最新のお知らせ

種類別のLIST

ともだち

最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/28-29:プレイバックシアター

皆様へ。

秋ですね(^^)
今日も素晴らしい青空の広がる大阪です。
さて、
九州で大学院生となった元フェンスメンバーのこまっちゃんと
エンカウンターやPT の大切な仲間である鹿ちゃんが
企画してくださった福岡でのPTワークショップです。

このWSから始まる九州でのPTコミュニティの展開を
楽しみにしています。
チャーミングな独身女性二人の企画による
「伝説の(^^)」初回ワークショップへ
どうぞ御参集くださいませ。

はしもとくにひこ

**福岡プレイバックシアターワークショップ**
~ ドラマチックで愉快な人生劇場 ~
ストーリーを語るのも、演じるのも、観客もあなた!

この度、福岡でプレイバックシアターのワークショップを開催することとなりました。 ワークショップを通じて多くの方にプレイバックシアターの魅力を伝えたいということ、 そして、新たな出会いと動きが生まれることを願って開催します。今回は大阪から橋本久仁彦さんを講師にお招きして行います。皆様のご参加をお待ちしています。
小松 泰子                                   
  
橋本さんのプレイバックシアターに出会ったのは1年前。たくさん動いて、笑って、いつのまにか心がポカポカとあたたかく元気になっていました。それから、大阪のワークショップに参加し、その度に少しずつ、自分の周りで、福岡で、プレイバックシアターを伝えたいと思うようになりました。これからどんな出会いがあるかワクワクしています。
鹿田 智子

*日 時:平成18年10月28日(土) 13:00受付、13:30開始
         ~29日(日) 15:00終了  (1泊2日)

*会 場:クローバープラザ 
(福岡県春日市原町3丁目1-7)※JR春日駅より徒歩1分
(JR博多駅~JR春日駅は鹿児島本線で約15分)

*参加費:18,000円(研修費、宿泊費)
     ※夕食、昼食代は別途必要

*定 員:15名

*講 師:橋本 久仁彦氏
    ・国際プレイバックシアターネットワーク
     “IPTN”プラクティショナー
    ・ シアター・ザ・フェンス代表

*申込み方法: 
■10/13(金)までに、
 氏名、年齢、性別、住所、電話番号、参加動機をご連絡下さい
■申し込み金1万円を、郵便振替口座
『記号14540番号19712321 小松泰子』
 へお振込み下さい。
 申込み完了です。
*申込金は原則としてお返しできませんので、
 不参加の場合はどなたかに権利をお譲りください。
■受付後、参加資料をお送りします。

*お問い合わせ・申込み先:
・小松 泰子 E-mail:kosagi@zg7.so-net.ne.jp
★参加はもちろん、
 お問い合わせだけでも大歓迎です!
 初めての方の参加お待ちしています!
スポンサーサイト

10/30~11/3:非構成的エンカウンター・グループ

親愛なる皆様へ。

先日、拙宅を訪ねてくださった西村佳哲氏とお話した際に、彼が
「あらゆるワークショップの核にあたるものが、非構成的な
エンカウンター・グループの中にあるんじゃないか」
と熱く語るのを聞いてとてもうれしく思いました。

僕の現在の姿に背景があるとすれば、それは
非構成的・実存的なエンカウンター・グループの経験だからです。
そして実は現在も、たとえそれがどんなグループであっても、
僕のファシリテーションは
非構成的なグループでの在り方の
バリエーションでしかありません。

互いに出会うことになっている
定められた人数の方々と御一緒しつつ、
実存の深みからの促しに耳を傾けてみたいと思います。

はしもとくにひこ



●緊急開催
非構成的エンカウンター・グループ/四泊五日
2006/10/30(月)~11/3(金)

 ファシリテータ:橋本久仁彦さん
 定員:15名程度
 参加費:約60,000円(宿泊費・食費含み)※
 場所:キープ協会・ハリスホール(山梨県清里)
 集合:10/30(月)18:00 現地集合 ※

 申込〆切:10/6(金)
 主催:西村佳哲


全国教育系ワークショップフォーラム(2002~04)で
実行委員長をつとめた、西村佳哲です。

先日ひさしぶりに、
プレイバックシアターやミニカウンセリング講座を手がける
橋本久仁彦さん(第三回全国教育系~・ゲスト)とお会いした際、
「エンカウンター・グループ」の話になりました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/エンカウンターグループ


エンカウンター・グループとは、
カール・ロジャース(心理学者)が中心となって、
20世紀の中頃に切りひらかれた手法です。
カウンセラー対クライアントという1対1の組み合わせではなく、
少人数のグループという枠組を通じて、
互いの学びや成長を深める……と、
一言では説明が難しいのですが、
あらゆるワークショップ(ないしファシリテーション)の
核にあたるものがどうやらエンカウンター・グループの中に、
とくに非構成的なそれの中にありそうだと、
個人的に感じていました。

しかし、日本ではなかなか体験する機会がありません。
構成的エンカウンター・グループは、
国分康孝という方を中心とした流れがあるようです。
同じくグループを扱うものに
Tグループトレーニングがありますが、
どちらかといえば構成的です。
地域での小さな集まりや、
大学の授業で実施されることはあるようですが、
いまや非構成的エンカウンター・グループは
ほぼ失われつつあるのではないか、と橋本さん。

その特徴のひとつは、時間を要すること。
当初ロジャースとその仲間たちは、
1週間ないし2週間ほどの日程で行っていたそうです。
手法が一般化してゆく過程で、
長日程の参加や開催が難しいという理由からだんだん短くなり、
以前橋本さんが学んだ頃は三泊四日が多かったとか。

では、その四日間の「非構成的エンカウンター・グループ」を
開催してみようか!という企てに至った次第です。

思い立ったが吉日ということで、
急速に進めようとしています。来年ではなく
今年・2006年の10/30~11/3なのでお間違えなく。
平日ですし、参加できる人は限られるでしょう。
(すいません)

でも、
非構成的エンカウンター・グループを
一度体験してみたいという人は、
国内にある程度いるのではないか…
というのが私(西村)の予想です。
申込〆切は10/6(金)とします。ぜひご検討ください。


※ 今回のプログラムは収益事業ではなく、
西村の個人的な企画として開催します。
私を含む全員の頭数で必要経費(橋本さん謝礼や会場費)
を等分する形で参加費を算出し、数字もお伝えします。
人数が固まるまで参加費を確定できないこと、
どうかご了解ください。
会場までの交通費は自己負担です。
食事は三食付き。
キープ協会が会場の厨房で用意してくれます。
http://www.keep.or.jp/shisetu/shizen_school/stays/foresters.html
※ 最小開催人数は、
橋本さんを除き10名。最大18名程度で考えています。
万が一申込数が超過した場合は、
抽選ないし先着順で選ばせていただきます。
※ 一日のプログラムは今のところ、
午前(9:00~12:00)
午後(13:30~16:30)
夜(19:00~22:00)の3ブロック式で考えています。
   10/30 夜
   10/31 午前・午後・夜
   11/01 午前・午後・夜
   11/02 午前・午後・夜
   11/03 午前
初日・30日は15~18時の間に現地集合。
一緒に夕食をとった後、全員揃った状態でスタートさせます。
したがって遅刻は厳禁。
スタートを午後ではなく夜にしている理由は、
遠方からおいでになる方もいるかも…と考えたから。
ちなみに新宿発14:30の「かいじ109号」に乗ると、
甲府・小淵沢乗り換えで、清里着17:37です。
最終日・3日は12時にプログラムを終了し、
昼食をいただいて、13時解散とします。


◎お申込み方法:
  上記説明事項に必ず目を通し、
  以下の事項を10/6(金)までに、
  メールでお送りください。

   お名前:
   ご住所:
   連絡用メールアドレス:(複数可)
   連絡用電話番号:
   ご年齢:
   性別:
   お仕事・専攻など:(差し支えのない範囲で結構です)
   お申込みの動機:(必ずご記入願います)

  送付先アドレス eg@livingworld.net


◎お申込み完了までの流れ:
  ・10/13(金)までに、申込状況の結果と、
   最終的な参加費額をご連絡します。
   最小人数に満たなかった場合はこの時点で中止となります。
   あらかじめご了承ください
  ・一週間以内(10/20まで)に
   参加費をお振込みいただきます。
   お振込の確認をもって申込み完了とし、
   当日にむけた詳細情報をお送りします。

------------------------

リビングワールド
http://www.livingworld.net

11/25:プレイバックシアター

皆様へ。
新たに広島でのご縁をいただいて
プレイバックシアターWSを行います。
広島サロンっていう集まりです。
   
はしもとくにひこ

==========

★広島サロン11月度例会のご案内

広島サロンでは、初の試みとして、「部外の専門家をお呼びして定例会を実施してみよう」としています。 内容は「プレイバック・シアター」です。これまた、耳慣れない言葉で「いったい何??!」と思われる方も多いことでしょうね。
プレイバックシアターとは、即興の演劇で、1975年にニューヨークのJ・フォックスによって創られました。教育の現場や心に傷を負った人へのカウンセリングなどにも活用されています。
今回プレイバック・シアターの第一人者である橋本久仁彦氏をお迎えしようと計画中です。演劇といっても、演技力は全く必要なくて、演じてもいいし、見ているだけでもOKです。
 
橋本さんは様々な場所でワークショップを開催されていて、そのファシリテーターぶりを見るだけでも勉強になると思います。
 
私(なお)は昨年岡山で開催された、橋本さんのワークショップの1日コースを経験しました。「場」をよむ。自然体で存在していながら、学ぶ人の最大・最高のパフォーマンスを引き出すことができる・・・。橋本さんのファシリテーションから以上のようなことを感じました。
 
また、この6月に行われた関西支部の合宿でも「プレイバックシアター」がテーマとして取り上げられていました。

今「旬!」かもしれません。

橋本さんは大阪にお住まいで、わざわざ広島まで来ていただくため、参加に当たっては会費が必要。また多くの賛同者が必要です。もう少し詳しいことが知りたいと言う方は下記のアドレスにアクセスしてみてください。「午前のプログラムへ」と「午後のプログラムへ」をそれぞれクリックするとワークショップの様子が分かる写真が掲載されています。
http://benesse.jp/square/workshop/05summary.html


※既に申込みされている方には、
 近々(九月中に)ご案内をお送りいたします。
※そろそろ、定員に近し、参加を考えている方はお早めに、、、

日時:11月25日(土)13:00~17:00
場所:広島市中区袋町
   「広島市まちづくり市民交流プラザ研修室B」
   ☆広島駅から路面電車で二十分程度
    広島バスセンターから徒歩で十分程度
テーマ:「プレイバック・シアター」
講師:橋本久仁彦さん
参加費:5000円(今回はFAJ会員も同額)
申込方法:次のメールフォームにて申込み願います。
  要事前申込み
  ⇒http://form1.fc2.com/form/?id=96465

10/15:プレイバックシアター

グループパレットは、知的なハンディキャップをもつ女性と共に楽しく余暇を過ごそうとと活動しているグループです。
今回私たちがお届けするのは、最近ワークショップや医療や福祉、教育の場で活用されている『プレイバックシアター』。

プレイバックシアターとは<独創的な即興演劇>参加者が自分の体験したできごとを語る⇒すぐに即興劇として演じる大切な思い出が、仲間たちによってその場で即興に再現され、観客として見守る。一緒に、楽しんでその場を創っていくうちに「聴く」力、「支えあう」力もつく。

自分と相手の価値を見つめる場である「プレイバックシアター」をぜひ体験してみませんか。

●2006年10月15日(日)13:00~16:00
●講師:橋本久仁彦
   (国際プレイバックシアター"IPTN"プラクティショナー、
    シアター・ザ・フェンス代表)
●会 場:大阪YWCA 大阪市北区神山町11-12
●参加費:1,500円
    <グループパレットボランティア登録者と
     その家族は無料>

●申し込み先:大阪YWCA 担当職員:中谷
    TEL:06-6361-0838
    FAX:06-6361-2997
    E-mail:nakatani@osaka.ywca.or.jp

*-------------------------*
大阪YWCA なかたにみさこ
tel:06-6361-0838/050-3033-1375
fax:06-6361-2997
nakatani@osaka.ywca.or.jp
http://osaka.ywca.or.jp/

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。