックして何か成長しましたか?と聞いたら、演じていた若い女性が「人の話をよく聴くようになりました」。即興だから一言一句聞き逃せないのだと。すごく共感した。演劇は騒がしい自己主張ではない。自己受容であり、他者理解だ。そこから自分の身体一つを手掛かりに、世界に架橋する営みだ。」


                シアター・ザ・フェンス  はしもとくにひこ


~第53回ビヨンド・ザ・フェンス~

日時 5月8日 土曜日  15時開場15時20分開演~17時まで。(開場18時50分)

シアター・ザ・フェンスでは「ビヨンド・ザ・フェンス」と名づけられた定期パフォーマンスを行っています。

 このパフォーマンスは・・・
 ① きっと、毎月行われます。  
 ② おおむね、小さなスペースで行われます。
 ③ おそらく、シアター・ザ・フェンス(プレイバックシアターの劇団)のメンバーによるパ フォーマンスが行われます。
 ④ 必ず、参加された方の「人生」に対して敬意が払われます。
 ⑤ すべからく、参加された方のどんなお話であっても、アクターは誠意を持って、即興で演じ、お返しいたします。
 ⑥ もとより、このパフォーマンスは存在と我々をひとつに結びつける「物語」の持つ力を信じ、地球上に生きるすべての人々の「語られなかった物語」に捧げられるものです。

 会場 フェンススタジオ(大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ドーム前千代崎」駅②番出口左すぐの信号を左へ50メートル西中学校真向かい喫茶リエ隣)徒歩2分 
阪神なんば線ドーム前駅2番出口を出てすぐ左の車道を左へ。ローソンを過ぎると上記地下鉄2番出口

 参加費 千円。

参加される方は、折り返しメールでお知らせくださいませ。飛び入りでのご来場もOKです。
    e-mail ptproduce@bca.bai.ne.jp ℡    090-6066-7782     はしもとくにひこ
~~~~~~~~~~~~~~~~

プレイバックシアタープロデュース
    橋本 久仁彦
 ptproduce@bca.bai.ne.jp
http://ptproduce.com/

(^^)/今度は上高地です。ご一緒しましょう

皆様。

僕の大好きな盟友の一人である木村太郎氏の株式会社EGGSと
フェンスワークスがコラボレーションする楽しいワークショップです。

僕はスタッフとして第1クールに参加します。

こんな「祭り」を生み出すことで生きていこうとするのは本当に楽しい冒険です。

初夏の上高地で人生を語り合いましょう。

朝目覚めてすぐに自覚するワクワクした気持ちが、みぞおちあたりで震えている
「誰も本当には愛してくれない・・・」という寒い思いを暖かく包んで持ち上げていきます。


そのまま昇っていきたいと思います。   ご一緒にどうぞ^^

                PTプロデュース     はしもとくにひこ


-------------------------
神が降りた場所 「上高地」------------------------

北アルプスにそびえる穂高連峰に昔、神様が降り立ったと伝え
られています。現在も上高地には穂高神社奥宮があり、神秘的
な泉をたたえています。

その圧倒的な大自然を舞台に、2クールに渡って、自然体験や
エンカウンターグループ、YOGAなどを行います。都会では味
わうことのできない真の闇の森を歩いたり、大自然を背景に、
自分の内側を語り合い、からだや自然の声に聞き耳をたてます。

このワークショップでは参加者のそのときの体調や、やりたい
こと、大切にしたいことなどを中心に自由にプログラムを組ん
でいきますので、アウトドアが初めての方でも安心してご参加
いただけます。

上高地の深い自然のなかで、今ここに心底くつろいだとき、
そのいのちの声はわたしに何とささやくでしょうか。
そっと耳をすませてみたいとおもいます。


■日時(参加は第1クールのみ、第2クールのみ、両方参加、の3タイプから選べます。)--------------


★第1クール
--------------2010年6月2日(水)13:30 現地集合~6月4日(金)12:00 現地解散
スタッフ 木村太郎/橋本久仁彦/橋本仁美--------------
★第2クール
--------------2010年6月5日(土)13:30 現地集合~6月7日(月)12:00 現地解散
スタッフ 木村太郎/岡山睦美/橋本仁美/田中聡

■場所
上高地(小梨平および、徳沢周辺)■参加費
各クール 45,000円
(現地集合解散/食費、テント宿泊費込み)

■申込み/問い合わせ
申込み時に、
・第1クール
 (第1クールは主にエンカウンターグループや自然体験ができます)
・第2クール
 (第2クールは主にYOGAや自然体験ができます)

のどちらに参加か、又は、両方参加かお選びいただき、氏名、連絡先
を明記の上、下記アドレスまでご連絡ください。
申込み受付後、5月中旬頃までに詳細プログラム、現地までのアクセス
などの案内をお送りいたします。また、ご質問等がありましたらお気軽
に同アドレスまでご連絡ください。

fenceworks2010@gmail.com
080-1049-7137
(担当 田中 聡)

■主催
株式会社EGGS (HP http://www.eggs-nature.net)
フェンスワークス (blog http://www.fence-works.blogspot.com)

(明治神宮+お祓い)×プレイバックシアター÷舞踏クラスのご案内

皆様へ。

先日、東京代々木での仕事の折、
敬愛する友人N氏が首筋に不調を訴え、お祓いがいいよ、との参加者の言葉に、
それなら近くに明治神宮があるから、と出かけました。
僕は付き添いに指名していただいて明治神宮の本堂に一緒に座らせていただきました。

楽しかった!
雅楽の演奏あり、舞いあり、言葉あり、空間の使い方の手順(作法)あり、で儀式の面白さを再確認しました。

こんなことを言うのは不適切なのかもしれませんが、僕もやってみたいと思ったのです。


過去、結婚式やお葬式でプレイバックシアターを試みたことがあります。

また、北海道や富山、奄美で行った、土地のエネルギーを身体に落とし込んで表現するプレイバック舞踏や今回のようなお祓い、カンボジアでの多くの死者への鎮魂の踊り、 地雷被害にあった人々とのダンスなどの経験を通じて、いま思うことは、民衆の死生観に密着した冠婚葬祭の儀式は、それ自体が大変面白い芸術様式であるということ。

もし我々がこれらの儀式にいのちを吹き込んで再び用いるならば、心理的な癒しや人生の生き方への知恵や、人間関係を全うすることなどの本質的な課題に対して大きな効果を発揮する優れた方法であるということ。

さらに、今まで楽しくないと思いがちだった我々の「平凡な日常」の営みとコントラストを作って繰り返されるお年始、お盆などの季節的儀式は、ていねいな内面への視界を用いて両者を切り離さずに見つめてみると、ものすごく気持ちのいいダンス体験のアップビートとダウンビートであるということ。

つまり、我々の「普通の」日常生活は、もしそれをちゃんとオドることができれば、実はものすごく面白いのです!

僕自身が住んでいる大阪市の西区、隣の区である港区、大正区の仲間たちと深め、発展させたいのは、この土地に長く住んでいる我々にしかできないものすごく面白い「普通の日常」の制作です。

前回のクラスでの成果を踏まえて、今回は上記のような視界のもとにクラスを作っていきたいと・・
縁ある仲間と一緒に生きたい、行く道を行きたいと思います。

                PTプロデュース   はしもとくにひこ

クラス日程

①5月19日(水)②6月16日(水)③6月30日(水)④7月14日(水)⑤7月28日(水)
⑥8月4日(水)⑦8月25日(水)⑧9月未定(水)⑨9月29日(水)⑩10月20日(水)


時間  19時15分~22時20分 (各回3H.×全10回) 

受講費  10回通し35、000円  一回毎の参加費 4,000円


@フェンススタジオ・大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ドーム前千代崎」駅②番出口左すぐの信号を
         左へ50メートル西中学校真向かい喫茶リエ隣)徒歩2分。
            阪神西大阪線「ドーム前千代崎駅」からも至近。


申 込 : メール ptproduce@bca.bai.ne.jp 090-6066-7782 (橋本久仁彦)
主 催 : プレイバックシアタープロデュース http://ptproduce.com/




~~~~~~~~~~~~~~~~

プレイバックシアタープロデュース
 ptproduce@bca.bai.ne.jp
http://ptproduce.com/
http://kunis.blog50.fc2.com/
 
   橋本 久仁彦

非構成的エンカウンターグループ@野尻湖・最終のご案内

皆様へ。

野尻湖でのエンカウンターグループはおかげさまで成立いたしました。

若干の残席がありますので最終のご案内です。

非構成的エンカウンターグループでは、参加された方の「問題」を解決することにはこだわりませんが、場(バイブレーション)のプロセスに、ていねいに任せていると、我々の「存在の仕方・態度」(たとえば周波数)が変わるようです。

すると、「問題」が存在していた周波数の帯域から離れてしまいますので、とても気になっていた「問題」が
脅威ではなくなってしまいます。

問題に見えたものはむしろ必要なもので、時には喜ばしく、祝福であるように感じられたりします。

パーソンセンタードアプローチが、宗教的だという「批判」を受けた所以ですね。

ところで、宗教とセラピーの境目は何でしょうか?

どのようなワークショップでも重要とされている「聞く」という営みにも、セラピー的聞き方と、宗教的聞き方があるのでしょうか?

僕はあると思います。

宗教的な聞き方が成立しているグループでは存在の仕方が変わり、セラピーや治療の必要な帯域から離れていくことになります。

そして我々の普通の暮らしが、非日常的な『普通の暮らし』にかわります。


                                 はしもとくにひこ



* * * * * * * * * * * * * * * * 
~~ 非構成的エンカウンターグループ(長野・野尻湖)のご案内 ~~


<非構成的エンカウンターグループとは?>

アメリカの心理療法家・カール・ロジャースが開始したグループワークです。
ロジャースは、1982年、アメリカ心理学会で、「20世紀にもっとも影響の大きかった心理療法家」に選ばれた人物です。

その場に集まった参加者とファシリテーターが、車座に座って始まり、過ごす時間。
何をするのか具体的に書くことができるのは、これだけです。
何が起きるかは分かりません。何も起きないかもしれません。
話してもいいし、話さなくてもいい。
あなたが発したことばに、反応があるかもしれないし、ないかもしれない。

説明するのは難しく、具体的にこのワークショップで何が得られるということを示すことはできません。なぜなら、どんな場になるかは、その時、その参加者から起こってくるものだからです。それが非構成です。
しかし、この濃密な時間は、日常とは違う時間として、参加した方の奥深くに何かを残していきます。

今回の世話人は、約3年前に始めてエンカウンターグループに参加しました。
その体験は、他の参加者とともに、大きな川を渉ったような、もしくは大陸を旅して横断したかのような感じが残りました。自分に寄り添って、自分に丁寧に付き合い、自分を旅する時間だったのだと思います。

自分に丁寧に付き合う。

ただ、これを一人ではなく、グループですることにより、より色彩豊かな現象が起きるようです。


今回は、長野県野尻湖畔にある、YWCAのキャンプ施設を贅沢にも借り切っての開催です。野尻湖に突き出た半島全体がYWCAの敷地であり、ここは大正時代よりYWCAが守ってきた土地でもあります。この自然のなかでの時間は、
それだけでも豊かなものとなると思います。

企業や公的機関にお勤めなど、お休みが取り難い方が参加しやすいようにとゴールデンウィークに企画しました。仕事から離れることができる時期に、普段とは違う時間の流れに身を置いて、今年は一味違ったゴールデンウィークを過
ごしてみませんか?
日常では、外からの刺激や情報に、休む暇もなく反応していなくてはなりません。
そんな日常から、まるでステージを降りるかのように、離れてみる時間となればと願っています。

ご質問など、お気軽にお問い合わせください。
お申し込みをお待ちしております。

世話人 かとうあきこ


<開催概要>
日程: 2010年4月29日(木・祝)~5月2日(日) 3泊4日
   4月29日は午後1時現地集合、5月2日は昼食後現地解散予定
   この期間中、3時間×6セッション、2時間×3セッションを
予定していますが、現地で相談しながら決めていければと思います。    

場所: YWCA野尻キャンプ
     
     JR信越線 黒姫駅から車で約10分
     (キャンプ場ですが、宿泊や食事は設備が整った建物となります。
      セッションはバンガローを使用します。)

ファシリテーター:
     橋本 久仁彦

費用: ワークショップ代 35,000円
     宿泊費(1泊3食付) 9,700円 暖房費1泊につき500円 (3泊4日計30,600円



定員: 12名(先着順)
     最低催行人数10名

* * * * * * * * * * * * * * * * 

【申込方法】
次のフォームに記載のうえ、
かとうあきこ(Email ws2010gw@owl.nifty.jp)
までお送りください。その際、E-mailの件名を、
 「エンカウンターグループ申込」
としてください。

++++++++++
・お名前(ふりかな):
・年齢:
・お住まい(都道府県・市区町村):
・E-mail Address:
・当日連絡可能な電話番号:
・普段は何をなされていますか?ご職業など:
+++++++++++


(世話人かとうあきこプロフィール)
外資系企業の人事部門で10年以上、制度の導入や組織開発、労務対策等に携わる。現在も事業運営部門で勤務する傍ら、人が人であることに惹かれ社外でも活動中。


【お問い合わせ先】
かとうあきこ
e-mail ws2010gw@owl.nifty.jp
Tel 090-6199-9832

~~~~~~~~~~~~~~~~

プレイバックシアタープロデュース
 ptproduce@bca.bai.ne.jp
http://ptproduce.com/
http://kunis.blog50.fc2.com/
 
   橋本 久仁彦

ミニカウンセリング研修会in武蔵野のお知らせ

東京・武蔵野市内でのミニカウンセリング研修会のご案内です。

ミニカウンセリングの15分間の作品世界は非常に広大なので、
僕の視点がセラピーから芸術にシフトして以来、レビューを行うときはいつも時間が足らなくてもったいない思いがありました。

今回、東京での盟友の一人である、かとうあきこ氏が、各作品に時間をたっぷり取れるコンセプトで魅力的な空間を用意してくださいました。

タイミングの合う方のご参集をお待ちしています。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

                         橋本久仁彦



以下、案内文です。)

* * * * * * * * * * * * * * * * 

ご案内 【「聴くことを体験する」 全心身で聴くワークショップ ~ミニカウンセリングを中心に~ 】

「傾聴のスキル」など、聴き方についてはメソッドや講座が世の中には数多くあります。
しかし、改めて考えてみると、聴くということは一体どんな体験なのでしょうか。
また、聴いてもらうとはどんな体験なのでしょうか。

 本当に聴いたときにはなにが起こるのか?
 聴けなかったときには何が起こるのか?

このワークショップでは、「聴く」ことが起こす現象を丁寧に観察することで、聴くこととは何かを体験として実感することを目指します。
ワークショップのなかでは、主にミニカウンセリングという手法を使います。
ミニカウンセリングは、15分間相手の話を聴きます。ワークショップでは、この15分間を録音し、逐語記録を起こして、それを基に何が起きたかを、情報のやりとりではなく、話し手の在り方に注目して観察していきます。

「聴くこと」が、言語情報を受け取るだけなのではないなら、相手を感じるという要素も多いにもあるのではないかと考え、身体を使うことも視野に入れながら進めていきます。

今回は、一人ひとりのケース(録音と逐語記録)を、十分な時間を使って検討したいため、定員を少なめにしています。

皆様のお申し込みをお待ちしております。

世話人 かとうあきこ


<開催概要>
日程: 事前説明とケース記録取り
   4月25日(日) 14時00分~17時00分予定
  *4/25に来られない方は、ご相談のうえ別途日程を組みます。ご相談ください。
  *この日にケース記録取りを行い、ワークショップ当日までに逐語記録を
   起こして持参いただきます。
   
 ワークショップ
    5月3日(祝)   午後1時30開始 6時30時頃終了予定
    5月4、5日(祝) 午前10時00分開始 6時30分頃終了予定       
   
 (通いでのワークショップですが、遠方からお越しの方には近隣の
宿泊施設をご紹介いたします)

場所:  東京都武蔵野市内を予定     

ファシリテーター:
     事前説明は、かとうあきこが担当します。
     5月3-5日は橋本久仁彦が担当します。

費用: ワークショップ参加費 30,000円
     
定員: 10名(先着順)
     最低催行人数8名

申込締切: 4月23日(金)


* * * * * * * * * * * * * * * * 


③ 【申込方法】
次のフォームに記載のうえ、
かとうあきこ(Email ws2010gw@owl.nifty.jp)
までお送りください。その際、E-mailの件名を、
 「ミニカウンセリング申込」
としてください。

++++++++++
・お名前(ふりかな):
・年齢:
・お住まい(都道府県・市区町村):
・E-mail Address:
・当日連絡可能な電話番号:
・普段は何をなされていますか?ご職業など:
+++++++++++


【橋本久仁彦氏プロフィール】
ファシリテーター、カウンセラー、PTプロデュース代表、
シアター・ザ・フェンス代表、
国際プレイバックシアター“IPTN”プラクティショナー
<プロフィール>
 高校教師時代には、パーソン・センタード・アプローチに基づく、
 「教えない授業」を実施。その後、龍谷大学で学生相談室カウンセラーや
 講師を務める。フリーになった後は、カウンセラートレーニングやプレイバッ
 クシアター、コンステレーションワーク、ダンサートレーニング等、多岐にわ
 たるファシリテーションを全国各地で行なっている。大阪府在住。
 橋本さんの最近の活動はこちら(↓)
 http://kunis.blog50.fc2.com/
 http://ptproduce.com/

(世話人かとうあきこプロフィール)
外資系企業の人事部門で10年以上、制度の導入や組織開発、労務対策等
に携わる。現在も事業運営部門で勤務する傍ら、人が人であることに惹かれ
社外でも活動中。東京都在住。

【お問い合わせ先】
かとうあきこ
e-mail ws2010gw@owl.nifty.jp
Tel 090-6199-9832

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。