最新のお知らせ

種類別のLIST

ともだち

最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/30:第34回ビヨンド・ザ・フェンス

皆様へ。

第34回ビヨンド・ザ・フェンスの御案内です。

昨日まで徳島大神子海岸で開催されたプレイバックシアター研究クラスでは参加してくださった皆さんとともに、とても興味深いことをいろいろ確認することができました。

プレイバックシアターにおける「ウォームアップ」は心身を通過して、存在そのものへ向かう準備であること。
たとえば礼拝の前に、身なり、身体、呼吸、思考を整え、必要なエネルギーを受け取る準備をすることに似ています。

またアクターは、人間関係のもつれを解き、本当の自分自身としてのあり方・生き方を回復させるために、大きな源泉から浸透して来るエネルギーを受信する媒体(代理人)としての働きを持つこと。

そのエネルギーを認識し敬意を払っていない場合、パフォーマンスを「有効に」するための技術は神聖な雰囲気やテラーの語るストーリーの重さ、すなわちテラー自身の存在の重さを損なう方向に働くこと。

プレイバックシアターの儀式的手続きは、これらのエネルギーがいわば「自動的」に、つまりコンダクターやアクターの計らいとは関係なく、シアターの場に訪れるための「器」を整えることだということ。

そしてそのようなエネルギーによって浸透されたプレイバックシアターの「場」においては我々が「失敗」と呼ぶような出来事は起こりえず、すべてが共時的に意味を持つ空間が出現するということ。などを参加者全員で目撃することができました。

そのような「場の力」が存在する空間でのプレイバックシアターは、肉体の動きよりもエネルギーのダイレクトな動きがストーリーを表現するようになり、アクティングは能舞台のような雰囲気をかもし出し始めます。

今回もそのような「場」を舞うのにふさわしい舞踏ダンサー、岡山六都美氏をゲストに迎えて、プレイバックシアターがアクセスするエネルギーを踊っていただきます。

どうぞそのままのお姿でお立ち寄りくださいませ。

シアター・ザ・フェンス 橋本久仁彦

 
●日時
10月30日 木曜日
18時50分開場19時20分開演~21時まで。


シアター・ザ・フェンスでは「ビヨンド・ザ・フェンス」と名づけられた定期パフォーマンスを行っています。

●このパフォーマンスは・・・

・きっと、毎月行われます。
・おおむね、小さなスペースで行われます。
・おそらく、シアター・ザ・フェンス(プレイバックシアターの劇団)の
 メンバーによるパフォーマンスが行われます。
・必ず、参加された方の「人生」に対して敬意が払われます。
・すべからく、参加された方のどんなお話であっても、
 アクターは誠意を持って、即興で演じ、お返しいたします。
・もとより、このパフォーマンスは
 存在と我々をひとつに結びつける「物語」の持つ力を信じ、
 地球上に生きるすべての人々の
 「語られなかった物語」に捧げられるものです。

●岡山六都美氏よりごあいさつ
たゆみなく流れ、交じり合う人、場所、時間のエネルギーのようなもの
・・・それを感じながら、『何か』を表現できたら(v_v)と願います。
そして、この出会いと機会に深謝致しますm(__)m。」
                     
●会場 フェンススタジオ
 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ドーム前千代崎」駅
 2番出口左すぐの信号を道なりにまっすぐ渡り左へ50メートル
 徒歩2分

●参加費 千円。

●参加される方は、
 メールでお知らせくださいませ。
 飛び入りでのご来場もOKです。

 e-mail ptproduce@gmail.com
 090-6066-7782
 はしもとくにひこ

●プレイバックシアターは、ジョナサン・フォックスによって1975年にアメリカで生まれました。楽しいレクリエーションから心理治療、コミュニティ作り、スピリチュアルな自己実現まで幅広い射程を持つ即興心理劇です。現在、アメリカをはじめ、ヨーロッパ、ニュージーランド、オーストラリアなど世界の約30の国々に広がっており、日本には1984年に入ってきました。教育、精神治療、演劇、社会福祉などの分野で実践され、一般にも気軽に楽しむ人の数が増えています。

スポンサーサイト

11/10・11:非構成エンカウンターグループ

皆様へ。

青木将幸ファシリテーター事務所主催により
 秋の東京でのエンカウンターグループが開催されます。

以下の興味深いご案内の言葉をぜひご覧くださいませ。

橋本久仁彦

===

「非構成的エンカウンターグループ」
へのご招待 2日間 @東京 参加者募集

最近、非構成的なファシリテーションの面白さに惹かれています。
青木につながるみなさんにも、
ぜひ体験していただきたいと思い、企画に至りました。

「非構成的って 何?」と思う方もいるでしょう。

非構成的というのは、構成をしない/持たない ということ。

ワークショップやファシリテーションにおいて
「構成をする」ということは、、、

  ・「ねらい」に基づいて、起承転結の流れを組んだり、
  ・スムーズに本題に入れるように
    「アイスブレイク」をやったりすることです。

  ・皆が盛り上がれそうな「テーマ」を設定したり、
  ・本質を突く「問い」を用意することです。

  ・「KJ法」や「ワールドカフェ」などの手法を適切に導入したり
  ・「ふりかえりシート」を用意して、
    発見を共有するしかけを入れることです。

非構成的なファシリテーションには
(とりわけその典型的な例である「非構成的エンカウンターグループ」には)
これらの全てが必要ありません。

プログラムも、アイスブレイクも、ふりかえりシートも必要ないのです。
ポストイットも、プロッキーも、ホワイトボードも不要です。

ただ輪になって座る。
その瞬間に始まります。

「そんなんで、うまくいくの?」
というのが非構成的エンカウンターグループを体験する前の、
僕の率直な感想でした。

あくまで、ここ数回体験した感じですが、

構成されたファシリテーションより、
非構成のファシリテーションのほうが、
   ・自己と深く向き合える
   ・他者とリアルに、丁寧に出会える
   ・ファシリテーターの想定やもくろみのない場で、自由に広がれる
   ・結果として自分自身の揺らぎ(成長?)が大きい
という印象があります。

「ファシリテーターは一体、何をしているのか?」
という疑問も持ちました。

ファシリテーターは、ただ座り、全身を傾けて聴いていました。
発せられるメッセージの一つ一つを丁寧に聴きます。
その意味合いを味わい直すようにしてつぶやくこともありました。

あー、
言葉で書くともどかしいのですが、
とても興味深い場でありますので、
ピンときた方、ぜひどうぞ、ご参加ください。


■日時 2008年11月10日~11日(月・火)
11月10日 10:00から21:00
11月11日 10:00から18:00

■参加費 22,000円
(参加費のみ。食費・宿泊は含みません)

■会 場 東京都23区内の研修施設
(お申し込みいただいた方に場所の詳細をお知らせします)

■定員12名(先着順です。お早めにお申し込み下さい)

■対象
・どなたでも参加できます。年齢、活動分野、経験などは問いません。
・ファシリテーターとして成長したい方、自分自身を深く見つめてみたいと考えてい
る方にはとくにお勧めです。

■ファシリテーター 橋本久仁彦(はしもと・くにひこ)さん
略歴:
高校教師時代はパーソンセンタードアプローチに基づく「教えない授業」を実践。そ
の後、10年間、龍谷大学にてカウンセラーを勤める。2001年龍谷大学を退職し、プレ
イバックシアタープロデュースを立ち上げてその研究と普及に力を注いでいる。

※参考:青木が実行委員をしていた「第3回全国教育系ワークショップフォーラム」にゲ
ストとしてご参加いただきました。

http://skunkworks.jp/akagi/guests3/#hashimoto

■スケジュール(予定)
10:00 セッション1
13:00 昼食
14:30 セッション2
17:30 夕食
19:00 セッション3
21:00 初日終了

10:00 セッション4
13:00 昼食
14:30 セッション5
18:00 終了

■主催:青木将幸ファシリテーター事務所

■お申し込み&お問い合わせ先
eg081110@aokiworks.net
まで以下の項目をメールしてください。先着順で、参加を受け付けいたします。
お問い合わせもお気軽にどうぞ

・お名前:
・年齢:
・連絡先のメールアドレス:
・連絡先の電話番号:
・ふだん何をしている人ですか?:
・参加にあたって、一言:


┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻
青木 将幸
http://www.aokiworks.net  

大阪 ・ 高槻でエンカウンター

皆様へ。

今月17日より大阪 ・ 高槻で
「グループ・ふりーすぺーす」主催の
エンカウンターグループを行います。

日程は以下です。

主催のくぅ(松岡弘子さん)は
透徹した視力でエンカウンターグループのプロセスを捉える
かっこいいお母さん(そうは見えないけど3人のお子さんアリ)です。
素敵なご案内の言葉をどうぞ。

橋本久仁彦

===

■日 時 :
2008年
9月17日(水)・10月15日(水)・11月5日(水)・12月17日(水)
2009年
1月21日(水)・2月18日(水)・3月4日(水)の7回

9:45受付 10:00スタート 12:00終了

■場 所 : 大阪府高槻市 現代劇場
■定 員 : 10名 
■会 費 : 1回 2000円 (施設使用料など諸経費)  
■内 容 : 
輪になって座るだけ。話しても話さなくてもその瞬間からグループプロセスは始まります。
■世話人 :
ファシリテーター 橋本久仁彦さん
coファシリテーター 松岡弘子
事務局 青木麻由子

■申 込 : 松岡弘子まで連絡ください。お待ちしています。
メール hiroko815@mail.goo.ne.jp まで。
(電 話080-3786-3037)

===

わたしたちは日常・・言いたいこと・聴いてもらいたいことが、
胸いっぱいにたまっていても、

そのこと自体に気づかなかったり、
なかなか解き放つ場がなかったり、

真に聴いてくれる人が、そばにいなかったりではないでしょうか

たったひとりでも、真に話を聴いてくれるひとがいるだけで、
ひとは、グループは、不思議と、おのずと変容しはじめます。

問題解決や合意達成にとらわれないで、
多様な気持ちや存在と共に居られると、
やがて日常をはなれ深いレベルでの存在やつながりと遭遇するかもしれません。

じっくり自分をみつめたい方、まったり味わいたい方、
非構成的な(=プログラムがない)輪の中に座ってみませんか? 

今回の7回シリーズでは、橋本久仁彦さんをお迎えして、
ご縁ある方々とごいっしょできたらいいなと、おもいます。

・・*・ ご縁ある方のご参集を、心より、おまちしています ・*・・
 
橋本さん主催の月1回の通いのEG(エンカウンターグループ)が、
わたしの‘ファーストエンカウンター’でした。
~ そのときの印象はというと ~
抽象的ですが…谷川俊太郎さんの詩に似ているかもしれません

 この気もちはなんだろう
 目に見えないエネルギーの流れが
 大地からあしのうらを伝わって
 ぼくの腹へ胸へそうしてのどへ
 声にならないさけびとなってこみあげる
 この気もちはなんだろう
 枝の先のふくらんだ新芽が心をつつく
 よろこびだ しかしかなしみでもある
 いらだちだ しかもやすらぎがある
 あこがれだ そしていかりがかくれている
 心のダムにせきとめられ
 『よどみ渦まきせめぎあい』
 いまあふれようとする
 この気もちはなんだろう
 あの空のあの青に手をひたしたい
 まだ会ったことのないすべての人と
 会ってみたい話してみたい
 あしたとあさってが一度にくるといい
 ぼくはもどかしい
 地平線のかなたヘと歩きつづけたい
 そのくせこの草の上でじっとしていたい
 大声でだれかを呼びたい
 そのくせひとりで黙っていたい
 この気もちはなんだろう
/ 「春」 谷川俊太郎

・* 松岡弘子 *・

10/24:創造・表現・コミュニケーションワークショップ

皆様へ。

 台風一過、一気に秋になりましたね。
さて、以下の通り、徳島でのプレイバックシアター研究クラスを準備しています。
関心のある方は事務局までお気軽にお問い合わせください。

我々の日常の場世界から、実は人々が関心を向けてやまない異世界へのゲートとしてのプレイバックシアターの魅力を、丁寧に探求していきたいと思います。

自分自身と何かをつなぐ「ゲート」に関心のある方はどなたでもおいでくださいませ^^。

橋本久仁彦

===
あわ’s プレイバックシアター
プロジェクトオーシャンズ シアター・ザ・フェンス共催

創造・表現・コミュニケーションワークショップ
~プレイバックシアターの魅力・その可能性に迫る~

■講師:橋本久仁彦

■日時
2008年 10月24日(金)~ 26日(日)
12:30受付 13:00スタート
翌日16:00終了

■場所
徳島市大神子 「松風荘」(今回より、会場が変更になりました。)

■参加費
¥48000(宿泊費・食費・研修費込み)

■参加申し込み方法
氏名・年齢・住所・電話番号
(自宅・携帯・メールアドレス等、必ず連絡がつく番号)を
下記の申し込み先までご連絡下さい。
・上田千里 携帯 090-8975-1862 メール senri3714@yahoo.co.jp
又は
・多田奈津佳 携帯 090-7573-9487 メール piyolgo@yahoo.co.jp
 FAX 050-2024-5797

■お申し込み完了後、参加費の振込先をご連絡いたします。
1週間以内に参加費\48000円をお振込み下さい。

*振込み確認後、正式申し込みとさせていただきます。
尚、参加費は原則としてお返しできませんので、当日参加できなくなった場合は、どなたかに権利をお譲り下さい。

* 参加希望の方は、9月24日までに上記参加申し込み先までご連絡ください。

※第4回目のお知らせ
第4回目は、
2009年 2月27日(金)
12:30 ~ 3月1日(日)16:00
テーマは「プレイバックシアターの研究� 傾聴レッスン1
~存在を(で)聴く営みとしてのアクティング~

11/1:第6回 福岡プレイバックシアターワークショップ(会場は佐賀!)

皆様。

 涼しくなってきました。お元気でしょうか^^
九州でのプレイバックシアターワークショップのご案内です。
ご縁ある方々とご一緒して生まれていく一期一会の「場=舞台」を
心より楽しみにしています。

はしもとくにひこ

**********************************************************

「福岡」プレイバックシアターワークショップと銘打ちつつ
会場は佐賀県の基山(素敵なところです♪)、
スタッフも佐賀・東京・奈良在住なのですが

福岡で生まれたこの集まりがこれからも続いていくことを願って
そして福岡の人々・土地に思いを込めて
皆様にご案内したいと思います。

この頃は紅葉の季節でしょうか?
遠方の方々も、近隣の方々もぜひどうぞ!
ご一緒できることを楽しみにしています。

小松 泰子

**********************************************************

第6回 福岡プレイバックシアターワークショップ
~ ドラマチックで愉快な人生劇場 ~

■日 時
平成20年11月1日(土) 13:00受付、13:30開始
  ~3日(月) 16:00終了  (2泊3日)

■会 場
洗心寮 研修センター(佐賀県三養基郡基山町宮浦822)
※JR基山駅より車で5分(送迎有)

■参加費
23,000円(研修費、宿泊費)
※夕食、お風呂は別途必要

■定 員
15名

■講 師
橋本 久仁彦氏

■申込み方法 
・10/24(金)までに、
 氏名、年齢、性別、住所、電話番号、参加動機をご連絡下さい。
・申し込み金1万円を
 郵便振替口座
『記号14540番号19712321 小松泰子』
 へお振込み下さい。申込み完了です。
  ※申込金は原則としてお返しできませんので、
   不参加の場合はどなたかに権利をお譲りください。
・受付後、参加資料をお送りします。

■お問い合わせ・申込み先
・小松 泰子 E-mail: kosagi@zg7.so-net.ne.jp

★参加はもちろん、お問い合わせだけでも大歓迎です!
★初めての方もどうぞお気軽に! ご参加お待ちしています。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。