最新のお知らせ

種類別のLIST

ともだち

最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーシャンズカンボジアチーム帰国のご報告。

皆様へ。

 いかがお過ごしでしょうか。

おかげさまで、オーシャンズ第3次カンボジア遠征チームの本隊は、昨日22日無事帰国いたしました。
今回の目的地であったプレイベン州リング村の学校では、連日、メンバーによるクメール民族の子供達への精力的な授業が展開されました。

感情表現やダンスムーブメント、日本語、英語、人生観、仕事、夢と憧れ、歌、などをテーマにしたユニークな内容の授業でした。
二百数十人が図書室に集まって行われたプレイバックシアターや、日本に残った仲間が提供してくれたプロジェクターを使っての映画会などは大きなイベントとなりました。

どの授業も、教室にいる数十人の子供達が純真に、真剣にまなざしを集中してくれる中での教授経験となりました。
そして、教壇に立つどのメンバーも、子供達からダイレクトに伝わってくる先生への尊敬の気持ちと、
学習意欲の強さに深く影響を受け、我知らず全力投球の授業となりました。

最初は、いわば内気で消極的に見えたメンバーでさえ、この学校の子供達のまなざしの光の中では、進んで自ら気持ちを伝え、深く彼らに共感し、ともに表現し、今ここに存在する頼もしい「先生」になってしまいます。
この学校では、教壇に立つ日本人の誰もが「熱中先生」になってしまうようです。

日本ではまず教員免許をとってからでなければ教壇には立てませんが、ここでは子供達を見たい、聞きたい、一緒にいたいといった「気持ち」があれば教壇に立つこと、つまり子供達の前に「立つ」ことができます。
そして子供達がその自然な、人間本来の敬意や愛情で我々に接してくれることで、初めて教壇に立つ人でさえ、熱心で有能な、そして子供と深く関わる「せんせい」に変容していきます。

雨季の、この上なく美しい緑の田園風景の中、さえずる鳥達の声と花に舞う蝶々たちの校庭に、朝6時頃から子供達が集まり始め、7時には朝礼、そして授業が始まります。

最初はドキドキしながら向かった教室ですが、一度彼らの前に立つと、彼らのことをもっと知りたくなり、もっと教えたくなり、もっと教材研究して良い授業をしたくなる、その気持ちの変化は本当に不思議です。

そしてもしもっと長く滞在して教師として教えたいと思ったなら、学校創設者のコンボーンさん(トトロみたいなお腹と限りなくやさしい目をした72歳のクメール人。キリングフィールドからの奇跡的生還者)がカンボジア外務省から得た権限で、教師としての活動を許可したビザを発行してくれます。
それを持っているとカンボジア国内のどの学校でも日本人教師として教えてよいのです。


「ここにいる私の方が本当の私だったんだ!」と、生まれて初めて教壇に立って子供達に教えたあるメンバーの言葉に僕は心の底から共感します。

オーシャンズカンボジア遠征の真相は、我々日本人の方が、クメールの人々からあふれるように降り注ぐ自然な愛情によって自分を取り戻し、本来そうなるべきだった自分に向かって内面の旅路を遠くまで進む(遠征する)ことだったのだと分かりました。

今回は5名がまだカンボジア国内に残っています。うち2名が引き続きリング村の学校に残って活動を続け、1名はポルポトに関する資料研究のため首都プノンペンに滞在、さらに2名はカンボジア北部への旅を継続中です。

こうして皆様にオーシャンズの活動と、それによって結ばれた「仲間」の様子をお伝えできることを、ありがたく、そして誇らしく思います。

暖かく応援してくださった皆様には心からお礼申し上げますとともに、皆様のご活躍をお祈りいたします。

もしご縁が熟しているならば、来年予定している第4次カンボジア遠征には是非ご一緒いたしましょう。


         オーシャンズカンボジアチームビルド担当 橋本久仁彦
スポンサーサイト

オーシャンズ・カンボジアチーム出発のご挨拶

皆様へ。

オーシャンズ・カンボジア第3次遠征チーム12名は、本日午後プノンペンに集合し、
ラオス国境近くのリング村にある日本・カンボジア友好学園へ向かいます。

今回も個性的なチームに仕上がり、現地での冒険を通じて、カンボジアの人々やチームの仲間とのより真実な関係に入っていきます。
日本に残って応援してくれるメンバーやメッセージを頂いた方々にお礼申し上げたいと思います。

22日に本隊は帰国予定ですが、今回はすでに現地入りしているメンバーや、
残って旅を続けるメンバーもいます。

今回はカメラ担当のメンバーも同行していますので帰国後にはまた写真などを通じてお土産話を
できればと思っています。

では、行って参ります。
皆様もお元気で。

オーシャンズ・プロジェクト チームビルド担当   橋本久仁彦



25日ビヨンド・ザ・フェンス、7月1日ダンスとPTクラスのご案内

皆様。

 今月25日木曜日はビヨンド・ザ・フェンス公演、
7月1日はダンスとプレイバック夜のクラス(大阪)です。
いずれも午後7時よりフェンススタジオにて開催されます。
どなたでも参加していただけますので
お気軽にお問い合わせくださいませ。
(詳細は下記HPをごらんください。なお橋本は明日よりカンボジア入りします。22日以降のご返事となります。)

今回はダンスとPTクラス参加者、徳島大神子クラス参加者の感想文の一部をご紹介いたします。
洞察力のある文章からは、その場の具体的な動きさえ伝わってくるような気がしますね。 どうぞ言葉のダンスをお楽しみくださいませ。

                  PTプロデュース 橋本久仁彦


「ダンス、楽しいですね~

今回もつれづれな感想です。
自分にとっての備忘録でもあります。

よかったら、シェアしてください。m(__)m
よろしくお願いします。


昼のクラスで、耳にした「内側から出てくるオドリ(ダンス)」。
夜のクラスで、耳にした
「日常と非日常、内と外を出入りする感覚=視力」。
このふたつの言葉が、リンクしながら、いま、残像となって、在ります。


カラダの奥から出てくる一見奇妙な動きは、なぜほかの人と深く共振するんだろう?
これは、いったい、なんなのだろう?

そのような動きは、内と外、心とカラダ、自他などの区別を、
越えていくゲートのようで・・。
そのゲートの先の世界=場は、
さっきまでいた日常の場とは、どんな関係があるのか?


形態は違うけれど、
非構成のエンカウンターグループのプロセスにとてもよく似ているようで。

謎につつまれた命題は、もう少しそのままにしておいて、
今後のクラスに、自分の身をおいてみたいとおもいます。


そして、もう1点。
幼い頃、叔父に連れられて、海でよく、冒険をしたのですが、
なんども危険な目にあって、今度こそヤバイ・・(笑)の連続でした。が!
なのに、私はそれがとても楽しくて、いつも叔父を真似ては、そばを離れませんでした。

日常の感覚だけでは向かえないあのスリルと、微細なシグナルを
キャッチするあの感覚。

カラダの奥深いところから出てくる微細な動きに、カラダをそのままゆだねて動くのと、
これもどこか・・・・、似ているように感じています。


深く共振する「場」と、日常の「場」を、行き来しながら、
これからも、そんな?や、こんな!の『視力』を、
深めていけたらと、おもいます。


・・・・・・・・・・・・・・・


疑問符?と感嘆符!の入り混じった・・
記録にとどめておきたい、いくつかでした。

シェアをありがとうございました(*^-^*)

次回の昼も夜もとても楽しみです。」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「参加者が集まり、場ができ、そこで出てくるもの、
浮き上がってくるもの、表出してくる輪廻する物語。

この視点が得られたので、プレイバック、ミニカン、ベーシック・エンカウンター・・・そして日常も、・・・それらは、それぞれの物語が起きている時空間、各人の輪廻する物語が絡みあっている場に思える・・・驚くべきことだな。

こういう視点を得られると、生きていて、それぞれの物語を体験したり、
見たりすることができることに喜びを感じ、
そしてそういう体験を出来ることに感謝が生まれる。 
そしてとても豊になった気持ちがする。」

~徳島クラスより。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会場 フェンススタジオ
(大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ドーム前千代崎」駅②番出口左すぐの信号を左へ50メートル西中学校真向かい喫茶リエ隣)徒歩2分 

参加される方は、折り返しメールでお知らせくださいませ。
    e-mail ptproduce@bca.bai.ne.jp ℡    090-6066-7782 
    はしもとくにひこ



沖縄・大人の無人島キャンプご案内


皆様へ。

 毎年9月に開催されている自然スクールTOEC主催の沖縄無人島キャンプです。
僕も去年はけっこう命カラガラな目に遭いましたが、それがまた面白くてニヤッとしてしまいます。

今航空チケットが取りやすいということなのでご案内いたします。       

                               はしもとくにひこ


以下ご案内~


◆大人の無人島キャンプ
ゴールデンウィーク遊び足りなかった人へ!
美しい青い海・白い砂浜・快適な生活・そして仲間との出会い。
何をしても、しなくてもいい自由がここに。
究極のフリーキャンプをしましょう!

日時:2009年9月3日(木)~9月9日(水)6泊7日
集合は3通り選べます。
沖縄・伊丹もしくは神戸・関西空港・徳島市内
     
対象:18歳以上。参加してみたい方。20名定員。
    フリーキャンプやキャンプ・カウンセリング・ファシリテーション・
    教育などに興味のある方
    ※アウトドア技術や経験は問いません。

同行スタッフ:橋本久仁彦(プレイバックシアタープロデュース)
伊勢達郎(自然スクールトエック代表)
渡辺有紀(自然スクールトエックスタッフ・ふな)


参加費:那覇集合94,500円
関西圏の空港集合135,450円
      
詳しくはhttp://www.ne.jp/asahi/outdoor/toec/okinawa.a.htm

・初日と最終日は、那覇市内の宿泊施設にて泊まります。
 他の日程はテント泊です。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。