最新のお知らせ

種類別のLIST

ともだち

最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョナサンへの手紙

皆様へ。

プレイバックシアターの創始者ジョナサン・フォックスは僕にとって、第一回カンボジア遠征の時からのよき理解者です。

彼に今回のカンボジアでの経験について手紙を書きました。

読み返してみて、内容を皆様にもシェアしたいと思いましたのでよろしければどうぞご覧くださいませ。

第5次カンボジア遠征は来年後半に予定しています。

事前に2回のチームビルド合宿を通じてオーシャンズプロジェクトの考え方をシェアし、プレイバックシアターやエンカウンターグループ、ダンスムーブメントなど人間の本質に接近する為のメソッドについてトレーニングをします。

関心のある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

オーシャンズチームはカンボジアの人々を援助しに行くものではありません。

我々がそこで生きる為に向かいます。

実際のところ、緑豊かなカンボジアの田園地帯に入り、貧しくともシンプルに生きる人々とともに生活することで、自分自身の本質的なエネルギーに再び触れ、「援助」されるのは我々の方なのです。

ですので、深い敬意を持って、アンコールワットを生み出したクメール民族の精神を引き継ぐ人々の国に降り立つ事になります。

近い将来、皆様とカンボジアへの冒険の旅をご一緒できるご縁を心から楽しみにしています。


オーシャンズ・プロジェクト・ファシリテーター  橋本久仁彦





ジョナサンへ。

お元気でしょうか。

いつも我々のカンボジア遠征を応援してくださってありがとうございます。

お蔭様で10月11日、第4次オーシャンズ・カンボジアメンバー10名は無事帰国いたしました。


今回は、日本カンボジア友好学園(CAMBODIA-JAPAN Friendship Middle And High School)でプレイバックシアターや日本語を教えた後いつもとは違った特別な出来事がありました。


1975年から4年間続いたポルポト政権の恐怖政治を生き抜いた今年72歳のコンボーンさん(Mr.KONG VORN)が、もう2度とこのような事が起こらないようにという願いを込めて自分のふるさとであり、カンボジアで最も貧しい地区とされているベトナム国境近くのプレイベン州(Prey Veng Province)にこの学校を建てました。


運営の為の財源や良い教員の確保が大変なので、コンボーンさんは「朝起きてから夜ベッドに入るまで、学校のことを考え続けている」とおっしゃっています。


学校の人気は高く、30キロ四方の地域から通ってくる生徒がいるほどです。


11,2歳から17,8歳までの生徒は、現在800名ほどで、家族全員の期待を一身に背負って入学した為、誰もさびしくても途中で勉強を投げ出したりはしません。



夢をかなえてよい仕事に就き、家族に仕送りする為に懸命に勉強しています。


我々オーシャンズチーム(この遠征のためにトレーニングしてきたプレイバックシアターのチーム)も、彼らの夢や、家族への気持ち、生活の苦しさ、学校で学べたり、仲間と付き合える楽しさを演じてきました。


4回目の訪問となった今回は偶然カンボジアのお盆の時期と重なっていました。


この儀式的な時期には、カンボジアの人々はふるさとの村に帰って、お寺に食べ物を持って集まり、お坊さんたちとお経を唱和した後、先祖たちにお供えして供養するのです。


我々オーシャンズチームもコンボーンさんに招かれて、地平線まで緑の田んぼが広がり、ところどころにヤシの木が立っている雄大な景色の中、細いでこぼこ道を車でひた走り、奥地の村の石造りのお寺にぎっしり集まった、200名以上の地元の人々とともに座ってセレモニーを経験しました。


人々とともにお経を唱和し、線香を上げ、カンボジア式に3回お辞儀をして遠いご先祖様や亡くなった人々に、炊き上げたばかりの白米を捧げました。


我々にとっては初めて入ることのできた、最深部のカンボジアに生きる人々のセレモニーでした。


そんな折、コンボーンさんと授業の事を相談していた田中聡君(オーシャンズ・プロジェクトのパートナーでシアター・ザ・フェンスメンバー)が、話の流れで、コンボーンさんのポルポト時代の経験にも関心があることを伝えたところ、なんと、「行ってみよう」と言ってくださったのです。


今までは言葉では説明してくれても、実際に現場に行くような雰囲気ではありませんでした。カンボジア人の多くが語りたがらない非常に辛い経験だし、実際に危険でもあるからです。


しかし、コンボーンさんの我々への信頼の気持ちを強く感じたことと、カンボジアを本当に知る為には、この旅は避けて通れないと考えたオーシャンズチームの10人は、通訳をしてくれているこの学校の卒業生ラッタナ君(Mr.RATANA)とともに車(バン)に乗って出発したのです。


4時間ほどドライブしながら、当時、共同通信の現地通訳だったコンボーンさんが、ポルポト軍(Pol Pot)(クメール・ルージュ Kjmer Rouge) によって収監されていた場所を訪れました。
ここでは連日、「お前は字が読めるのだろう?」と尋問を受けましたがコンボーンさんは必死で字が読めない文盲の農民の振りをしました。


コンボーンさんは収容所の畑で強制労働をさせられながら、字が読める事がばれた人たちが近くの林へ連れて行かれてハンマーで殴り殺されて穴に放り込まれるのを何度も見ているからです。


それから我々はメコン川沿いに走り、プノンペンから着の身着のままで強制移動させられた後、家族と引き離された寺院や、殺される直前に裸で、後ろ手に縛られたまま逃走したキリングフィールドのすぐそばまで実際に赴き、現場に立ちながらコンボーンさんが、自らの体験を振り返るお手伝いをすることができました。


実際にその場所にいた1975年以降一度も訪れた事のない現場に、コンボーンさん自らが再び立ち、フラッシュバックするつらい感情に心身をさらし、逃走時に鉄砲で撃たれた太ももの傷や、兵士がナイフを2度首筋に突き立てて穴に放り込む様子まで事細かに表現してくださいました。


時に涙を流し、時に両手を合わせて拝みながら、我々10名の日本人のグループに、身振り手振りで直接体験を伝えてくださったのです。


現場は、カンボジア国内ではまだ表面に現れていないキリングフィールド(人々を殺害し複数の穴の中に埋めた場所)で、周辺には、ポルポト軍に協力した人々が住んでいる可能性があります。


そのため、人目につかないよう警戒しながらの旅となりました。


我々にとっては、非常に重い、多くの人々の魂を感じながらの厳しい旅となりました。


プレイバックシアターや夜遅くまでのメンバー同士の語り合いは、むしろ我々日本人がこのカンボジアでの特殊な体験の中に意識的に立ち続けるために大いに役立ちました。


なぜ、我々とともに現場に再び立つ危険を冒すのかという問いにコンボーンさんは「絆」と日本語で一言応答し、我々が帰国する日には、我々に両手を合わせながら(カンボジアの挨拶の形)微笑んで「安心しました。」と言ってくださいました。


この経験で、不思議な事に我々日本人メンバーの言動やプレイバックのアクティングは飛躍的に深く、本質的な力を持つようになり、それぞれの人生に反映し始めています。


トレーニングや教室の場とは違った次元での体験と学びであったのだと思います。


また、首都プノンペン(Phnom Penh)にあるトゥール・スレーン(クメール・ルージュが子供を含む約2万人の殺戮のために使った学校の校舎で、当時のままの姿で見学できるようになっており、処刑される直前の人々の顔写真が展示されている・Tuol SlengGenocide Museum)を訪れたときにも、今までになかったことがありました。


しばらく我々を見つめていたクメール人のおじいさんが声を掛けて来たのです。
なんと彼は、この虐殺の生き残りの7人のうちの一人でした。
彼が指差す展示場に掲げられた一枚の白黒の写真の中に、他の6人とともに立っている彼のやせ細った写真がありました。


彼はコンボーンさんと同じように、身振り手振りで、彼が閉じ込められていた、たたみ一畳ほどの狭いコンクリートブロックの仕切り部屋の中に入って、当時の模様を語ってくれました。


拷問のときに穴をあけられた足の親指の傷を示しながら、真剣な表情で語る痩せたおじいさんの姿を、我々はただ息を呑みながら見つめていたのでした。


過去3回のカンボジア遠征では、主として子供たちや、シェルターに避難した極貧の女性たちを訪ねて語り合い、プレイバックシアターを通じて深い感情に触れる交流を行ってきましたが、4回目にしてオーシャンズ・カンボジア・プロジェクトは新たな段階に入ったと言えます。


また、メンバー全員と僕自身の人生にとっても重要なターニング・ポイントとなりました。


今回の旅でもやはり我々は、人が生きていく真剣さや、深くコミットしあった時に互いに感じることのできる信頼の気持ちや絆の感覚を実感することができました。
遠征を実施して本当に良かったと思います。
 

僕はジョナサンが暖かいまなざしでいつも見守って下さっている事を感じています。


オーシャンズチーム全員を代表して、今回の遠征のご報告とともに感謝の気持ちをお伝えしたいと思いました。


今後ともよろしくお願いいたします。


    オーシャンズ・カンボジア・ファシリテーター   橋本 久仁彦
 


スポンサーサイト

第8回福岡プレイバックシアターin基山のお誘い

皆様へ。

以下のように、深秋の11月、福岡プレイバックシアター主催のプレイバックシアター・ワークショップを開催いたします。

僕にとってはご縁の深い仲間が活動している拠点が九州に二つあります。

一つは佐賀市のプレイバックシアター(「のびのびハート」の裕ちゃん)

もう一つが以下の福岡プレイバックシアターです。

現在、調浄信氏、松尾敏史氏、土本佳奈氏の3氏が中心となってエネルギーを注いでいます。

会場は調氏のお寺の敷地内にあります。

僕は、九州の人たちはほんとに人間が好きな人が多いなあと感じています。

僕のふるさと大阪の人たちはオープンで気さくな人が多いと感じますが、九州は、見た目はシャイでも、あったかい、大きな人が多いような気がします。

なので今回も大いに楽しみです。

よろしければぜひご参集くださいませ。

お目にかかれますご縁を一同楽しみにしています。

                   橋本久仁彦

以下ご案内・・・

金木犀の薫り漂うこの頃です。お元気ですか。
大阪より橋本さんをお呼びして、プレイバックシアターのワークショップを開催します。
基山での開催は久しぶりです。
是非おいでください。焚き火も待っています。
ワークショップの流れはあるかと思いますが、途中(部分)参加も可能です。

--------------------
日時:平成22年11/20(土)13:30~11/21(日)16:00
洗心寮 研修センター (佐賀県三養基郡基山町宮浦822)
※JR基山駅より車で5分(送迎有)
参加費  18,000円(研修費、宿泊費)※夕食、懇親会、お風呂は別途必要

■お問い合わせ・申込み先

    松尾敏史 maccha7777777@yahoo.co.jp

申込み方法 

①11 /12(金)までに、氏名、年齢、性別、住所、電話番号、参加動機をご連絡下さい。

②申し込み金1万円を郵便振替口座 『普通 (記号:17780-2 番号2830211)
シラベ キヨノブ』 へお振込み下さい。申込み完了です。
*申込金は原則としてお返しできませんので、
不参加の場合はどなたかに権利をお譲りください。
③受付後、参加資料をお送りします。



第4次オーシャンズ・カンボジア遠征チーム帰国のご報告。


皆様へ。

お蔭様で第4次オーシャンズ・カンボジアメンバー10名は
昨日、無事帰国いたしました。


今回は、当時、共同通信の現地通訳だったコンボーン氏とともに、
氏がポルポト軍(クメール・ルージュ)によって収監されていた場所や、家族と引き離された寺院、殺される直前に逃走したキリングフィールドのすぐそばまで実際に赴き、現場に立ちながら氏自らの体験を振り返るお手伝いをすることができました。


実際にその場所にいた1975年以降一度も訪れた事のない現場に、氏自らが再び立ち、フラッシュバックするつらい感情に心身をさらしながら我々10名の日本人のグループに、直接体験を伝えてくださったのです。


現場は、カンボジア国内ではまだ表面に現れていないキリングフィールド(人々を殺害し複数の穴の中に埋めた場所)で、周辺には、ポルポト軍に協力した人々が住んでいる可能性があります。


そのため、人目につかないよう警戒しながらの旅となりました。


我々にとっては、非常に重い、多くの人々の魂を感じながらの厳しい旅となりました。


エンカウンターグループやプレイバックシアター、ファミリーコンステレーションなど、我々が携帯して行った精神的ツール(グループメソッド)は、むしろ我々日本人がこのカンボジアでの特殊な体験の中に意識的に立ち続けるために大いに役立ちました。


なぜ、我々とともに現場に再び立つ危険を冒すのかという問いに氏は「絆」と日本語で一言応答し、我々が帰国する日には、我々に両手を合わせながら(カンボジアの挨拶の形)微笑んで「安心しました。」と言ってくださいました。


この経験で、不思議な事に我々日本人メンバーの言動やアクティングは飛躍的に深く、本質的な力を持つようになり、それぞれの人生に反映し始めています。


トレーニングや教室の場とは違った次元での体験と学びであったのだと思います。


4回目にしてオーシャンズ・カンボジア・プロジェクトは新たな段階に入ったと言えます。
また、メンバー全員と僕自身の人生にとっても重要なターニング・ポイントとなりました。


また場を改めて、ご報告させていただきたいと思います。

皆様には暖かいまなざしで見守っていただき誠にありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

      オーシャンズ・カンボジア・ファシリテーター   橋本 久仁彦
                       

ER<エンカウンター・レボリューション>オープンのお知らせ


皆さまへ。

以下のようにエンカウンターレボリューションの開始をお知らせいたします。
非構成的エンカウンターグループを町の中で継続的に実施していくことになります。
魅力的かつ個性的なファシリテーターが続々とエントリーしています。
全く初めての参加でも大歓迎です。いつでもお気持ちが向いたグループに
「ちょっと坐りに」おいでくださいませ。

ファシリテーター一同、心よりお待ちしています。

橋本久仁彦



ER<エンカウンター・レボリューション>が、いよいよオープンします。
大阪周辺を中心に、遠くは東京からもファシリテーターの参加が
ありました。
期間中各々のファシリテーターがグループを開きます。
グループ日程は以下をご覧ください。
また特設サイトをオープンしましたので、そちらもあわせて
ご確認ください。各ファシリテーターのプロフィールなどを
見ることができます。今後も魅力的なグループが増えていきますので
是非webサイトをチェックしてみてください。
皆さん奮ってご参加ください。

フェンスワークス 田中聡 橋本仁美

ER特設サイト
http://www.fenceworks.jp/fenceworks/toppu.html



【ER開催グループ日程】--------------------------------


「こや。」in なにわ。
■ファシリテーター 田中 恵子/ 小松 泰子
■日にち 10月8日(金)~ 10月・11月の隔週金曜日全4回開催
■時 間 19:00~22:00



the Womb
■ファシリテーター:松岡弘子(くぅ)
■日にち 10月14日(木)/ 11月21日(日)/ 12月16日(木)
■時 間 12:00~15:00 / 10:00~16:00( 11月21日)
■参加費 1,500円 / 3,000円( 11月21日)


エンカウンターグループ「ザ・ダンス」
■ファシリテーター:斎藤 久義/coファシリ 海老原 晴子
■日にち 10月24日(日)
■時 間 10:00~16:30
■参加費 3,000円


1day エンカウンターグループ
■ファシリテーター: 大野 あゆみ(みゆ)
■日にち 11月6日(土)
■時 間 10:00~16:00
■参加費 2,000円


en座
■ファシリテーター: 藤岡 延樹(あんちゃん)
■日にち 2010年11月14日(土)/ 2010年12月12日(日)
■時 間 17:00~21:00
■参加費 2,500円
-----------------------------------------------------------------------

グループ参加のお申込は、以下の項目を明記の上 下記アドレスまでご連絡ください。

・お名前(よみがな)
・当日の緊急の連絡先(携帯電話番号)
・申込むグループの日にち
・グループタイトル

fenceworks2010■gmail.com(■を@に変換してご利用ください。)
フェンスワークス事務局 担当 橋本仁美

服部滋樹×橋本久仁彦@中之島デザインミュージアムde sign de>

皆様へ。

あさっての木曜日19時より、
中之島デザインミュージアム de sign de >(http://www.designde.jp/)
にて、クリエイティブユニット“graf”代表のデザイナー、
服部滋樹氏と対談を行います。

氏とは琵琶湖のCIMJでご一緒するうちに意気投合しました。

建築やデザインについての氏のアプローチと、
プレイバックシアターやエンカウンターグループ、ミニカウンセリングでの
僕のアプローチが、相互作用する模様を見ていただけるかと思います。

どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。

                     橋本久仁彦


以下事務局からのご案内です。

「de sign de > talk」(デザインでトーク)

開催時間 開始19:00~(受付18:30~会場入口にて)
      参加費 ¥1,000(1ドリンク付)
*終了後にコミュニケーションパーティあり(参加自由、ドリンク有料)

定員 60名(椅子席は先着順/立見あり/予約不要)
会場 中之島デザインミュージアム de sign de >

問合せ先 中之島デザインミュージアム de sign de >
 事務局(担当:大野) T 06-6243-4330 E-mail: info@designde.jp

de sign de > talk とは 中之島デザインミュージアム de sign de > の
オープン先行イベントの一環で、de sign de > コミッティメンバーによるリレートークです。
2011年春のグランドオープンを前に、de sign de > が目指す活動の輪郭を対談形式のトークセッションで伝えていこうとする試み。

会場からの発言も大歓迎です。

<予定> 第1回 2010年9月9日(木曜)
「コミュニティーのための場とプログラム」
話し手: 橋本久仁彦(プレイバックシアタープロデュース 代表)
服部滋樹(デザイナー、クリエイティブディレクター)

大人の沖縄無人島キャンプ最終のご案内

皆様へ。

お元気でしょうか。

熱帯夜が続きます。
しかし沖縄・渡嘉敷島沖のギシップ島の夜は快適です。
満点の星空を見上げながら、適度に冷たい砂浜の砂を背中に感じつつ、運がよければ夜中に海がめの赤ちゃんが枕元を通過する音に起こされる。。

流れる時間は都会にはない、生き物としての時間のみです。
そんな時間の中で出会う「出会い」は、生き物としての出会いに近いのかな。

いつまでも心の中で、島で一緒に過ごした仲間の笑顔はあせることがありません。

沖縄の太陽と海の美しさ(しまんちゅぬたから)が色あせないのと同じように。

主催は下記TOEC。
代表の伊勢達郎氏は僕の大学時代からの盟友で、坂本龍馬をこよなく愛するインドア・アウトドア両刀使いの実力派ファシリテーター。

ふな、こと渡辺有紀氏はそのTOECを支える屋台骨であり、伊勢氏とのコンビネーションで、非構成的・アウトドア・エンカウンターグループとでもいうべきフィールドを生み出す安定感抜群のコ・ファシリテーターです。

彼らと僕の3人がスタッフとして同行します。

ロマンチックな熱帯の島での日々をぜひご一緒しましょう。

おそらく僕や伊勢氏は夜な夜なアホなこと言ってるだけかも知れませんが奇特な参加者は僕らの行動に何か意味を見つけてくださるでしょう。

そして普通の参加者は、僕らが特に「成長」もしていないただのおっさんであることをありのままに発見します。

でも大丈夫です。無人島の青い海や、様子を見に現れる野生のヤギたちはファシリテーターのチカラなど必要としていません。

島そのものがファシリテーターだからですね^^

今回も島に任せて環境とひとつになった自分の意識を楽しみたいと思います。

お気持ちのある方はぜひご一緒いたしましょう。

                       はしもとくにひこ


お申し込み・お問い合わせは以下まで。

◆大人の無人島キャンプ
美しい青い海・白い砂浜・快適な生活・そして仲間との出会い。
何をしても、しなくてもいい自由がここに。
究極のフリーキャンプをしましょう!

日時:2010年9月4日(土)~10日(金)6泊7日
集合は3通り選べます。
沖縄那覇市内・伊丹空港・徳島市内
     
対象:18歳以上。参加してみたい方。20名定員。
    フリーキャンプやキャンプ・カウンセリング・ファシリテーション・
    教育などに興味のある方
    ※アウトドア技術や経験は問いません。

同行スタッフ:橋本久仁彦(プレイバックシアタープロデュース)
伊勢達郎(自然スクールトエック代表)
渡辺有紀(自然スクールトエックスタッフ・ふな)

参加費:那覇集合94,500円
伊丹空港集合135,450円
     
詳しくはhttp://www.ne.jp/asahi/outdoor/toec/okinawa.a.htm

・初日と最終日は、那覇市内の宿泊施設にて泊まります。
 他の日程はテント泊です。

~~~~~~~~~~~~~~~~





プレイバックシアタープロデュース
 ptproduce@bca.bai.ne.jp
http://ptproduce.com/
http://kunis.blog50.fc2.com/
 
   橋本 久仁彦

いよいよ明日からコンタクト・インプロ・ミーティング・ジャパンが始まります!


皆様へ。

いよいよ明日から、びわ湖ホールにて、CIMJ、
コンタクト・インプロ・ミーティング・ジャパンが
始まります。

この場に集まってくる「オドル人々」は、とても魅力的です。
僕自身がここでたくさんの得がたい出会いを経験しています。

あるエネルギーフィールドに生きる民との出会い、
異なる領域の住民との出会い、
未知のコミュニティとの出会い、がすごく面白いです。

個人主義の時代が終わりを告げ、今世紀は
我々が全員で螺旋を描きながら上昇していく動きを見せています。

それは僕の目には「ダンス」の動きであるように見えます。

加えて、コンタクト とは、いったい何に接触することであるのか
見つめてみたいと思います。

ダンサーというには、少々無理がある僕のような男でも
自分自身のエネルギーに「接触」して生きているという意味では
オドリ手であるといえるのかもしれません。

自分自身をオドリ続ける皆さんとお目にかかれますことを、
心から楽しみにしています。
                     
                            はしもとくにひこ


**プログラムは以下のHPからご覧くださいませ。

http://www.cimj.net/profile.html
~~~~~~~~~~~~~~~~







プレイバックシアタープロデュース
 ptproduce@bca.bai.ne.jp
http://ptproduce.com/
http://kunis.blog50.fc2.com/
 
   橋本 久仁彦

「くにちゃん繋がり、この指とまれ」のお知らせ

皆様へ。

東京在住のジンこと斉藤久義氏が
以下のような呼びかけを行っています。

サポートスタイリストの天野さん、細野さんも
ぜひ皆様にご紹介したい魅力あふれる人物です。


どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。

              はしもとくにひこ


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
どーも、ジンと申します。


くにちゃん(橋本久仁彦さん)繋がりで
ご縁のあった人たちに、ご案内しています。

くにちゃんのワークショップとかで、あの場や感覚が心地よく、
そこで まさに出遭いがあり、共にいたメンバーと別れて、また、日常の世界に戻る。

そのあと、自分の住んでる地域や周りには、
あの時、一緒に過ごしたメンバーと、なかなか接点がなかったりする。
 
で、くにちゃん繋がりの仲間たちと、
もっと身近に、お茶や食事をしたり、熱く語りたいなぁーっと。

再び、新しく出遭った仲間と、ミニカンモードで深く話し合ったり、
エンカウンターモードで、ダイビングしあったりとか。
またエンカウンターやプレイバックシアターに、参加しようっというような話になるとか。

そうなったら、いいなーと。

ということで、くにちゃん繋がりの仲間と、
再び出遭う場が日常にあると、どんな繋りになっていくのかなぁと。

そうすると、何が起こり、どう繋がっていくのか?
まさにエンカウンターのように、わくわくしてきました。

ぜひ、懐かしい再会、新しい出遭いを創造してみませんか。
ここで逢える可能性を楽しみにしています。


●「くにちゃん繋がり、この指とまれ」

【日 時】
8月28日(土)13:30~17:00
※終わった後に有志にて、近場で晩御飯行きます。
途中参加・退出、晩御飯のみ参加でもOKです。

【場 所】
浜田山会館 和室(2階)
http://mappage.jp/popup/popmap.php?X=2.4370591320626&Y=0.62268506801367&L=12&KanriNo=13115S040152&init=yes
東京都杉並区浜田山1-36-3 
京王井の頭線 浜田山駅 徒歩5分

【参加費】
 300円

【申込先】
ジン(齊藤 久義)
soulmate@osaka.email.ne.jp
archemistgin@docomo.ne.jp
090-7888-2919
8/27(金)までに上記いずれかにご連絡・申込ください。

※会場は東京ですが、各地からのご参加をお待ちしております。
 (^_^)

下記☆印2点をお書きください。
☆ニックネームまたはお名前
☆連絡先(当日連絡のためよければ携帯番号)

●呼びかけ人
 ジン(Gin)
●サポートスタイリスト
 天野 日佐恵(アマノ企画)、 細野 瑠璃子

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

大人の沖縄無人島キャンプ2010のご案内

 

続きを読む »

CIMJ・コンタクト・インプロヴィゼーション・ミーティング・ジャパン2010in滋賀のご案内


皆様へ。

今夏も、第15回京都国際ダンスワークショップフェスティバルとして、
CIMJ、コンタクト・インプロ・ミーティング・ジャパンが、雄大な琵琶湖を
望む大建築「びわ湖ホール」にて開催されます。

いつのまにか僕も自分とコンタクトインプロとの「懲りない関係」を
自覚するようになりました。

今回もモノクロームサーカスの気鋭のダンサー野村香子氏とともに
クラスを担当させていただいて、
コンタクト・インプロやコンテンポラリーダンスが示す存在様式が、
端的に言って、我々が足を引きずりながら何とか生きている人生の場を
生き生きとした自己実現の場に変えてしまうパラメーター(媒介変数)であると
いうことを指摘してみたいと思います。

これらのダンスムーブメントが、
我々が日々生活しているコミュニティの中に働き場所を得れば、
それはプレイバックシアターの領域とほぼ重なることになります。

僕にとってはエンカウンターグループやカウンセリングとも重なります。

動かずに座って自分自身や人生について深く語り合うグループと
空間を自由に流動するダンスとが
なぜ同じ体験だと言えるのでしょうか?

あぁ、ものすごく同じですね!
誰か僕の話を聞いてください(^^)/


この場に集まってくる「オドル人々」は、とても魅力的です。
僕自身がここでたくさんの得がたい出会いを経験しています。

特定の誰かとの出会いとは違う味わいを持つ、
このような身体表現民族との出会い、

あるエネルギーフィールドに生きる民との出会い、
異なる領域の住民との出会い、
未知のコミュニティとの出会い、がすごく面白いです。

個人主義の時代が終わりを告げ、今世紀は
我々が全員で螺旋を描きながら上昇していく動きを見せています。

それは僕の目には「ダンス」の動きであるように見えます。

CIMJは、異なる領域で生きる人々が、オドル民族の国を訪れて開催される
年に一度のお祭り(ダンスワークショップ・フェスティバル)です。

皆さんとお目にかかれますことを楽しみにしています。
                     
                            はしもとくにひこ


**プログラムは以下のHPからご覧くださいませ。

http://www.cimj.net/profile.html
~~~~~~~~~~~~~~~~

CIMJ・コンタクト・インプロヴィゼーション・ミーティング・ジャパン2010in滋賀のご案内

皆様へ。

今夏も、第15回京都国際ダンスワークショップフェスティバルとして、
CIMJ、コンタクト・インプロ・ミーティング・ジャパンが、雄大な琵琶湖を
望む大建築「びわ湖ホール」にて開催されます。

いつのまにか僕も自分とコンタクトインプロとの「懲りない関係」を
自覚するようになりました。

今回もモノクロームサーカスの気鋭のダンサー野村香子氏とともに
クラスを担当させていただいて、
コンタクト・インプロやコンテンポラリーダンスが示す存在様式が、
端的に言って、我々が足を引きずりながら何とか生きている人生の場を
生き生きとした自己実現の場に変えてしまうパラメーター(媒介変数)であるということを指摘してみたいと思います。

これらのダンスムーブメントが、
我々が日々生活しているコミュニティの中に働き場所を得れば、
それはプレイバックシアターの領域とほぼ重なることになります。

僕にとってはエンカウンターグループやカウンセリングとも重なります。

動かずに座って自分自身や人生について深く語り合うグループと
空間を自由に流動するダンスとが
なぜ同じ体験だと言えるのでしょうか?

あぁ、ものすごく同じですね!
誰か僕の話を聞いてください(^^)/


この場に集まってくる「オドル人々」は、とても魅力的です。
僕自身がここでたくさんの得がたい出会いを経験しています。

特定の誰かとの出会いとは違う味わいを持つ、
このような身体表現民族との出会い、

あるエネルギーフィールドに生きる民との出会い、
異なる領域の住民との出会い、
未知のコミュニティとの出会い、がすごく面白いです。

個人主義の時代が終わりを告げ、今世紀は
我々が全員で螺旋を描きながら上昇していく動きを見せています。

それは僕の目には「ダンス」の動きであるように見えます。

CIMJは、異なる領域で生きる人々が、オドル民族の国を訪れて開催される年に一度のお祭り(ダンスワークショップ・フェスティバル)です。

皆さんとお目にかかれますことを楽しみにしています。
                     
                            はしもとくにひこ


**プログラムは以下のHPからご覧くださいませ。

http://www.cimj.net/profile.html
~~~~~~~~~~~~~~~~







プレイバックシアタープロデュース
 ptproduce@bca.bai.ne.jp
http://ptproduce.com/
http://kunis.blog50.fc2.com/
 
   橋本 久仁彦

シアター・ザ・フェンスCASO動画アップのご案内

皆様へ。

CASOでのシアター・ザ・フェンス・アーティストブランチによる
コンテンポラリー・ダンス・ライブの映像をネット上にアップしました。

以下は踊り手のむっちゃん(岡山睦美)からの言葉です。

雰囲気は伝わるかと思いますのでお暇な折にでもどうぞご覧くださいませ。


(なお、6月1日のCASOでの劇団まざぁりぃふによるプレイバックシアターは
6月8日火曜日の大阪日日新聞に写真掲載されました。
ありがとうございました。

ラジオ大阪による放送はこれからだと連絡がありましたが日程は未定です。)

                         橋本久仁彦


「みなさま

あんちゃんが6/2、海岸通りギャラリーCASOで行われました「Rasa~露~」をYouTubeにアップしてくださいましたm_ _m。
撮影してくれたのは、そうくんかな・・・?

ありがとうございます!!


http://www.youtube.com/watch?v=vecLbXR2B9Q&feature=player_embedded


よかったら、どうぞご覧くださいませm_ _m」

第4次オーシャンズ・カンボジア遠征日程のお知らせ


皆様へ。

いよいよ夏って感じですが、お元気でしょうか。

第4次オーシャンズ・カンボジア遠征へのお問い合わせが
多くなってきました。

日程は既に決まっていますので、お伝えしたいと思います。

{行程}
カンボジアの首都プノンペンからメコン川を越えてプレイベン州リング村へ。
そのまま滞在して、学校での授業担当、プレイバックシアター公演、
村人や子どもたちとの交流、毎日夜のエンカウンターグループ、
スコールの中でのダンス、巨大な星空の下の散歩など、
メンバーの瞬発力に応じてやりたいことをやっていきます。


日程 10月2日(土)~11日(月祝)

チームビルド合宿(大阪)
第一回 7月31日(土)、8月1日(日)   
第二回 9月11日(土),12日(日)
   

詳細については、事務局までご確認ください。

カンボジア・オーシャンズ・プロジェクト事務局
  田中 聡(フェンスワークス)
   fenceworks2010@gmail.com




~~~~~~~~~~~~~~~~

プレイバックシアタープロデュース
 ptproduce@bca.bai.ne.jp
http://ptproduce.com/
http://kunis.blog50.fc2.com/
 
   橋本 久仁彦
(6月27日)

夏休み!上勝“少年”探偵団のご案内


皆様へ。

毎夏恒例のロングランワークショップ
上勝“少年”探偵団のご案内です。

エンカウンターグループやプレイバックシアター、ダンスなど
なんでも起こりうるワークショップです。

今回はチラシに書かれている文章をそのまま転記します。

               はしもとくにひこ


~おさそい~

里山の自然、緑の山々ときれいな川に囲まれた上勝で3泊4日、
あらかじめのプログラムは何もなく、ただ過ごし、ただ遊びます。

沢登りをしたり、焚き火をしたり、屋根の上で星空を見上げたり、
バトミントンに白熱したり、唄を歌ったり、うまーいもん作ったり、
昼寝をしたり、何もしなかったり。。

その時々に好きなことをしていってください。

とっても長く続いているワークショップなので、先人たち(?)が
みつけて残していった癒しや遊びがたくさんあります。

今度は来られたあなたが、また新たな過ごし方を発見するかもしれません。

そして、上勝には「シェパード並みの大きさのキツネを見た!」という
“あさひ”のご主人をはじめ、
ほら貝片手に山を走り回る人などとってもフシギな、
面白い人たちがいます。

今年もまた、上勝“少年”探偵団がやってきます。

この夏休み、上勝で過ごしてみませんか。
お待ちしています!


日程 8月27日金曜日15時から30日月曜日13時まで。

会場 徳島県上勝町「山の楽校あさひ」

定員15名程度(18歳以上で興味のある方)

参会費 39,000円(宿泊・食費含む)

申し込み先 tanteidan_shonen@yahoo.co.jpまで
①氏名、②住所、③連絡先、④生年月日(旅行保険加入のため)
⑤やりたいプランなど  を送ってください。
 

郵送の場合
 915-0082 福井県越前市国高3-12-50
     泰円澄(たいえんちょう)一法 宛て

~~~~~~~~~~~~~~~~






プレイバックシアタープロデュース
 ptproduce@bca.bai.ne.jp
http://ptproduce.com/
http://kunis.blog50.fc2.com/
 
   橋本 久仁彦

シアター・ザ・フェンスCASO動画アップのご案内


皆様へ。

CASOでのシアター・ザ・フェンス・アーティストブランチによる
コンテンポラリー・ダンス・ライブの映像をネット上にアップしました。

以下は踊り手のむっちゃん(岡山睦美)からの言葉です。

雰囲気は伝わるかと思いますのでお暇な折にでもどうぞご覧くださいませ。


(なお、6月1日のCASOでの劇団まざぁりぃふによるプレイバックシアターは
6月8日火曜日の大阪日日新聞に写真掲載されました。
ありがとうございました。

ラジオ大阪による放送はこれからだと連絡がありましたが日程は未定です。)

                         橋本久仁彦


「みなさま

あんちゃんが6/2、海岸通りギャラリーCASOで行われました「Rasa~露~」をYouTubeにアップしてくださいましたm_ _m。
撮影してくれたのは、そうくんかな・・・?

ありがとうございます!!


http://www.youtube.com/watch?v=vecLbXR2B9Q&feature=player_embedded


よかったら、どうぞご覧くださいませm_ _m」


「一人主義Night-ユーモアの行方ー」小さな勉強会with亀田恵子inCAVEのご案内


皆様へ。

今年の9月、長野県の松本ヴィオパーク劇場にて
ヒトリ主義Night第3弾
『ヒトリ主義Night'10―ユーモアの行方―』
が開催されます。

シアター・ザ・フェンスも引き続きWSや公演で参画します。

そのプレイベントとして、
舞台芸術評論家、亀田恵子氏(ATL)をフェンスワークスに
お招きしてアート研究会を開きます。

題してA-Platform<小さな勉強会>。
テーマは「アートの中のユーモア」です。

アートに詳しくなくても、大丈夫です。
まるで東南アジアの田舎の村で、野外教室を
開いているような土臭いファシリテーションが
亀田氏の持ち味ですので、どなたでも楽しく
ご参加いただけます^^。

亀田氏は、フェンスショーや
松本ヴィオパーク劇場での活動を通じて、
ますます連携を深めつつある盟友の一人です。

舞台芸術に鋭い洞察を示す彼女が、
フェンススタジオで動く彫刻を見たとき、
「エネルギーをダウンロードしている」
という言葉を初めて使ったのでした。

これがPTクラスで開発中のダウンロードムーブメントのきっかけとなっています。

舞台芸術をこよなく愛する亀田氏とのやりとりは楽しいです。

ぜひ皆様と、アートについて安心して語り合える
この贅沢な空間をご一緒したく思います。
同じ日の午後3時20分より、第54回ビヨンドザフェンスが開催されます。
よろしければ、そのまま亀田氏と共にプレイバックシアターのエネルギー体験に浸ってみてください。

ご来場をお待ちしています。

           シアター・ザ・フェンス はしもとくにひこ


A-Platform <小さな勉強会> 全3回

6月12日(土)<第1回目>
「ユーモアってなんだろう?/笑いをタネにワークしよう。」
・最近、笑いましたか?
・笑うって何だろう?笑うと何が起きている?
・「笑い」がテーマの展覧会
・あなたも「笑い」を作ってみよう

時間:10時~13時
参加費:1回/1300円 (3回通しでお申込の場合3000円)
場所:フェンスワークス studio CAVE (フェンススタジオより3ブロック先)


第2回7月10日、第3回8月7日
→詳しくは、
フェンスワークスブログ
http://fence-works.blogspot.com/2010/05/atl-platform.html
をご覧ください。

--
橋本仁美
-------------------------------------------------------
フェンスワークス
〒550-0023
大阪市西区千代崎2丁目2-13
e-mail:fenceworks2010@gmail.com
TEL・FAX:06-6568-9700
Blog:http://fence-works.blogspot.com/

~~~~~~~~~~~~~~~~

神降地(上高地)エンカウンター×上高地YOGAご案内

皆様へ。

先日ご案内いたしました「神降地」(上高地)エンカウンター×
上高地YOGAのワークショップはおかげさまで成立いたしました。

ありがとうございました。

6月の上高地は1年で最高の季節だそうです。

宿泊はテント泊とご案内していましたが、バンガロー(山小屋)泊に
バージョンアップしました^^。

若干の残席がありますので最終のご案内を差し上げます。


                PTプロデュース はしもとくにひこ



以下ご案内~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

皆様。

僕の大好きな盟友の一人である木村太郎氏の株式会社EGGSと
フェンスワークスがコラボレーションする楽しいワークショップです。

僕はスタッフとして第1クールに参加します。

こんな「祭り」を生み出すことで生きていこうとするのは
本当に楽しい冒険です。

初夏の上高地で人生を語り合いましょう。

朝目覚めてすぐに自覚するワクワクした気持ちが、
みぞおちあたりで震えている「誰も本当には愛してくれない・・・」という
寒い思いを暖かく包んで持ち上げていきます。

そのまま昇っていきたいと思います。   ご一緒にどうぞ^^

                 
              PTプロデュース     はしもとくにひこ



-------------------------
神が降りた場所 「上高地」------------------------

北アルプスにそびえる穂高連峰に昔、神様が降り立ったと伝え
られています。現在も上高地には穂高神社奥宮があり、神秘的
な泉をたたえています。

その圧倒的な大自然を舞台に、2クールに渡って、自然体験や
エンカウンターグループ、YOGAなどを行います。都会では味
わうことのできない真の闇の森を歩いたり、大自然を背景に、
自分の内側を語り合い、からだや自然の声に聞き耳をたてます。

このワークショップでは参加者のそのときの体調や、やりたい
こと、大切にしたいことなどを中心に自由にプログラムを組ん
でいきますので、アウトドアが初めての方でも安心してご参加
いただけます。

上高地の深い自然のなかで、今ここに心底くつろいだとき、
そのいのちの声はわたしに何とささやくでしょうか。
そっと耳をすませてみたいとおもいます。


■日時(参加は第1クールのみ、第2クールのみ、両方参加、の3タイプから選べます。)--------------



★第1クール
--------------2010年6月2日(水)13:30 現地集合~6月4日(金)12:00 現地解散
スタッフ 木村太郎/橋本久仁彦/橋本仁美--------------
★第2クール
--------------2010年6月5日(土)13:30 現地集合~6月7日(月)12:00 現地解散
スタッフ 木村太郎/岡山睦美/橋本仁美/田中聡

■場所
上高地(小梨平および、徳沢周辺)■参加費
各クール 45,000円
(現地集合解散/食費、宿泊費込み)

■申込み/問い合わせ
申込み時に、
・第1クール
 (第1クールは主にエンカウンターグループや自然体験ができます)
・第2クール
 (第2クールは主にYOGAや自然体験ができます)

のどちらに参加か、又は、両方参加かお選びいただき、氏名、連絡先
を明記の上、下記アドレスまでご連絡ください。
申込み受付後、5月中旬頃までに詳細プログラム、現地までのアクセス
などの案内をお送りいたします。また、ご質問等がありましたらお気軽
に同アドレスまでご連絡ください。

fenceworks2010@gmail.com
080-1049-7137
(担当 田中 聡)

■主催
株式会社EGGS (HP http://www.eggs-nature.net)
フェンスワークス (blog http://www.fence-works.blogspot.com)

(^^)/今度は上高地です。ご一緒しましょう

皆様。

僕の大好きな盟友の一人である木村太郎氏の株式会社EGGSと
フェンスワークスがコラボレーションする楽しいワークショップです。

僕はスタッフとして第1クールに参加します。

こんな「祭り」を生み出すことで生きていこうとするのは本当に楽しい冒険です。

初夏の上高地で人生を語り合いましょう。

朝目覚めてすぐに自覚するワクワクした気持ちが、みぞおちあたりで震えている
「誰も本当には愛してくれない・・・」という寒い思いを暖かく包んで持ち上げていきます。


そのまま昇っていきたいと思います。   ご一緒にどうぞ^^

                PTプロデュース     はしもとくにひこ


-------------------------
神が降りた場所 「上高地」------------------------

北アルプスにそびえる穂高連峰に昔、神様が降り立ったと伝え
られています。現在も上高地には穂高神社奥宮があり、神秘的
な泉をたたえています。

その圧倒的な大自然を舞台に、2クールに渡って、自然体験や
エンカウンターグループ、YOGAなどを行います。都会では味
わうことのできない真の闇の森を歩いたり、大自然を背景に、
自分の内側を語り合い、からだや自然の声に聞き耳をたてます。

このワークショップでは参加者のそのときの体調や、やりたい
こと、大切にしたいことなどを中心に自由にプログラムを組ん
でいきますので、アウトドアが初めての方でも安心してご参加
いただけます。

上高地の深い自然のなかで、今ここに心底くつろいだとき、
そのいのちの声はわたしに何とささやくでしょうか。
そっと耳をすませてみたいとおもいます。


■日時(参加は第1クールのみ、第2クールのみ、両方参加、の3タイプから選べます。)--------------


★第1クール
--------------2010年6月2日(水)13:30 現地集合~6月4日(金)12:00 現地解散
スタッフ 木村太郎/橋本久仁彦/橋本仁美--------------
★第2クール
--------------2010年6月5日(土)13:30 現地集合~6月7日(月)12:00 現地解散
スタッフ 木村太郎/岡山睦美/橋本仁美/田中聡

■場所
上高地(小梨平および、徳沢周辺)■参加費
各クール 45,000円
(現地集合解散/食費、テント宿泊費込み)

■申込み/問い合わせ
申込み時に、
・第1クール
 (第1クールは主にエンカウンターグループや自然体験ができます)
・第2クール
 (第2クールは主にYOGAや自然体験ができます)

のどちらに参加か、又は、両方参加かお選びいただき、氏名、連絡先
を明記の上、下記アドレスまでご連絡ください。
申込み受付後、5月中旬頃までに詳細プログラム、現地までのアクセス
などの案内をお送りいたします。また、ご質問等がありましたらお気軽
に同アドレスまでご連絡ください。

fenceworks2010@gmail.com
080-1049-7137
(担当 田中 聡)

■主催
株式会社EGGS (HP http://www.eggs-nature.net)
フェンスワークス (blog http://www.fence-works.blogspot.com)

フェンスワークス・オープン記念公演満員御礼とフェリーボート販売のお知らせ

皆様。
 
 昨日のフェンスワークス・オープン記念パフォーマンスは満員立ち見御礼のうちに無事終了いたしました。深夜ふけても語り合う若者達とともに、久しぶりにいい夢を見ることが出来ました。

舞台はやはり面白いです。ダンスもプレイバックも弾き語りも見事な出来でした。
スタジオcaveの黒い壁の空間は、それぞれのパフォーマーのかもし出すエネルギーフィールドによって次々と染め替えられていったのでした。

フェンスワークスはいよいよ電源が入り、うなりをあげてエネルギーを放出し始めた感じです。

ご期待くださいませ^^。



さて、僕の弟が友人から頼まれてフェリーボートの買い手を捜しています。
何だか面白いのでシェアします。

添付写真の客船フェリーボート「度島(たくしま)」を欲しい方はご連絡くださいませ。

                    はしもとくにひこ



Subject: Ferry Takushima for sale
>
> 橋本さん
>
> 売ろうとしている船は 約140トンの近距離用の
> Car & Passenger ferry です。 4トン トラック が2台
> セダン が1台 しかつめません。旅客は100人ですが、
> 全員 たたみ(フェルト)に直接座る方式です。
> ご参考までに、 写真を添付します。
> 多分売れないと思いますが、値段は 4,000万円ぐらいです。
> 宜しくお願い致します。
> ps: 明細も添付しました。



003.jpg

015.jpg

DSC05758.jpg

フェンスワークス・オープン記念公演満員御礼とフェリーボート販売のお知らせ

皆様。
 
 昨日のフェンスワークス・オープン記念パフォーマンスは満員立ち見御礼の
うちに無事終了いたしました。深夜ふけても語り合う若者達とともに、久しぶりに
いい夢を見ることが出来ました。

舞台はやはり面白いです。ダンスもプレイバックも弾き語りも見事な出来でした。
スタジオcaveの黒い壁の空間は、それぞれのパフォーマーのかもし出すエネルギーフィールドによって
次々と染め替えられていったのでした。

フェンスワークスはいよいよ電源が入り、うなりをあげてエネルギーを放出し始めた感じです。

ご期待くださいませ^^。



さて、僕の弟が友人から頼まれてフェリーボートの買い手を捜しています。
何だか面白いのでシェアします。

添付写真の客船フェリーボート「度島(たくしま)」を欲しい方はご連絡くださいませ。

                    はしもとくにひこ



Subject: Ferry Takushima for sale
>
> 橋本さん
>
> 売ろうとしている船は 約140トンの近距離用の
> Car & Passenger ferry です。 4トン トラック が2台
> セダン が1台 しかつめません。旅客は100人ですが、
> 全員 たたみ(フェルト)に直接座る方式です。
> ご参考までに、 写真を添付します。
> 多分売れないと思いますが、値段は 4,000万円ぐらいです。
> 宜しくお願い致します。
> ps: 明細も添付しました。

添付ファイル×7 ― すべての添付ファイルをダウンロード すべての画像を表示
003.JPG
247K 表示 ダウンロード
015.JPG
330K 表示 ダウンロード
58810007.JPG
1457K 表示 ダウンロード
58810014.JPG
1333K 表示 ダウンロード
58810019.JPG
1063K 表示 ダウンロード
DSC05758.JPG
61K 表示 ダウンロード
Part - Ferry Takushima.doc
73K HTML 形式で表示 Google ドキュメントとして開く ダウンロード

フェンスワークス・オープン記念パフォーマンスについて


皆様。
もうお花見には行かれましたでしょうか。
僕は行ってきました。
今年は絆のある仲間と歩いて見上げる桜がまた格別です。

フェンスワークスオープン記念イベントの時間、参加ダンサーに調整がありましたので再度ご案内いたします。

はしもとくにひこ


【TO THE CAVE】
オープン記念パーティ 4月10日(土)

■当日予定 
開場 14:30

1部 (投げ銭制)
プレイバックシアター(劇団トポフィリア) 15:00~16:00

休憩 30分

ダンス公演 16:30~17:30
服部哲郎・辻本圭
(2010年、フランス、カーン国立振付センター主催国際共同製作作品
「Just to Dance」に参加。仏国10ヵ所をツアー)

 クマガイミホ(宮城県在住。服部哲郎と名古屋⇔仙台の遠距離デュオ『slowmusica』を結成。
      シングルマザーとして2人の子供を育てながら生活とダンスの狭間を開拓中。

あうんともこ(シアター・ザ・フェンス)
岡山睦美(シアター・ザ・フェンス)


2部
パーティー 18:30~20:00
参加費1,500円
持ち寄り大歓迎(簡単な軽食と飲み物を用意しております。)

**スタジオから徒歩15分でビジネスホテル有(www.smile-hotels.com)シングル5,800円~
-----------------------------------------------------------------------------------------
詳細案内はwebにてアップしていきます。
http://ptproduce.com

フェンスワークス・オープン記念パフォーマンスについて

皆様。
もうお花見には行かれましたでしょうか。
僕は行ってきました。
今年は絆のある仲間と歩いて見上げる桜がまた格別です。

フェンスワークスオープン記念イベントの時間に調整がありましたので再度ご案内いたします。

はしもとくにひこ


【TO THE CAVE】
オープン記念パーティ 4月10日(土)

■当日予定 
開場 14:30

1部 (投げ銭制)
プレイバックシアター(劇団トポフィリア) 15:00~16:00

休憩 30分

ダンス公演 16:30~17:30
服部哲郎・辻本圭
(2010年、フランス、カーン国立振付センター主催国際共同製作作品
「Just to Dance」に参加。仏国10ヵ所をツアー)
あうんともこ(シアター・ザ・フェンス)
岡山睦美(シアター・ザ・フェンス)


2部
パーティー 18:30~20:00
参加費1,500円
持ち寄り大歓迎(簡単な軽食と飲み物を用意しております。)

**スタジオから徒歩15分でビジネスホテル有(www.smile-hotels.com)シングル5,800円~
-----------------------------------------------------------------------------------------
詳細案内はwebにてアップしていきます。
http://ptproduce.com

4月10日・フェンスワークス・オープン記念パーティ“To The CAVE”のご案内

皆様へ。

大阪は桜が咲き始めていますが、なんだかまだ寒いですね。

標記の通り、フェンスワークスの事務所とフェンス第2スタジオCaveが完成しましたので4月10日の土曜日にお披露目のパーティを催します。

出来上がったばかりのスタジオCaveに集まった仲間達が、早速舞台に上がってアーティスティックなエネルギーの洗礼を行います。

第1部では劇団「トポフィリア」によるプレイバックシアター、そして、フランス公演から帰国したばかりの活きのいい若手ダンサー達にシアター・ザ・フェンスのダンサーも加わってダンスパフォーマンスをご覧いただきます。

第2部は事務所でのパーティですが、ミュージシャンが花を添えてくれます。

どなたでもどうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。

                    PTプロデュース はしもとくにひこ

詳しくは近日中に第2報をお届けいたします。
また http://ptproduce.com/にもアップしていく予定です。


TO THE CAVE
オープン記念パーティ 4月10日(土)
【当日予定】 
開場 14:00
1部
プレイバックシアター 14:30~16:00
休憩 30分
ダンス公演 16:30~17:30

2部
パーティー 18:30~20:00
 参加費1、500円
  持ち寄り大歓迎


 会場 フェンススタジオより徒歩4分


(3/31)

「むっちゃんのアロマ・リラックス・ヨガ」5回クラスご案内



皆様へ。

 PTプロデュース提供のヨガクラスのご案内です。
お気軽にお試しください。

                      はしもとくにひこ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
みなさま

こんにちは。
フェンスワークスの橋本仁美です。
毎日寒いですねー。でも、今日は大阪は暖かかったです。
今週末もこんな日和になるといいな。
私は寒いのが苦手で、一日の活動量がたぶん3分の1くらいになる(冬眠休暇がほしい)のですが、今日はよく動いた気がします。

2月12日、むっちゃんのアロマリラックスヨガ・第3回目を開催します。
晴れていると、お昼のクラスは片側一面のガラス張りの窓から日光が差し込んで、とても気持ちが良いです。

反対に、夜クラスは窓が暗くなり音も少なくなって、静かな感じでじっくりとできるのがウリです。

私はこれまでのクラスは1日中出ているのですが、
同じ空間で、リラックスヨガを通して、昼と夜の違いを味わえるのは
なかなか楽しいことです。


そして最初みんなで輪になって、お気持ちや、いまの身体の状態を
シェアする時間を持つのですが、これもまたいい時間です。

むっちゃんは、
当日お持ちよりくださったみなさんの身体にフォーカスしたアプローチを
提案してくれる力を持ったリスナーです。

身体を気持ちよく伸ばしたい方、ぜひお立ち寄りください。

以下、ご案内です。

今月2月の日程は、12日(金)、26日(金)です。

   ■□■□■□■□
「むっちゃんのアロマ・リラックス・ヨガ」5回クラス

■日時
第2回 2/12(金), 第3回 2/26(金)
 ▼昼クラス 
 a.リラクゼーション 13:30~15:30
 b.ヨガポーズ    16:00~17:00

 ▼夜クラス
 c.リラクゼーション 19:00~21:00
 cクラスはお仕事帰りに参加しやすく設定したコースです。
 aとbの両方のエッセンスを体感していただけます。

■参加費:
<全5回通しで申し込みの場合>
a.クラス9,000円(全5回10時間)
b.クラス4,500円(全5回 5時間)
c.クラス9,000円(全5回10時間)
(3月の日程は、
第4回3/12(金), 第5回3/26(金)です)


<単発でのご参加の場合>
a.クラス2,000円
b.クラス1,000円
c.クラス2,000円

なお、a.b.c.各クラスの組み合わせは自由です。
分からないことがあればお気軽にご相談ください。
(ex)aクラス体験後、単発でbを受けてみよう!ということもできます)

■持ち物:ジャージなど、動きやすい服装,タオル,飲み物,靴下

■定員:各回それぞれ8名

■場所:フェンススタジオ(大阪市西区千代崎2-20-8)
 アクセス●大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ドーム前千代崎」駅②番出口を出て左へ、
       前方の信号をわたり左へ50メートル。西中学校真向かい喫茶リエ隣 徒歩2分
      ●阪神電鉄阪神なんば線「ドーム前」駅下車徒歩4分


■お申込・お問い合わせ:フェンスワークス
 e-mail:fenceworks2010@gmail.com
  TEL:080-3785-5909 橋本仁美(フェンスワークス)

■講師・岡山睦美(むっちゃん)プロフィール
三重大学教育学部卒業。大学在学中にダンスを始める。
呼吸・重力と身体の関係性の類に興味を持ち、竹内敏晴氏のワークショップ
「ことばとからだのレッスンに参加。
’97~’99、アンサンブル・ゾネに所属。岡登志子氏に師事。その後、様々な
ワークショップやレッスンを受けながら、独自の世界を模索・・・。
’06 ディディエ・テロン氏演出「La Dolce Vita」に出演。即興を学ぶ。
’07、’08 坂本公成氏演出「旅の道連れ」に出演。・・・そこで、橋本久仁彦に出会う。
今は、場のエネルギー、即興性、聞く力、ヨガ等・・・に関心を向けながら日々過ごし
ております。
松下ヨガ学院指導員養成課程修了。
写真はこちらhttp://ptproduce.com/ fence/member.html

p.s.ワークショップ後も役に立つ!「ヨガを練習時のお約束」は
こちらをご覧ください。
→http://ptproduce.com/fence/pro_mutsumi.html




--
-------------------------------------------------------
フェンスワークス
橋本仁美
〒550-0023
大阪市西区千代崎2丁目2-13
e-mail:fenceworks2010@gmail.com
-------------------------------------------------------

フェンスワークス「床板を傷つけてあなたを刻印するワークショップ」のお知らせ

皆様へ。

フェンスワークスのスタジオと事務所が現在内装工事中です。

よい出会いを重ねながら一つの「場所」が現れようとしているのは
見ごたえのある「出来事」であることが分かりました。
とても面白いです。

そんな視界を共有できる建築士スタヂオ・カタリストの角野氏とともに、
「床板を傷つけてあなたを刻印する」ワークショップを開催いたします。

フェンスワークスの場所が生まれるプロセスを共有していただきたく、
 また千代崎の町を歩いて、皆さんの「空気」を溶け合わせてみてください。
楽しみですね^^。

                         はしもとくにひこ

以下ご案内~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんにちは。
フェンスワークス田中です。

現在、フェンスワークスでは拠点となる「1階:スタジオ」「2階:事務所」の

内装工事を行っています。場所は、喫茶リエ隣のフェンススタジオから歩いて3分。
今は、職人さんが作業中です。

さて、今回はその2階事務所の床づくりのワークショップのご案内です。
フェンスワークス事務所の内装レイアウトは神戸で建築設計やまちづくりなどを行
っているスタヂオ・カタリストの角野さんの協力を得て進めてきました。

昨年冬に彼が勤めている事務所が主催した「玄人を相手にしない初心者による、
超初心者のための超入門講座」というユニークな企画の初心者講師に私を呼んで
いただき、そこで身体表現講座を開催しました。

身体表現と言いながら、まずはエンカウンターグループのように始まり、1人の
人が場に与える影響や、その相互作用や場の変化を丁寧に見ていったのです。

そんな場を「面白い!」と言ってくれた角野さん。

ある日フェンス新事務所の内装レイアウトの相談していると、こんな話に
なりました。

角野「床板に傷をつけて塗装したら、イイ味が出るんじゃないかな?」
田中「どうやって傷をつけるの?」
角野「んー。釘とか、金槌とか・・・砂利とかで・・・アスファルトにこすりつけても
    イイかも。」
田中「それって床板を外に持ち出すってこと?」
角野「んー。むずかしいかなぁ」
田中「面白い!いっそのこと参加者募集して、みんなで床板持ってまちに出て
   それぞれ思い思いの場所で傷をつけて帰ってきてもらえば良いんじゃない?
   例えば手すりとか、公園の木とか。」
角野「えっ!?床板デカイっすよ。」
田中「床板が大きい人には2人組になってもらえばいいんじゃない?」
角野「安全面で不安が・・・」
田中「まちなかに床材を持った人たちががウロウロしているのを想像しただけで
   ワクワクする!」
角野「やってみますか・・・」
田中「やってみましょう!」

・・・という経緯からワークショップをすることになりました^^;

今回、まちというスケールのなかで、傷や汚れをどこで、どのようにつける(つく)ので
しょうか。傷や汚れという言葉はモノや人の心の両方で使いますが、目に見える「まち」
と、目に見えない私の「内面」は重なるところがあるのでしょうか。
そして、それを壁、天井、床だけのからっぽの空間に置いたとき、一体どんな変化が
自分に訪れるのでしょうか。たのしみです~。

ご興味のある方は、ぜひご一緒しましょう。
以下、角野さんのメッセージをどうぞ!!

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
角野さんからのメッセージ
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


この度、フェンスワークスとともにワークショップを企画しました、
角野史和(かどのふみかず・30)と申します。


現在は、神戸の一級建築士事務所に勤め、
まちづくり支援・景観調査・建築設計などの仕事をしています。


このワークショップでは、参加される皆さんに
これから新装するフェンスワークス事務所のフローリングへ
傷や汚れをつけていただきます。
傷や汚れをつけるのに、フローリングを街なかへ持ち出してもかまいません。
お気に入りのアイテムを持参して、
色々な表情づくりにチャレンジするのもよいと思います。


しばしば、
そこに居合わせる人々の表情によって、その場の雰囲気がつくられる。
ということがあります。
宿主であるフェンスワークスの活動もまた、
こういった作用に通ずる部分があるように思います。


皆さん一人一人、思い思いの表情が空間に刻み込まれることで、
フェンスワークスらしい特別な場が
ここにあらわれれば幸いだと思います。


-----------------------------------------------------------------------------------------------
内装ワークショップ ~ 床を持ってまちに出よう! ~
-----------------------------------------------------------------------------------------------
▼日 時 
2010年2月13日(土)10:00~17:00

▼参加費 
1,000円

▼定 員 
6名程度

▼持ち物 
これで床に傷や汚れをつけてみたいと思うモノ。
汚れても良い服装、クツ。手をふくタオル。
(こんなのでいいかな、など分からないことがありましたら下記アドレス
へご連絡ください。)

▼内 容
当日は、フェンスワークスの拠点となる千代崎のまちマップを配ります。
そのマップを持ってみんなでウロウロし、それぞれ試してみたいスポット
を探していきます。そして、実際に床板を持ってまちに出ます。帰ってき
たら新事務所のお気に入りの場所へ床板を置いてもらうという内容です。
また、状況を見ながら発見や気づきのシェアを行う時間も設けたいと思い
ます。

▼場 所
フェンスワークス新事務所
[所 在 地]
・大阪市西区千代崎2-2-13
[アクセス]
・鶴見緑地線「ドーム前千代崎」駅2番出口から徒歩5分
・阪神西大阪線「ドーム前」駅から徒歩8分
・JR「大正」駅から徒歩15分

▼申込み/問い合わせ
12日(金)までにフェンスワークス田中へご連絡ください。
その他ご質問があればお気軽にお問い合わせください。

メールアドレス fenceworks2010@gmail.com

暮れのご挨拶とフェンスワークス・ヨガクラスのご案内


皆様。

大阪は冷たい強風の一日でした。
掃除する時に水を使うと手が冷たくて、大晦日らしい気分になります。

今年も僕にとってはあっという間の一年でした。
そして、今年もまた皆さんには大変お世話になりました。

ありがとうございました。
来年も皆さんと同じ空の下で、それぞれの人生模様の中、ご一緒することが楽しみです。

よろしくお願い致します。

僕にとっては今年の挑戦の一つがフェンスワークスの立ち上げでした。
これからコンスタントに活動していく予定です。

お気持ちが向いた時にご利用いただけましたら幸いです。

皆さんへのこのメールは、広報というよりは、僕の活動(生存)報告として毎回発信しています。

どうぞお気軽に眺めてくださいませ。

こんな早いペースで時が走りすぎていくなら、急行列車の車窓に顔を押し付けて、
飛び去る駅名の文字を真剣に見詰める少年のように、
一瞬で記憶となるの皆様の生き生きした表情を、心に焼き付けておきたいと思います。

良い年をお迎えくださいませ。

はしもとくにひこ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


みなさま

こんにちは!フェンスワークスの橋本仁美です。
大晦日いかがお過ごしでしょうか。
私の家では晩御飯のすきやきを楽しみに皆で大掃除しております。
2009年もついに最終日ですね! 来年は2010年と年代もふたケタに突入し、だんだん何かエネルギーが上がってきているように思うのは気のせいでしょうか。
何かが起こりそうな予感です。

さてさて、おかげさまで12月17日に開催いたしました「むっちゃんのアロマ・リラックス・ヨガ」は大好評のうちに終了することができました。ありがとうございました。

今回 印象に残ったのは、メールをくださったみなさまが本当にご自分の身体を大切にしようとされてるのだなぁということです。
それを感じたとき、なぜか私自身をも大切にされているようなきもちになって、ほっとしました。不思議な体験でした。


「次はないのですか」とのお声もいただき、よっしゃやるぞと盛り上がっております。
そこで!「むっちゃんのアロマ・リラックス・ヨガ」第2弾のご案内です。
今回は1月~3月までの全5回シリーズでお届けします。


このクラスでは、各回ごとに特集するマッサージ部位やヨガのポーズが変わっていきます。
今回はかお、次回は上半身、その次はあし、というように、前回のワークショップでは時間の制約によりできなかったところを、集中してじっくり丁寧にアプローチしていこうと思います。

各回の詳細は後日お伝えしますので、もう少しお待ちくださいませ。

前回来てくださった方のご意見を参考にして、ヨガのポーズを特集するコースと、リラクゼーションマッサージをばっちりするコースとに分けてみました。
どちらかのコースを選んで参加していただくことも、両方一気に参加していただくことも可能です。
また、夜は、仕事帰りの方でも気軽に参加できるようその両方を2時間で行います。
(詳細は以下案内参照)


皆様とのかかわりのなかでこのワークショップが出来ていっていることが本当に楽しいです^^
ワークショップに来てくださる方や、このメールを見てくださる方々との関わりを実感しながら仕事を続けていきたいなと思います。

2回目ですが早速今年最後の(笑)
ご案内です。

むっちゃんもまたまた良い文章を書いてくれましたよ!必見です。

寒い日が続きますがお元気で!
来年もフェンスワークスをどうぞよろしくお願いします☆

以下、ご案内です。
**************************************************
「むっちゃんのアロマ・リラックス・ヨガ」
全5回クラス

■日時
第1回1/22(金), 第2回2/12(金), 第3回2/26(金), 第4回3/12(金), 第5回3/26(金)
1月~3月までの上記金曜日。

▼昼クラス 
a.リラクゼーション 13:30~15:30
b.ヨガポーズ    16:00~17:00

▼夜クラス
c.リラクゼーション 19:00~21:00

■参加費:
「全5回通しで申し込みの場合。」
a.クラス9,000円(全5回10時間)
b.クラス4,500円(全5回 5時間)
c.クラス9,000円(全5回10時間)

単発の参加も可能です。その場合、
a.クラス2,000円
b.クラス1,000円
c.クラス2,000円

なお、a.b.c.各クラスの組み合わせは自由です。
分からないことがあればお気軽にご相談ください。


■持ち物:動きやすい服装、タオル、飲み物、靴下

■定員:各回それぞれ8名

■場所:フェンススタジオ(大阪市西区千代崎2-20-8)
アクセス
●大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ドーム前千代崎」駅②番出口を出て左へ、前方の信号をわたり左へ50メートル。西中学校真向かい喫茶リエ隣 徒歩2分
●阪神電鉄阪神なんば線「ドーム前」駅下車徒歩4分


■お申込・お問い合わせ:フェンスワークス
e-mail:fenceworks2010@gmail.com
TEL:080-3785-5909 橋本仁美(フェンスワークス)



□■むっちゃん(岡山睦美)からのメッセージ■□■□■□

いきいきと・・・^^

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
早いもので2009年も残すところあとわずかになりましたm_ _m。

天気の良いお休みの日に、洗濯物を干すのは、気持ちがいいです^^

さてさて

「緊張と深いリラックス。。。。。」の巻(>_<)

「力が抜けたぁ~!!」という経験を味わったことがないと、部分的に力を抜くということが、あてどもなく、「・・・・・・・・・ディフィカルト(むずかしい)・・・」。私は、そんな経験をした1人です。
なので、まず、全身心をあげて力の抜け切った状態を体験する・・・それをベースとして大切にしたいと思っています。

床に仰向けになって、からだの重さを大地にゆだねてみる。だが、そのからだは、ごつごつと床にぶつかり、腰や首を反らし、大地を受け付けない・・・。床に触れる部分が目覚めて来て、重さがそこから大地に滲み入り、大地から力が返ってきて昇ってゆく・・・ゆったりの時間のなかで、そんな交流が始まると、今度は床がやわらかく触れてくるような感覚がやってきました。自分自身に対してそして大地をはじめ自分をとりまくあらゆる存在に対しての信頼が深まる瞬間でもあります。
身体をもって存在することに、少し楽ちん感が生まれると、ありがたいことにその分気持ち的にも余裕が生まれました。

それは、至福のひとときともいえます。
何か扉が開かれたような・・・全存在で感じる喜び^^

生きている時間のほんの数分のできごとかもしれません。が、その時、そこに集う仲間と分かち合いたい感覚です。


様々な動きは、緊張とリラックスの連続でつむがれています。この切り替えをスムーズにし、配分を調えることで、より快適な自分が起こってくる。。。。。
手放したい不快な緊張、迎え入れたい心地よい緊張・・・

心地よい緊張(最小限の力)とリラックスを自分のペースで探りながら楽しみたいクラスです^^。
皆さまとご一緒できますように・・・


岡山睦美


□■ 岡山睦美(むっちゃん)プロフィール■□
三重大学教育学部卒業。大学在学中にダンスを始める。
呼吸・重力と身体の関係性の類に興味を持ち、竹内敏晴氏のワークショップ「ことばとからだのレッスンに参加。
’97~’99、アンサンブル・ゾネに所属。岡登志子氏に師事。その後、様々なワークショップやレッスンを受けながら、独自の世界を模索・・・。
’06 ディディエ・テロン氏演出「La Dolce Vita」に出演。即興を学ぶ。
’07、’08 坂本公成氏演出「旅の道連れ」に出演。・・・そこで、橋本久仁彦に出会う。
今は、場のエネルギー、即興性、聞く力、ヨガ等・・・に関心を向けながら日々過ごしております。
松下ヨガ学院指導員養成課程修了。
写真はこちらhttp://ptproduce.com/fence/member.html

p.s.ワークショップ後も役に立つ!「ヨガを練習時のお約束」は
こちらをご覧ください。
→http://ptproduce.com/fence/pro_mutsumi.html



***********************************************************
-- 橋本仁美
-------------------------------------------------------
フェンスワークス
〒550-0023
大阪市西区千代崎2丁目2-13
e-mail:fenceworks2010@gmail.com
-------------------------------------------------------



フェンスワークス起動のお知らせ

皆様へ。
はしもとくにひこです。

お元気ですね。

いつもこのメールを受け取ってくださってありがとうございます。
僕からの情報はこれまでに僕がご縁のあった皆様にお送りしているわけですが、近頃はカンボジアやタイにも仲間が出来て、たくさんの「家族」と一緒に生きているような感じです。

皆様は、僕から見ると、お一人お一人が独特の魅力を持った得がたい人物に見えています。
例えば先日のフェンスショーではフェンスメンバーや参加してくださったたくさんの人々の放つクリエイティブな魅力に触れさせていただいて、おおいに感銘を受けました。

また各地で行うワークショップや公演でお目にかかる皆様にも毎回同じような質の輝きを見ております。

具体的に表現しますと、皆様はその身体の周りに、
その場に入った者が影響を受けざるを得ない雰囲気(磁場)を作っておられます。

なので、皆さんに出会った人間は、皆さんという「場」を体験し、皆さんを学び、皆さんを生きることになります。

我々はお互いに行き会って、互いに生き合うことで、生きてきたんですね。

僕自身がそのようにして皆さんを生きることによって現在の人生の位置に立っています。


すると皆さんは僕にとってまるでふるさとのような懐かしい存在だということになりますね^^

僕の最近の関心の一つは、そのような人を生かす磁場を持つ皆さんを、活き活きとしたステージの上に立たせてみたいということです。
皆さんを地域のコミュニティに向かってプロデュースし、人々が皆さんの魅力を体験できるようにしたいと思います。

そこで、フェンスワークスというチームを作ることにしました。
塀や柵をつくる会社ではないんですよ^^

このチームは、事務所やワークスタジオを備え(現在工事中)、専属のスタッフが2名います。

その仕事はコミュニティに向かって「皆さん自身という磁場」を表現する舞台を設定すること。
その適切な表現の形を探求すること。
また、地域に実用的・実戦的な劇場空間を作り出すことによって、人間と社会の変容(真の楽しみ)に直接触れることが出来る祝祭的な振動を呼び入れること。

さらにそのような振動が生まれる場作り(ファシリテーション)や、人々との対話のノウハウ(聞くという「視力」)をもって日本のいろんな場所や、海外の国々を訪ねて人々と生き合うこと。


記念すべきフェンスワークス第一弾の仕事のご案内です。

どうぞよろしくお願い致します。

 (以下フェンスワークスよりご案内)                               
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

こんにちは、橋本仁美です。


この度、橋本久仁彦氏をプロデューサーとして、田中聡・橋本仁美で「フェンスワークス」という団体を立ち上げる運びとなりました。

「えっ、何するの?」とか、「どこでやるの?」「突然どうした?」など、
事業内容の詳細は後日お伝えしますが、当面はワークショップの
企画開催などを主軸に運営していきたいとおもっています。

まずは、その団体立ち上げプレ開催第1弾として、シアター・ザ・フェンス
のメンバーであり、コンテンポラリーダンサーの岡山睦美のワークショップ
を開催いたしますので、どうぞお気軽にご参加くださいませ。


                            田中聡 橋本仁美

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

フェンスワークス主催ワークショップ第1弾
「むっちゃんのアロマ・リラックス・ヨガ」

巷のヨガとは一味違う、
ダンサー・むっちゃんならではのアプローチによる
リラクゼーション(マッサージ)&ヨガ+アロマオイルつきの
ぜいたくなクラスです。是非お越しくださいませ!


□■むっちゃんのアロマ・リラックス・ヨガ■□

日時:12月17日(木)   昼クラス 14:00~17:00
               夜クラス 19:00~21:00

   ☆お昼のクラスはたっぷり時間を使ってマッサージのあと、
     じっくりとヨガを堪能する、充実の3時間コースです。
     夜のクラスは2時間凝縮コースで、仕事帰りの方も来やすい
     時間設定です。心身のリフレッシュに是非!
     ご都合のよい時間帯にお越しください。

場所:フェンススタジオ

講師:岡山睦美

参加費:昼クラス3,000円、夜クラス2,000円

持ち物:お水(飲み物)、タオル、
     動きやすい服装(ジーンズは不可です)
     ※できるだけ、空腹の状態でお越しください。

定員:各クラス8名ずつ

申込締切:12/16(水) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。

お申込・お問合せ:フェンスワークス
 メール fenceworks2010@gmail.com
電話  080-3785-5909(橋本仁美)


□■講師 岡山睦美 プロフィール■□
三重大学教育学部卒業。大学在学中にダンスを始める。
呼吸・重力と身体の関係性の類に興味を持ち、
竹内敏晴氏のワークショップ「ことばとからだのレッスンに参加。
’97~’99、アンサンブル・ゾネに所属。岡登志子氏に師事。
その後、様々なワークショップやレッスンを受けながら、
独自の世界を模索・・・。
’06 ディディエ・テロン氏演出「La Dolce Vita」に出演。即興を学ぶ。
’07、’08 坂本公成氏演出「旅の道連れ」に出演。・・・そこで、橋本久仁彦に出会う。
今は、場のエネルギー、即興性、聞く力、ヨガ等・・・に関心を向けながら日々過ごしております。
松下ヨガ学院指導員養成課程修了。シアター・ザ・フェンス メンバー。


p.s.ワークショップ後も役に立つ!「ヨガを練習時のお約束」は
こちらをご覧ください。
→http://ptproduce.com/fence/pro_mutsumi.html

お待ちしております☆

    


■□岡山睦美(むっちゃん)よりメッセージ□■


私たちは、みな身体に癖があります(>_<)。それは、日常生活の癖や特定のスポーツなどからきていて、それが身体のアンバランスとして現れます。


アンバランスは、骨格のゆがみを生み、ストレスを生み・・・そして筋肉の硬直を生みます。この状態を、そのままにしておくと怪我や病気を招きやすくなります。

怪我を防ぎ、パフォーマンスをアップするために運動選手が筋肉のバランスを整え強化するのと同様に、病気の予防やイキイキとした人生のために身体と心のバランスを整えることは、とても重要です。病気の99%は、ストレスが原因といわれています。

避けることのできないストレス・・・大事にケアできたらいいなぁ(^_^)。

身体や心の不調、病気や怪我はバランスが悪い部分、弱い部分にあらわれます。弱い部分というのは、凝っているところや苦手な動きです。アーサナ(ポーズ)を練習する時に、呼吸を会話の手段として使いながら自分の身体の声を聞くことにより、動かしづらい身体の部分や方向を知ることができます。そこを徐々に開いていきながら強化することで、バランスを取り戻していきます。怪我や病気は身体と心が自分に送ってくれたサイン。自分と身体と心のコネクションを再確認するチャンスです。

精神的なトラウマや病気や怪我を含む大きなストレスを感じた時、身体はショックで守りに入り、筋肉は硬直状態になります。そこで有効なのが呼吸。身体に"リラックス許可"の信号を送る役目をしてくれます。意識と呼吸を向けた部分に癒そうと血液とエネルギーが集まります。こりや痛みの歴史がふるければ古いほど、細胞の記憶を癒すのに時間がかかりますが、自分の中に眠る自然治癒力を信じ、根気よく続けると必ず変化が現れます。



人間は、何でできているのか?・・・(この問いには、いくつもの答えが存在すると思いますが・・・)



「記憶」でできているという答え方をここでは、選びたいと思います。

記憶とは、肉体の遺伝子がもつものと、前世など魂のもつもの、これらが、絡み合ってできているという話を耳にしたことがあります。

(だから、踊りたくなるのでしょうか。。。。。)



私たち人間という存在は、自分の実年齢を超えた莫大な記憶を潜在意識にかかえているようです。

なので、癒すのには、時間がかかる・・・自分自身を許す必要も出てくる。。。



今回は、皆さんと共に、「サンダルウッド」という木の香りにいざなわれながら、至福の時をご一緒したいと思っております。楽しみながらのんびりと進めていきたいと思っています。至福とは・・・生まれたての赤ちゃんのように、肉体を持ちながらも、執着や思考のとらわれなどのない状態。。。自分自身と根源的につながっているときです。



木の香りは、人を自然体で、ありのままの状態へと鎮静させてくれるそうです。サンダルウッドは、現実世界においての、数々の理不尽さを乗り越え、許す勇気をもたらします。恐れや不安や執着で落ち着きのない時は、足の裏とハート、深い瞑想状態によって浄化したい時は、頭頂とハートにつけて、ゆっくり吸入するだけでも調整されるそうです。よかったら、お家でもお試しください。


深いリラックスのもと、ヨガを楽しみましょう。

                              岡山睦美

平和と元気につなぐ環境教育セミナーのご案内


皆様。

涼しくなりましたね。いかがお過ごしでしょうか。

10月24日と25日に、自然スクールトエック主催で下記セミナーを行います。

共演?のゲスト、井上ウィマラ氏とのコラボレーションは毎回楽しみです。
偉い人なのにぜんぜん偉くないところがあって、人間味が後光のようにザザ漏れしている生粋の仏教徒です。

コーディネーターの伊勢氏は、僕も毎年一緒に行く沖縄無人島で、何度も危険な状況を通り抜けてきた頼れる仲間です。もし関西にまた大地震があるなら、彼のような人にそばにいて欲しいと思います。

同じビジョンを見ている仲間との仕事場は、まるで故郷に帰ったような懐かしい光にあふれています。
見ている景色が本質的に同じなので、何を語っても響きあう感じが気持ちいいです。

ご縁があって参加される方々もおそらく同じ方向を見つめているのでしょうか。

お目にかかれるのを心から楽しみにしています。


                      はしもとくにひこ


◆10月は、平和と元気につなぐ環境教育セミナーへ!

ゲストに、橋本久仁彦さん、井上ウィマラさんをむかえ
知的に、遊びゴコロたっぷりに
自分と環境とのつながりを味わう2日間。

テーマは「無心:心を込めて生きる道」
     ~聞くこと、表現すること、なってみること~

ご存知、橋本さんは、プレイバックシアター(即興心理劇)や
ファシリテータートレーニングなどを手がけ、カウンセラーでもある。

ウィマラさんは、高野山大学スピリチュアルケア学科助教授。
瞑想・子育て・医療など多岐にわたる研究のテーマをもつ。

2002年トエック主催の
「ザ・ファシリテーションセミナー」より親交を深める。
「年に一度は、トエックで、何か面白いことをしたい!」
ということで、このユニット(?)は4年目。

参加者のニーズとゲストのあたためてきたテーマが
あいまって、その場で『即興で』創られていくワークショップ。
川の流れにのるように、ここちよい場づくりを味わうのもよし。
その流れるさま、ファシリテーションの妙をじっくり見るのもよし。

秋の徳島で、ちょっと贅沢な時間を過ごしませんか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日時:10/24(土)11時~10/25(日)16時 
 徳島駅集合解散 
 ※関東・関西方面から前後泊なしで参加可能

コーディネーター:伊勢達郎(トエック代表)
スタッフ:渡辺有紀・森巳歩ほか

参加費:18,900円 活動中の食事・宿泊費含む。
定員:20名 興味がある方ならどなたでも
    定員になり次第、締め切ります。

詳しい要項は、http://www.ne.jp/asahi/outdoor/toec/kizuki07.htm
過去の報告書↓
http://www.ne.jp/asahi/outdoor/toec/kizuki06.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
掲載された情報をぜひ、たくさんの方へお届けください。
転送歓迎します。

◆NPO法人 自然スクールトエック
〒770-0855 徳島市新蔵町1-80
電話:088-626-3436 FAX:626-3533
e-mail:toec@asahi-net.email.ne.jp

ファシリテータートレーニングクラスin女神山へのお誘い



皆様へ。

10月18日より22日まで、以下の要領で非構成的(プロセスオリエンテッド)なファシリテーション、グループビルディングのためのトレーニングを行います。

このファシリテーションの態度は、1対1の対話やカウンセリング、あるいは学校や家族、病院や会社などの社会的なグループにおいて、安心感や互いへの敬意にもとづいた創造的な関係や一体感が生じるために必要な要素です。

このプロセスを内面的な視力によって確認できるなら、自分が関わるあらゆる人間の営みにその影響が顕れることになります。

援助職などのお仕事の方はもとより、「関係性」や「人の在り方」に関心を持っているすべての方々に
お勧めしたいと思います。

エンカウンターグループやミニカウンセリングの経験がなく、まったく初めての方でも参加OKです。

関心のある方は是非どうぞ。

                                   はしもとくにひこ


■ファシリテーター養成講座 by 橋本久仁彦
http://www.workshopland.com/f.html

橋本久仁彦さんに、数年前から大阪で開催されている
月1回ペース・全18回のファシリテーション講座を、
4泊5日の集中講座形式で、開催します。

橋本さんの作る場やファシリテーションに触れたことがあるかたなら
きっとあのファシリテーターとしての
あり方や場の作り方に興味をもたれることとおもいます。

去年の春 僕(流玄)も体験しましたが
そこで学んだことがそれ以降の場作りやファシリテーションに大きく影響し、また自信にもなっています。

非構成的な場を体験された方は、
非構成であるがゆえの味わいを感じられると思いますが
其の場がどのように作られるのか、
また自分の特性はなんなのかというようなことも見え始める
そんな機会になるといいなとおもっています。

よくあるファシリテーター養成講座とはきっと違うものになるとおもいます。

興味のある方、ぜひご一緒しましょう。


限定 10名です。

参考までに 2007年に募集が行われた
18ヶ月間のファシリテータークラスの案内のページです。
http://kunis.blog50.fc2.com/blog-entry-20.html



◎橋本さんより内容など


内容は、まず、お一人40分程度で、
日頃行っておられる何らかのグループ形態での
ファシリテーションを見せていただきます。
(日頃ファシリテーションを行っていない人はそれに準ずるもの)

それぞれのメタスキル
(すでに影響として働いているその人のファシリテートの質)を確認したあと、お一人ずつ、非構成的エンカウンターグループのリードを
1時間程度行います。

僕はオブザーバーに徹して、皆さんの動きを記録します。
そしてプロセス分析を行って、
非構成的グループのダイナミクスへの視力を高めます。
また、必要に応じてパーソナリティチェンジや
ファシリテーションについての講義を行います。

クラスの目的は、
非構成のグループをリードするにあたっての僕の経験知を、
できるだけ具体に即して伝達することと、
非構成グループのファシリテーターとしての
腹の据わりを醸成することです。

ご自分のグループプロセスや
検討場面を録音しておくのは役に立ちますので、
可能な方は録音機をご持参くださいませ。



■ファシリテーター養成講座 開催概要
http://www.workshopland.com/f.html

講師:橋本久仁彦
日時:2009/10/18(日)~22(木)
場所:女神山ライフセンター 長野県 別所温泉

定員:10名 (先着順、最低催行人数8名) 9月中にお申込みください。
研修費:70,000円
宿泊費:9,450円×4泊


お申込は

お申込ワークショップ名
お名前
PCメールアドレス
携帯メールアドレス
連絡先電話番号(連絡のつく)
備考
をお書きの上
wslander@gmail.com
までメールしてください



ファシリテーター 橋本久仁彦さん プロフィール

1958年生まれ。大阪市出身。
高校教師時代はカール・ロジャーズのパーソン・センタード・アプローチに基づく「教えない授業」を実践。その後アメリカやインドを遊学し、
人間同士の情緒的なつながりや一体感を最大限に生かす組織作りと、
エネルギーの枯渇しない自発的で創造的なコミュニティに関心を持ち続けている。
平成2年より龍谷大学学生相談室カウンセラー、
平成8年より龍谷大学カウンセリング課程の講師を兼職。
この間非構成的エンカウンターグループを何度も定期的に行う。
平成9年にオーストラリアでの国際プレイバックシアター・カンファレンスに出席し、人間の自己実現と場の一体感をもたらすプレイバックシアターの大きな可能性を知る。


平成13年12月で龍谷大学を退職し、
現在はプレイバックシアタープロデュースを立ち上げてその研究と普及に力を注いでいる。
スクール・オブ・プレイバックシアター日本校講師。 カンボジアとの交流も行っている。
カール・ロジャーズの流れを本気で受け継いでいる数少ないファシリテーター。
また仏教にも精通している。


--
【川北流玄】
415@ryugen.jp

主催
◎ワークショップ・ランド
http://www.workshopland.com/
◎イキタココチ(個人ブログ)
http://www.ryugen.jp

自分流リラックスダンスとプレイバックシアターご案内

みなさま。

来週16日水曜日は「自分流リラックスダンスとプレイバックシアター」の日です。
以下に freespace 主宰の松岡弘子氏のご案内の言葉を掲げます。

「いまご縁ある人と人の間(ま)で、互いを、ふれあわせてみたい」が印象に残りました。

これって「人と人の間」っていう「舞台」で踊るコンタクトダンスですよね!

                         はしもとくにひこ



以下ご案内~

今夜は、夜風が涼しくなりました。
夜空には、存在感のある月、そろそろ長月の薫りですね。


自分流リラックスダンスとプレイバックシアターのご案内です。

自分自身の内側の景色も多彩に動くと、
その景色を映し出すかの様に、様々な出会いや場が生まれます。

1枚の地図なら、私の人生は、ちっぽけで、マイナー(笑)です。
が、多様な「場」で「舞台」を生きていると、みれるなら、
人生って、不思議でかけがえがないと感じられます。


さて 9月は、秋祭り:ザ・フェンスショー で、
パフォーマンスも楽しんでみたいとおもいます。

連続した階段と階段の間にある、平らな場=「踊り場」。
向きを変え動線を変えながらも、しっかりと、連続してゆくための「場」。
階段を上がる人をはたから見てると、ここで踊っているかのようにも見えます。


 そういえば・・・・人生の節目にも、「踊り場」は、姿を現したり、します。


この、ちいさな「踊り場」を、
フェアグランド・プロジェクトと名づけ、
景色の変化を楽しみたいとおもいます。

劇団と呼ぶには、ゆるやかで、やわらかいプロジェクトですが・・
いまご縁ある人と人の間(ま)で、互いを、ふれあわせてみたい


クラスで、リラックスダンスとプレイバックシアターにふれたい方も、
パフォーマンスという、ちいさな「踊り場」に、参加してみたい方も、

   
 場をご一緒できますご縁を、心よりお待ちしています。
     
              freespace 松岡弘子


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
:*.☆。 自分流リラックスダンス と プレイバックシアターの基礎 。☆.*:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


●夜のクラス 9月16日(水) 30日(水) 19:00~21:15 
         参加費4,000円 フェンススタジオにて

 
 申 込 : メール ptproduce@bca.bai.ne.jp
       電話 090-6066-7782 (橋本久仁彦さん)
 主 催 : プレイバックシアタープロデュース 橋本久仁彦さん
        http://ptproduce.com/


●昼のクラス  9月16日(水)  10:00~13:00  
          参加費 5,000円  高槻現代劇場にて
 
 講 師 : 橋本久仁彦さん プレイバックシアタープロデュース代表
 申 込 : メール encounter.freespace@gmail.com 電話 080-3786-3037 (松岡弘子)
 主 催 : ふりーすぺーす 松岡弘子 http://basic-encountergroup.blog.drecom.jp/  


* 10月以降の日程 http://basic-encountergroup.blog.drecom.jp/archive/15 をご覧下さい。


========================================================


【 シアター・ザ・フェンス企画  秋祭り ザ・フェンスショー! 4日目 】

  シアター・ザ・フェンスみなさんの、おもしろ盛りだくさんの5日間の4日目、
  9月22日(火)‘プレイバックシアターの一日’に、初パフォーマンスです。  
  楽しみでもあり&ドッキドキでもあります。(*^-^*)


========================================================

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。