最新のお知らせ

種類別のLIST

ともだち

最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/2-3:興正寺プレイバックシアターWS

来る9月2・3日(土、日)は、プレイバックシアターを通じて「我々はどのようにつながっていくのか」というテーマについて考えてみましょう。

我々自身の中心に存在する「スピリット」(本質)が、この物質的な人生を生きる我々に対して本当に望んでいるのはどんな生き方なのでしょう。

我々が本当に体験したかったことは何だったのでしょう。

前回参加のオーシャンズメンバーからのメールを紹介します。

「ぼくは前回の興正寺の最初のチェックインミーティングのときに、「いま、人生の壁にぶち当たっていて・・・」といったことを話したのですが、みえている風景がだいぶ変わってきたのです。

どう変わったかというと、人生に壁などなく、もし、人生に 壁があるのだとしたらそれは自分自身がつくりだした砂漠の蜃気楼みたいなものなのだ、と気づいたのです。

危なく、自分の人生の歩みを途中でストップさせてしまうところでした。 そして少しづつではありますが、いまここの風景がみえるようになってきました。少しだけ自分から自由になれた気がします。

それがみえるようになると、不思議とエネルギーが満ちてきます。なんか自分がここにいる実感が湧いてくるのです。

オーシャンズは特定のハコ(場所、事務所)を持ちません。でもメンバー1人1人から発せられるエネルギーがオーシャンズというグループをビルド・アップしていくんだとおもっています。

それは目には見えないけれど、エネルギーでできた建物を建築しているような感じです。

つまり、特定の既存のハコはないけれども、たしかに感じることのできる、メンバー1人1人のための建物、場所がオーシャンズなのかも知れません。そしてそのプロセスはもう始まっているのですね。

あ、それってまさにチームワークですね。(いまこの文章書いてて気づきました。笑。)

何かの目標に向かってみんなで均質化、集団化していくチームワークではなく、メンバーそれぞれの在り方が逆にチームをつくっていくようなチームワークです。

その可能性は無限だし、だからこそわくわく、どきどきします。」


プレイバックシアターは参加される皆さんの真剣なエネルギーによって そのつど建設される神聖な寺院のようなものだと思います。

古来より真実を求める無数の人々が興正寺の道場で聴聞を重ねてきました。本気で泣き、怒り、そして笑って存在の地平を越えていきました。

その同じ大広間で、尽きることなく再臨する「今・ここ」のエネルギーがプレイバックシアターを形作ります。

まったく初めての方も、何度も参加している方も、この空間の中ではともに「一味」となり、概念ではない「つながり」の味覚を楽しむことができるでしょう。

ご縁のある方々の御参集をお待ちしています。

PTプロデュース 橋本久仁彦

=========

会 場  興正会館(TEL 075-361-7666)
     JR京都駅より徒歩11分、西本願寺隣

日 時  9月2日(土) 13時40分 受付14時開始
      ~ 3日(日)16時10分まで  

定 員  18名

参加費  22,000円
     *宿泊費、会場費、研修費、3日の朝食費含む
     *学生20,000円、PTスピリッツメンバーは19,000円
     *通いでの参加は御相談ください。 


☆申し込み方法
開催5日前までに、葉書・メールで、
「住所、氏名、電話番号、 メッセージなど」を明記し、
上記橋本までお申し込みの上、
下記口座へ申し込み金1万円をお振込みください。
ご入金確認後、会場までの地図を送ります。
なお、申込金は原則としてお返しできませんので、
不参加の場合はどなたかに権利をお譲りください。

☆郵便振替口座
『00900-8-73215
 プレイバックシアタープロデュース』

☆橋本久仁彦
〒550-0023 大阪市西区千代崎2-20-8
携 帯:090-6066-7782
E-mail: pt-produce@bca.bai.ne.jp
スポンサーサイト

9/7-13:大人のための沖縄無人島キャンプ

これももう10数年続いている沖縄無人島キャンプの御案内です。
僕は必要に応じて参加者やグループプロセスをサポートします。

夜、砂浜で寝てる時、頭の横を生まれたばかりの海がめの赤ちゃんが横切っていった時はびっくりしたなあ・・・

橋本久仁彦

==============

『あなたのために 沖縄無人島キャンプがある。』

最近のあなたは、わくわく・ドキドキしていますか?
情報やモノが溢れている時代だからこそ、何もない無人島へ・・・
ただ自然と人との中で、ただ暮らすことしてみませんか?
生きているヨロコビを味わうために。

DATE  :2006年9月7日(木)~9月13日(木)
MONEY :129,000円(税別)(神戸空港発着)
       ※現地集合・解散 90,000円(税別)
      <神戸から往復の諸費、プログラム費、
       行程中の宿泊費、インストラクター費、
             キャンプ中の食費を含む>
PLACE :沖縄 トカシキ島
          となりの無人島(ギシップ島)
OBJECT:高校生以上 20名 (先着順)

私たちがご一緒します。
●橋本久仁彦(高校生教師時代には「教えない授業」を実践。
       スクール・オブ・プレイバックシアター日本校講師)
●伊勢達郎(自然スクールトエック代表)
●森己歩(自然スクールトエック スタッフ)

ホームページに詳しい情報あります。必見!!
お問い合わせ・お申込みは・・・
===============================
NPO法人 自然スクール トエック
〒770-0804 徳島市新蔵町1-80
TEL:088-626-3436
FAX:088-626-3533
E-mail:toec@asahi-net.email.ne.jp
URL:http://www.ne.jp/asahi/outdoor/toec/newpage23.htm

9/17-18:ミニカウンセリング研修会

このたび、1月に引き続き旭川でミニカウンセリングの研修会を開催することにしました。大阪で講座を持ち指導しておられる橋本久仁彦さんを講師にお招きして開催します。

このところ毎日のように伝えられる凶悪な事件に胸をいためているのは私だけではないと思います。このような現状にあって、ささやかながらでも一灯をともしたいと願っています。

ミニカウンセリングについては橋本さんの講座の最新の案内文を引用しますので、何かを感じとっていただければ幸いです。カウンセリングの知識や学習経験の無い方でも参加できます。皆様の参加をお待ちしております。              

2006年6月吉日 シアター・Zero 代表 田渕 久仁子

=========================
「私たちは、すべての人間が平和に、幸せに生きることができる、暴力のない安全な良い社会を育てる必要があります。あなた方はこのことに責任があります。

よい社会というのは、ある理想,一人の英雄や指導者、計画された組織やシステムによって生れることはありません。あなた方がこの場に生み出さなければならないのです。

なぜなら、あなた方が未来だからです。あなた方が世界をつくるのです。たとえ政治体制が変わっても今と同じような世界か、あるいは戦争や残忍な行為のない、他の人たちとともに寛大さと愛情をもって生きることの出来る世界を。 J.クリシュナムルティ」
 
彼の説く自由とは、支配や暴力からの自由ではなく、「思考からの自由」でした。我々の思考が暴力を生み出しているからです。

我々は現代に至るまで思考作用についてはあまり探求してきていません。思考することはあまりにも自明であり、考えることは自分自身そのものだと感じるからです。

また瞬時に動く思考のスピードは非常に早く、感情よりもさらに見つめることが難しいのです。そのためには、とても真剣な注意力が必要です。

しかしこころの中をすばやく動き回って我々の行動を支配する思考の動きを見ることが出来なければ、我々の人生は思考=記憶=過去に支配されたまま終わっていくことになり、生き生きとした新鮮な現在・今ここの命を生きることが出来ません。

思考を見つめる営みは一般に瞑想と呼ばれています。そして、世界には、思考をみつめることを助けるさまざまな方法があります。

ミニ・カウンセリングは15分間、二人の人間の間に起こる心理の動きやマインド(思考)の運動を見つめるための、とてもシンプルで効果的な方法です。

明晰な注意力と感受性によって思考の動きをとらえ、そのプロセスと同時に生き生きと生きる存在へと自分のあり方がシフトすること。これがミニカウンセリングの学習がもたらす効果だといえます。

また、このあり方は、学校教育の現場や家庭において、子どもたちに真っ先に伝えたい「真実を学ぶための態度」でもあります。

以上のような「学習」に関心のある方、または「私は見つめられない」と「思って」いる方のご参加をお待ちしています。

日常の暮らしとは少し違った不思議な学習空間をご一緒しましょう。
(橋本久仁彦)


<要項>
日 時 06年9月17日(日) 11:00~22:00・18日(月) 9:30~16:00
場 所 かみかわ荘
     旭川市永山5条19丁目1-22 TEL 0166-46-5300
講 師 橋本久仁彦(プレイバックシアタープロデュース代表)
研修費 20,000円
    宿泊を希望される方は、
    別途5,500円(朝食代含)がかかります
定 員 8名
締切  2006年9月3日(定員になり次第締切ます。)
申込先 田渕久仁子
     〒070-8016 旭川市神居6条5丁目2-3
    TEL 090-3119-2959
    申込金10,000円をそえてお申し込み下さい
    尚、不参加になった場合、返金は致しません。
交 通 かみかわ荘は、
    道北バス バス停、永山2条19丁目より徒歩5分、
    JR永山駅より徒歩8分。
付 記 小型のテープレコーダー、
    および筆記用具(鉛筆、消しゴムなど)をご用意下さい。

<橋本久仁彦氏略歴>
高校教師時代はパーソンセンタードアプローチに基く「教えない授業」を実践。
その後10年間、龍谷大学にてカウンセラーを勤める。2001年龍谷大学を退職し、プレイバックシアタープロデュースを立ち上げてその研究と普及に力を注いでいる。

<参加申込書 >
・性別:
・住所:
 〒                     
・宿泊:希望する・希望しない                                                   
・氏名:
・電話:

10/7-9:プレイバックシアタ-ワ-クショップ in 旭川

■と き  06年10月7日(土)14時~9日(月)16時 2泊3日
■ところ  遊湯ぴっぷ
      上川郡比布町北7線16号
      (Tel 0166-85-4700)
■主 催  シアター・Zero

■ご案内
プレイバックシアター(以下PT)はジョナサン・フォックスによって1975年にアメリカで生まれた台本のない即興心理劇です。アメリカをはじめ、ヨーロッパ、ニュージーランド、オーストラリアなど世界の約 30の国々に広がっており、日本には1984年に入ってきました。教育、精神治療、演劇、社会福祉などの分野で実践され、一般にも楽しむ人が増えています。

ジョナサンは次のように語っています。『PTの目的は批判なしに人の話しに耳を傾けることができ、集団の中で自発的に行動し、心を大きく開けるようになることです。PTは劇場ではありませんが、とてもドラマチックです。PTは決して治療法ではありませんが、とても治癒力があります。PTはゲームではないけれど、とても愉快です。私はPTが洞察力、健全な人間関係、そして新たな創造性への有力な手がかりだと信じています。』

今回は比布町の遊湯ぴっぷで行ないます。ワークショップ2日目には、我々シアター・Zeroのパフォーマンスを予定しております。10月のこの時期、北国は紅葉に染まり、鮮やかな秋の彩りが私たちを迎えてくれることでしょう。皆さんの参加をお待ちしています。

2006年7月吉日
シアター・Zero 代表 田渕 久仁子

《要項》
■講 師 橋本久仁彦
     (国際プレイバックシアター“IPTN”プラクティショナー、 シアター・ザ・フェンス代表)
■参加費 37,000円(研修費、宿泊費)
■定 員 15名
■申込先 〒071‐8134 旭川市末広4条6丁目 藤谷智子
     携帯 090-9755-0011
     申込用紙に10,000円を添えてお申し込み下さい。
     申込後不参加になった場合、申込金の返金はいたしません。
■締 切  2006年9月13日
■交 通  バス:旭川駅から道北バスで約40分、遊湯ぴっぷ下車。
     車:旭川から約40分(国道40号線) 

■橋本久仁彦氏略歴
高校教師時代はパーソン・センタード・アプローチに基く「教えない授業」を実践。
その後10年間、龍谷大学にてカウンセラーを勤める。
2001年龍谷大学を退職し、プレイバックシアタープロデュースを立ち上げてその研究と普及に力を注いでいる。


<参加申込書 >
・性別
・住所
 〒
・氏名
・電話

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。